人気ブログランキング |

2019年7月14日 (日)

湯檜曽川沿いハイキングと谷川岳(天狗の泊り場)

みかどさんから白毛門岳連れて行っていただこうとお願いして約束の日が天気と都合で何度かキャンセル。
この日もやっと行けるというのに、、またもや雨で。。
それでも、一縷の望みを持って湯檜曽公園を過ぎた見晴らしの良い駐車場で待ち合わせをしました。
4時出発、6時半着でちょうど真ん中、同じくらいの距離らしいです。


到着したものの、やはり雨の止む気配はなく、このままどうすることもできないかと車の中で待機していました。
晴れていれば真向いのあのV字に切れた向こうにオキトマの耳が谷川岳の岩稜が迫力せまって見える所です。






a0309917_23195314.jpg




雨は止まず、山は雲の中ですが
川霧が上がってきていい雰囲気です。
山には登っても何もみえないけれど、川沿い歩きをしてみましょうとみかどさん。
名案です♪
白毛門はまた今度!

a0309917_23212666.jpg



土合橋を渡って駐車場。
橋から轟音をたてて水が流れ落ちる滝壺?がみえます。

a0309917_23215623.jpg





西黒沢橋
a0309917_23221691.jpg



川の水が橋の上まで被っていて、ちょうど靴がすっぽり潜るくらい。
第一関門です(笑)
わずかの高みに足を運びます~
a0309917_23224648.jpg




山アジサイが微妙な色違いでそこここに咲いています。
雨だからこその美しさかな

a0309917_23230852.jpg




マタタビの葉は春にこんな風に白く変色?していてわかりやすいですが
夏を過ぎると緑色になっていて、木を見てもわからないです。
春には特徴があって大きな木をよく見かけます。
a0309917_23232789.jpg



そして、マタタビの花。
花が終わると猫ちゃんが好きな実になるのですね。
a0309917_23235951.jpg




湯檜曽川の水量が増していてちょっと怖いくらいですが綺麗な水しぶき。
霧の向こうに霞む森の緑がきれいです。

a0309917_23243237.jpg



a0309917_23245432.jpg



みかどさん、気を付けてね!
滑らない?

a0309917_23254616.jpg




じゃあ、私も!
気持ちいい~涼しい~
a0309917_23270158.jpg







a0309917_00005195.jpg




松ノ木沢

a0309917_23273676.jpg





しばらく歩いてやっと登山道入り口。
ここから一ノ倉沢まで歩きます。
a0309917_23280693.jpg





a0309917_23283360.jpg





樹木も草木も瑞々しい
a0309917_23290654.jpg




a0309917_23300325.jpg





a0309917_23305620.jpg






a0309917_23314542.jpg





クガイソウ

a0309917_23403700.jpg





薄ピンクも綺麗なアジサイ
a0309917_23411189.jpg





一ノ倉沢
ここを渡って一ノ倉岳登山口まで行くと大岸壁の直下に行くらしいのですが
今日は水が増水していて渡れないので、
ここまで。
a0309917_23375234.jpg




ゼニイレ沢

a0309917_23390748.jpg




石に腰かけて足ぶらぶら
a0309917_23425155.jpg





こっち方面、一の倉が見える方向
真っ白(TT)
少し早いし、まだそんなに動いてなくてお腹減っていないけど、
あとどこでお弁当食べる?戻って車の中じゃね~
雨も上がったことだしということで、
石の上で昼食。


a0309917_23382268.jpg





西黒沢橋の所まで戻ってくると
行くときには気が付かなかった滝発見♪
みかどさんが、マイナスイオンに引き込まれて気が付いたって!
人は時にこうして異次元に飲み込まれるのか(笑)

a0309917_23441318.jpg





地図をみても名前さえ書いてない滝だけれど
岩と木々に囲まれた洞窟みたいな奥に真っ白な飛沫を散らして圧巻でした!
駐車場から近いし、山登らない家族をここだけピクニックに連れてきても喜んでくれそうだな~
a0309917_23480146.jpg





a0309917_23493391.jpg



a0309917_23503842.jpg





雨も霧雨程度になって時間も余ったし、
ロープウェイで天神平から谷川岳、最終の時間に間に合うところまで登ってみましょうかということになり
ロープウェイに乗ったけど、窓の外が真っ白でなにも見えない。
正直、怖かったです。声に出しては言いませんでしたが(^^;;

a0309917_23510780.jpg



ここはどこ??

a0309917_23514155.jpg



滴を纏ったカラマツソウ
a0309917_23521545.jpg



タニウツギ
a0309917_23524048.jpg


トリアシショウマ
a0309917_23531503.jpg




ギボウシ
a0309917_23540927.jpg




ギンリョウソウ
a0309917_23552175.jpg




イワシモツケ
a0309917_23554804.jpg



イブキジャコウソウ
a0309917_23534001.jpg




雨が止んだ!♪
雨具を脱いで身軽になった♪
a0309917_23570214.jpg





a0309917_23580135.jpg





a0309917_23583605.jpg




天神平から登って予定の2時間、
ちょうど天狗の泊り場に着きました。

a0309917_00074205.jpg




霧の向こうでみかどさん。天狗様の気分はどうですか~(^^)/
a0309917_00081473.jpg


少し休憩して最終のロープウェイに間に合うようにと下山しました。

帰りは早かったので余裕で間に合いましたが、途中で「今日の最終運行は16時半です」とアナウンスが聞こえます。
登るときには、そんなことは聞いていなかったのに後に来る人いないのかな?
とても気になることでした。




雨でもこんなに楽しい山歩きができたこと、
本当に感謝します。
ありがとうございました(^^)/
a0309917_23394240.jpg





# by a-echi8725 | 2019-07-17 23:49 | 谷川連峰 | Comments(2)

うちょうらん開花

2019/7/15

ウチョウラン咲いています♪
日々、事務の仕事を二人分こなし、家事を滞りなくやりたい。
朝のウォーキングは絶対休めない。
庭の草は毎日茂っていくばかりでほっておけない。
なにより、5月に生まれた長女のベィビーを中心に家事を回しているという毎日です。

咲いていた庭の花を写真に収めることも難しい日々でしたが、

ウチョウラン♪
アワチドリさんたち、今年も可愛く咲いてくれました♪


a0309917_15254280.jpg




a0309917_15260543.jpg








a0309917_15262410.jpg







a0309917_15264348.jpg




a0309917_15265742.jpg




a0309917_15272621.jpg




a0309917_15274349.jpg



a0309917_15280532.jpg





a0309917_15282563.jpg



a0309917_15284847.jpg





a0309917_15291095.jpg




a0309917_15293197.jpg



a0309917_15295328.jpg





a0309917_15301547.jpg



a0309917_15304243.jpg





a0309917_15310083.jpg





a0309917_15312224.jpg





a0309917_15314273.jpg





a0309917_15320174.jpg






a0309917_15321977.jpg




a0309917_15330114.jpg




a0309917_15332480.jpg




a0309917_15334698.jpg




a0309917_15341342.jpg






a0309917_15343840.jpg





外庭で冬を越して咲いたチドリちゃん
a0309917_15215079.jpg





ついでのアガパンサス

a0309917_15221957.jpg


a0309917_15223973.jpg


ネジバナ

a0309917_15225955.jpg


a0309917_15231458.jpg


a0309917_15233221.jpg




# by a-echi8725 | 2019-07-15 15:35 | *********庭の花******** | Comments(2)

浅草岳

2019年6月29日(土曜日) 曇り後雨
浅草岳 1585m~前岳~鬼が面山~南岳


田子倉無料駐車場登山口(8:43)・大久保沢の水場(9:31)・・田子倉眺め(10:10)・・鬼が面眺め(10:53)・・浅草岳(13:07)
・・・前岳・・・ムジナ沢のカッチ・・・鬼が面山・・・南岳・・・マイクロ中継局・・・六十里登山口(19:00)
(全行程10時間15分)

(またも、ジオクラフィカのセットを忘れてログも集計もとれませんでしたTT)


田子倉登山口
以前は鉄道が通ったところ今は不通になっています。
まだ線路が残っているので跨いで登山口に入ります。
a0309917_23200835.jpg

広い駐車場。
写真左切れてしまってすみません、建物は無料休憩所。
とてもきれいに掃除も行き届いています。

a0309917_23203404.jpg





a0309917_23205896.jpg




a0309917_23212034.jpg



a0309917_23213996.jpg




只見沢に沿ってブナの森を緩やかに歩き始める。

a0309917_23220287.jpg



a0309917_23222519.jpg




a0309917_23224444.jpg


 <最後の水場・大久保>
この先には水場はなく、急登が待っているので水を補給して小休止したい。
とは言っても沢の水を汲むだけで水筒に入れにくいです、
リュックで運んだ水を保留して、ここで沢の水を飲むという使いかたかな?

a0309917_15033171.jpg

田子倉眺め

a0309917_23235032.jpg



<剣ヶ峰>
只見沢を挟んで鬼ヶ面山の深く切れ込んだ大岩壁を見ることができる・・・
はずだったけれど、深いガスのために何も見えなくて残念
a0309917_23242029.jpg



<鬼ヶ面山眺め>
鬼ヶ面山の大迫力の岩壁を十分堪能できるところ
a0309917_23244850.jpg

<鬼ヶ面山>
鬼ヶ面山と南岳に連なる稜線と岩壁が見もの
少しガスが薄れて見えた↓鬼が面
a0309917_14184455.jpg


歩き続けて少しの雲の切れ間に浅草岳から進む方向、
前岳~鬼が面山~南岳~六十里越え下山口までにあのいくつかの岩稜を
登ったり、下ったり、するという景色
a0309917_23253128.jpg





a0309917_23255566.jpg





a0309917_23262629.jpg





a0309917_23264662.jpg




a0309917_23271345.jpg




a0309917_23274324.jpg






a0309917_23283306.jpg




登りながらやはり目が釘付けになるような景色は
まるでアルプスのようですね
左に鬼ヶ面山を見ながら細い尾根を登ります。
危険な箇所もあるので足元には注意。
a0309917_23301461.jpg




頂上近くなるとやっと見え始めたヒメサユリ
a0309917_23304638.jpg





a0309917_23310638.jpg




a0309917_23313612.jpg







緊張の中、急斜面を登りきると一等三角点のある山頂に到着。
三角点のある岩峰の山頂は狭いが周囲は草原状になっていて、座って休むことができます。


「田子倉湖、会津朝日岳、会津駒ケ岳、そして新潟の山々の展望を楽しめる」
はずだった。。。けれど今回は深い霧の中(T.T)

a0309917_23321887.jpg



大分コースタイムが遅れてしまっていたので
お昼休憩も急ぎます。
特に今回私は体調不良でまたも足が攣る、途中で休むことになり
ツアーのみなさんにはご迷惑をかけてしまいました。
隊列の一番最後を歩いていたのでリュックを下して水分補給していると
お弁当は2口ほどしか食べられません。
すぐに出発です。
浅草岳の名前の由来は浅い草が生える山ということ、
いくつかの池塘などもありました。
天気良かったらどんなに見晴の良い景色が広がっていたことか!!
a0309917_23325380.jpg





木道の脇にもヒメサユリの群生が見え始めました。
a0309917_23333830.jpg





a0309917_23341101.jpg



雪渓を歩いたのはここだけでしたがかなり緊張しました
a0309917_23345596.jpg



シラネアオイ
a0309917_23352615.jpg





イワカガミ
a0309917_23355430.jpg



ムジナ沢のカッチ
a0309917_23362106.jpg








a0309917_23364946.jpg



これからいよいよ岩稜尾根歩きというところから雨が強くなってきて
雨具着用、

a0309917_23372279.jpg



ヒメサユリの群生も鬼が面~南岳が一番咲いていて
その都度写真撮りたい!止まって写真撮りたい!
そう思っても一番最後に遅れてついている私がもたもたするわけにいかず、
雨の中カメラを出すことも難しかったので
写真はこれでおしまいですm(__)m
a0309917_23380255.jpg




下山道は泥濘の中滑る滑るの恐怖、
雨が集まって流れる道が川のようになって靴はすっぽり水の中。
いくつものピークを登って降りてまた登って、、、降りて、、
正直長かったです。
雨でなかったら、楽しみかたが全く違っていたのにと無念が残る長い一日でした。




















# by a-echi8725 | 2019-07-15 15:08 | 浅草岳 | Comments(2)

2019年6月8日(日)晴れ

菩提寺山(248.1m)~高立山(275.8m)

里山ビジターセンター駐車場10:10・・・菩提寺山、山頂11:11・・・仏路峠11:20・・・
高立山登山口11:49・・・高立山、山頂12:13(昼食休憩)・・・下山・・・
菩提寺山13:47・・・一夜堀分岐14:00・・・へそ清水14:05・・・
新潟県森林浴百選㉔道標 分岐14:17・・・白玉の滝14:31・・・堀出神社14:59・・・ビジターセンター15:07

全行程4時間57分  距離10.1Km



出産した長女と孫のもとに毎日通ってはドタバタと忙しくしている毎日の中で、
雨のあがった日曜日、朝の仕事が終わったあとに近くの里山で、
菩提寺山なら往復で2時間だものね~と遊びにいくことにきまりました。
いつもの山友さんも色々に事情があり少し山登りがお休みだったので
足慣らしのつもりもあったのですが
歩いているうちに楽しくて、気持ちよくて、
結局高立山まで足を延ばしせっかくだから白玉の滝も見て行きましょうと、
あちこち寄りながらフルコースぐるっと一周してしまいました♪
子供が小さいときに遊びにきたことあるわ~
おばあちゃん連れてきたことあるわ~懐かしいわ~
でも、道が綺麗に整備されて変わったわね、などなど、、思い出話にも花が咲き
やっぱりいつもの友達と一緒は本当に楽しかったです。
くりちゃん~今回も楽しかったです。いつもありがとう~♪



ビジターセンターから貰った里山歩きマップを持ってあるきました。
黄色の線が軌跡です。
a0309917_14333984.jpg



菩提寺山登山口は途中まで石油文化遺産周遊コースと一緒なので

a0309917_14352638.jpg


a0309917_14355393.jpg




所々で石油採掘施設があって、説明の看板もあったりします。
a0309917_14361439.jpg



a0309917_14364672.jpg


a0309917_14371366.jpg




中腹までくると森が開け気持ちのよい風が吹き抜けるようになり
眺めのよいところにベンチが設置してあります。


a0309917_14374152.jpg

「風致林へのいざない」
このベンチを設置してくださったのは
「NPOにいがた森林の仲間の会」と書いてありました。
ありがとうございます。



a0309917_14380352.jpg




a0309917_14383246.jpg







わずか5~6年前だったかと思うのですが、
以前登ったときより断然道が整備してあって、
新潟市及び秋葉区?が石油の里と憩いの里山として
菩提寺山を扱っていることがわかりますね。

a0309917_14394169.jpg




菩提寺山山頂
たくさんの人が休んでいましたが眺めもよくて広い山頂なので
爽やかな気分です
a0309917_14420885.jpg


この足元に長いベンチがあって、遠足にきた学童さんたちの撮影スポットかなと思いますが(^^;;
a0309917_14424196.jpg


山頂で少し休憩して気持ちいいから、もう少し歩きましょうか。。。
高立山まで、もう1時間。
2時間で帰ろうと予定していたのに、久しぶりの楽しい山歩き、2倍になっちゃうね(笑)
一度下りてすぐ仏路峠分岐

a0309917_14431688.jpg


杉木立のなだらかな坂道、木漏れ日も綺麗で
この峠道は昔、五泉から山越えするとき大勢の人が荷物を背負って越えた峠なのね、、
小さな箱根街道のような日光街道のような熊野古道のような、、、とか
妄想歩きが続きます(笑)
a0309917_14434439.jpg




a0309917_14441646.jpg


a0309917_14444692.jpg





a0309917_14494532.jpg



仏路峠もここで終わり、北に五泉方面、南に田上方面の分岐です

a0309917_14453030.jpg


a0309917_14460010.jpg



そして、いよいよ高立山の登山口
ここにくるまで、護摩堂山から縦走の人やランの人に何人かスライドしました。
護摩堂山は田上駅から、菩提寺山は矢代田駅から便利に縦走できますね。

a0309917_14463934.jpg



高立山、山頂
a0309917_14473459.jpg



天気がよくて見晴がよかったので、刻まれた山の名前が確認できました
a0309917_14475585.jpg



鳴沢峯~菅名岳~
a0309917_14483012.jpg





白山方面~
a0309917_14490044.jpg




山頂でゆっくり昼食休憩しておしゃべりして下山。
再び菩提寺山へ、そして来たみちを下るつもりだったところを、、、
以前来たときに行けなかった白玉の滝のほうに降りてみましょうと!
いいですね~行き当たりばったりで!(笑)
あの案内板の右方向から降りていきます。


a0309917_14503186.jpg




まあ!その階段の長いこととは!
綺麗に整備されて歩きやすかったけれど、まあ~長い階段で標高ぐっと下がったと思います。
a0309917_14512193.jpg


a0309917_14522154.jpg




一夜堀分岐
a0309917_14532565.jpg





a0309917_14541558.jpg



ここで一応登山道は終わり、林道へ

a0309917_14545161.jpg




林道から左にそれて駐車場に降りて、そこからすぐに滝が見えますが、
それは白玉の滝への序章にすぎません、、

a0309917_14584245.jpg



ここまで来て、昔子供たちが小さいときに連れてきて見た滝がこれだったと思いました。

a0309917_14555491.jpg




ところが、まだ先に道が続いているではありませんか!

a0309917_14563055.jpg



そして見えてきたのが、
一本の白い飛沫。
その大きな岩に寄り添うようにある祠が
「佐久那殿神社」というところなのでしょうか、
白玉の滝というと、お正月明けの滝行がテレビで放映されて名前だけは?
知れていると思うのですが、ここにあったこの滝だったのだと初めて知りました(^^;;

a0309917_14565290.jpg




a0309917_14573678.jpg




a0309917_14580268.jpg






堀出神社
修繕中でしょうか?なにかイベントのあとでしょうか?
昔このお社の正面で撮った子供の写真があるので懐かしくて同じところを撮ってみましたけど、、(^^;;

a0309917_15020727.jpg




a0309917_15010383.jpg



堀出神社の鳥居を抜けて今日も楽しく安全登山ありがとうございましたと一礼。

a0309917_15012814.jpg





ビジターセンターの駐車場までにまた石油の採掘施設の遺跡を通り抜けておしまいです。

a0309917_14340822.jpg



a0309917_14344823.jpg




a0309917_15044252.jpg

以下 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) 抜粋

石油の里公園

油井のある一帯は昭和60年代から「石油の里公園」として整備されており[5]、1988年(昭和63年)には「石油の世界館」がオープンした[7]。また、石油王として隆盛を極めた中野家の屋敷も整備され「中野邸記念館」となった。

一帯には展示用も含め数基の石油が現存するほか、ポンピングパワーなど石油産業に関連する施設が多く残っている[5]。また、周辺の地層からはオイルサンドを見いだすことができる。

菩提寺山をはじめとした新津丘陵の散策路の玄関口のひとつとなっており、「里山ビジターセンター」が園内に設置されている。


# by a-echi8725 | 2019-06-16 22:09 | 菩提寺山~高立山 | Comments(2)

二王子岳で初体験





2019年5月26日(日) 快晴  二王子岳 (1420.3m)


二王子神社登山口 出発7:10・・・1合目7:29…3合目8:14・・・4合目8:39・・・
5合目9:01・・・6合目・・・9:46・・・あぶらこぼし10:12・・・9合目11:13・・・山頂11:18-昼食
ー下山12:00・・・3合目水場13:32・・・二王子神社14:26

7時間16分(休憩含)距離計測失敗

5月26日の山行を2週間も遡って書いていますm(_)m
今年こそは、山開きの日にぜひ登ってみたいと思っていました。
それというのは、初めて登る山に一人で登るのが自信がないのです(^^;;
山開きの日ならば、大勢の人が前後にいて安心かな~と(笑)
普通は混雑するのがいやだから静かな日がいいな~とかおもうのでしょうが。。。
しかも、登山口もわからなかったので事前運転で下調べはしておきましたが
道中、二王子温泉を過ぎ南俣集落から山の中の道が細くて長くて心細いことといったら!!

事前調査のおかげで6時半着、かなりの台数が止めてありましたが、まだスムーズに駐車できました。
7時から山開きと聞いていたので何が始まるかとまっていましたが、
お社の中で神主様と関係者で神事が行われていましたが、
参拝者には何事もなくつつがなく終了した模様でした。
聞くと10年位前?には記念品や汁の振舞いなどもあったりしたそうですが
現在ではなくなったということでした。
待っていた人多数も7時を過ぎて登り始めます。
a0309917_06290238.jpg

a0309917_06282706.jpg


清流、伏流水の流れる音を聞きながら

a0309917_06293238.jpg



a0309917_06294791.jpg

杉林は1合目のあたり

a0309917_06300371.jpg



ヤマウツギのピンク色は日本海側に多くみられる品種なのだそうです。
a0309917_06301566.jpg

アマドコロか?ナルコユリか?

a0309917_06303318.jpg


テンナンショウ?の仲間?まだ小さくてよくわかりません(^^;;

a0309917_06305670.jpg


サンカヨウ
一王子避難小屋を過ぎた辺りから明るくなり、山桜がまだ咲いていたり藪椿が最盛期とばかりに明るく咲いていましたが
足元のサンカヨウがとにかく綺麗でそちらばかり気になっていました(^^;;


a0309917_06312575.jpg



a0309917_16144196.jpg



a0309917_16145778.jpg





a0309917_06314341.jpg


雪がたくさん積もるので木の根もこんなふうになりますね。
よそ見すると危険です~

a0309917_06320540.jpg









a0309917_06333934.jpg




a0309917_06341021.jpg




a0309917_06343727.jpg




5合目は一つのピークで定高山の山頂でもあり三角点もあります。


a0309917_16154560.jpg




5号目、定高山を過ぎるとまだ雪が残っています。

a0309917_06345511.jpg





そして、やっと山の中らしい花が咲いているのが見え始めました。
ショウジョウバカマ

a0309917_16160290.jpg




オーレン
a0309917_16152072.jpg





a0309917_06352558.jpg


まだまだたっぷりの残雪

a0309917_06355683.jpg




キクザキイチゲ
a0309917_06361810.jpg





a0309917_06364171.jpg




a0309917_06370896.jpg




6合目あたりにはミツバツツジ?


a0309917_06373413.jpg


イワウチワ可愛い花ですね

a0309917_06374728.jpg


カタクリもまだ新鮮~

a0309917_06382185.jpg




a0309917_06383989.jpg



ザクザクの雪を踏みしめて歩きます。
でもアイゼンなくても大丈夫!

a0309917_06385697.jpg



ここが難所の油こぼしというところらしいですが、
写真ではよく伝わらなくて申し訳ないです。

a0309917_06391118.jpg



たっぷりの雪原。
見晴らしがよくてテンション上がります♪
そして頂上が見えた!

a0309917_06393393.jpg



オレンジの丸い屋根の避難小屋と奥ノ院の鉄の塔も見えます
もう少し!

a0309917_16324748.jpg

a0309917_06395813.jpg



奥之院に出る手前の道。

a0309917_06401347.jpg



奥ノ院=9合目

a0309917_16251006.jpg




頂上手前の雪原。
ここでお弁当たべて休憩している人たち。
素晴らしい眺め~


a0309917_06412205.jpg




a0309917_06414478.jpg




頂上付近、そこだけぽっかり雪が融けてて、道の両サイド
ミツバオーレンロードになってました♪
a0309917_06420941.jpg




山頂、登頂です!!
すでに大勢の人で賑わって、それぞれの場所でそれぞれの景色を楽しんでいました。

a0309917_06424284.jpg


私もさっそく荷物を下し、ほっと一息。
素晴らしい眺望に感激しまくり♪
お天気も最高で
山の神様ありがとうございます♪

まだ残雪の残る雄々しくも美しい飯豊山を見渡して、たくさん深呼吸して、
見知らぬ人から写真撮ってもらいました~(笑)

a0309917_06430210.jpg



ゆっくり休憩してお弁当たべて、またぐる~り1周見渡してさあ下山しましょう。

a0309917_06431837.jpg




a0309917_06433318.jpg



下山途中です。
下界を見下ろして歩くので登るときとはまた違った印象でもありますよね。
雪の道、涼しい~気持ちいい~
写真では勾配があまり伝わりませんが結構な急勾配なので注意が必要です。
右の雪渓に落ちるとどこまで滑り落ちるのか!
レスキュー出動間違いなし。
そしてこの後も急登の雪道を下るのは疲れた足にはふんばりが利かなくて
何度も滑っては尻もちを。お尻も靴の中も冷たい(笑)

a0309917_06440108.jpg




登りでも沢山咲いていたサンカヨウ、
3号目避難小屋から少し下ったところにある水場近く
すごい!!
サンカヨウがずっと列になって咲いています!!
旬の清さが際立って美しいことは!!

a0309917_06442046.jpg




a0309917_06443668.jpg


そして、きれいな水の流れるところには水芭蕉が。
この水芭蕉も咲き始めたばかりの初々しい白で
あ~
すがすがしいご褒美をたくさんありがとう♪


a0309917_06445012.jpg




a0309917_06450841.jpg


二王子神社に帰ってくると朝の賑やかさはなくなって静かな境内に
水の流れや鳥のさえずりが響いていました。


a0309917_06453108.jpg



タイトルの初体験って意味深なこと書いていますが、、(笑)
初めて、足が攣るという経験をしました。
5月というのに、下界では32度、北海道で39度あったと報道されたあの日です。
もちろん自分なりに水分補給も塩分ミネラルこまめにとっていた自覚はありましたが、
かなり急登の雪渓を歩くのが慣れていなくて?足に負担かかっていたかもしれない?
油こぼしの手前あたりでギューと筋肉が縮む感覚、、痛いんですね!
落ち着いて、また少し歩くとギューと固くなる!
痛くて歩けない、どうしよう、、
これ以上登れるか?引き返すにも動けない、、
困っていたら、通りすぎようとしていた同じくらいの年代のご婦人2人連れが
「どうしました?」「攣ったときの薬ありますよ」
と、いつも持ち歩くのといった薬を分けてくれました。
助かりました!!
ほらね、やっぱりね、だれもいない山じゃなくて良かった!!
今度は私も持ち歩くことにしました(^^;;













# by a-echi8725 | 2019-06-08 06:00 | 二王子岳 | Comments(6)