京都~紅葉の寺庭

2017年11月22日~23日

京都紅葉バスツアー

今回のバスツアーは古都の紅葉を愛でる観光バスツアーです。

まず最初に行ったのはまだ早朝、朝日が昇ったばかりの時間でした。
京都の守護神と“婦道”の守護神を祀る「下鴨神社」。
縁結びや子宝など婦道の御利益も頂けます。
とても静かで豊かな自然の森、木々のパワーが満ちている感じがしました。
深い森に抱かれた社は、古代からの世界遺産です。


紅葉にはもう少し早かったようですが、
大木を見上げながら歩き進むと初々しく色着いたモミジの紅葉などが綺麗でした。

a0309917_19550782.jpg

a0309917_19552357.jpg
a0309917_19553538.jpg
a0309917_19555132.jpg
早朝の森の中で体操をしている人や
写真の方達は太極拳をしているようでした。
いいな~こんなところで毎日散歩したり体操したり、、
a0309917_19554391.jpg
散歩のあとで
おばんざいの朝食

a0309917_21041380.jpg

a0309917_20592615.jpg




つぎに訪ねたのは龍安寺
室町時代に創建された龍安寺は、石庭、枯山水の方丈庭園で有名です。
庫裡の入口に続く階段は素晴らしく色ついたモミジのトンネルの下でした。
a0309917_19562707.jpg
雨上がりの庭園めぐりは綺麗です
a0309917_19580469.jpg

15個の石を点々と並べられた石庭は
座敷のどこから見ても15個全ての石をみることはできないのです、、
でも廊下のある場所、そこからは15個の石をすべてみることができます。
a0309917_19581933.jpg
そしてこの「つくばい」の中心を口という字に見立てると
吾、唯、足、知(ワレタダタルヲシル)と読まれ
石庭とともに禅の格言を謎ときに図案化されたものといえるようです。
a0309917_19583524.jpg
庫裡から出て庭を巡ります。

a0309917_19591722.jpg
広い庭には鏡容池(おしどり池ともよばれる)があり
a0309917_19595978.jpg
a0309917_20002100.jpg

a0309917_20011199.jpg

おしどりが多く訪れるこの池は、5月から7月にかけて、睡蓮の花が咲くころが最も美しいといわれます。
a0309917_20004850.jpg

一瞬、風が吹いて落ち葉舞散る風情
a0309917_20013078.jpg
睡蓮の花の時期もさぞかし素晴らしいでしょうね
南天の実も赤く輝いていました。
a0309917_20022380.jpg
a0309917_20030509.jpg




圓光寺

1601年、徳川家康が教学のために建立したのが圓光寺学校です。
その後二度三度の移転をして現在の洛北に転移したのが1667年です。
寺内には当時出版に使用された日本最古の木製活字五万個(重文)が展示してありました。

a0309917_20034249.jpg


奔龍庭
龍が奔り雲海が煌めくの意図
庭の堺を示す留石などを置かず未完のままにしてあるそうです。
眺める方がその余白を埋め、それぞれのお心の中で完成させていただきたいもの、、だそうです。

a0309917_14415974.jpg



牛を追う牧童の様子が描かれた「十牛図」を題材にして
池泉回遊式庭園です。

a0309917_20061527.jpg
a0309917_20064310.jpg

a0309917_21015638.jpg
十牛図に描かれた牛は、人間が笑まれながらに持っている仏心を表し
牧童が悟りに至るまでの道程であり
懸命に探し求めていた悟りは自らの中にあったという物語だそうです。


上の写真は一緒に行った友人がスマホで撮ってくれたものです。
廊下や座敷に座って静かに眺めてこその景色だとおもうのですが、
紅葉の一番素晴らしい時期にこのお天気、
大勢の見物人がいて、私のカメラではこの構図が撮れなかったので
友人からいただきました。

a0309917_20070195.jpg
a0309917_20073855.jpg
a0309917_20080379.jpg
洛北で最も古い池と言われる栖龍池
a0309917_20101628.jpg
a0309917_20152604.jpg
a0309917_20160203.jpg
a0309917_20162336.jpg
a0309917_20163769.jpg
a0309917_20165249.jpg



水琴窟
一滴、一滴が奏でる澄んだ音色は竹筒に耳を押し当てなくても
近くに寄るだけで聞こえてきました。
心地よい余韻が清涼です。
a0309917_14405867.jpg
紅葉と竹林の中には山手に延びる遊歩道が続き、
鐘堂を過ぎ、階段を上ると山上には徳川家康を祀った東照宮があり、
裏山からは京都市内の展望や上からの「十牛之庭」が一望できます。

a0309917_20171148.jpg





再びバスに乗り昼食へ。

湯葉料理のコース定食
前菜からデザートまでお皿を下げた後に熱々が運ばれ
とても美味しくいただきました。
a0309917_21004768.jpg

実相院
実相院は、特に床に反射した紅葉が映り込む「床もみじ」が有名ですが
撮影が禁止なのであまり撮影した個所がありませんが

a0309917_20172956.jpg

ガイドさんの説明ではこの塀に描かれた五本線は天皇家とゆかりが深く
とても由緒正しく格式が高いことを表しているのだそうです。
a0309917_20174125.jpg

ご本尊は不動明王
a0309917_20180283.jpg
a0309917_20182155.jpg
a0309917_20183259.jpg



今回は下鴨神社の御朱印は早朝だったためにいただくことができませんでしたが
右から順に龍安寺、圓光寺、実相院と三枚いただくことができました。
今度はいいつ行かれのでしょうか、、

a0309917_14055982.jpg




Commented by tooru at 2017-12-04 11:33 x
久しぶりです。私も25.26日で行ってきました。少し遅かったかなと思ってましたがとても綺麗でした。初日は、東福寺のそばの今熊野観音寺に行きそのそばで行われていたもみじ祭りに、これは、この辺の窯元達がやっているもので沢山の陶器を見て回りました。そして、永観堂、南禅寺を見て祇園白川沿いを歩きました。次の日は、二尊院、常寂光寺に行き嵐山から渡月橋へ行き帰りました。どこも凄い混雑でしたが楽しい旅でした。又、桜の頃行きたいと思ってます。
Commented by a-echi8725 at 2017-12-04 15:25
tooruさん」こんにちは。
今年の紅葉は例年より少し早目だったようで、特にもみじはことのほか綺麗に紅葉していましたね♪
窯元で行われるもみじ祭りっていいですね!
それ、今度の京都行きの際は都合を合わせたいと思いました!
tooruさんはお気に入りがみつかりましたか?
今年は桜の時期には吉野山に行ったのですが、
まだ早くて残念でした。
桜ももみじも一時期の期日限定なのでドンピシャで綺麗な時は嬉しいですよね。
Commented at 2017-12-05 22:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-12-05 22:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-echi8725 at 2017-12-06 14:11
Luppy-wankoさん、こんにちは~(^^)
それで可愛い子ちゃん達にはおリボンのお土産付きでしたか!?
毎日、小さい可愛い子ちゃんと一緒でたまりませんね(*^^*)
ニアミスといえば、、いよいよ「しまなみ海道」2月に決まりました。神様どうかお天気にしてください!
でも日程はおしえない~(笑)
アルコールは受付ないのだけど、咳止めのお薬飲んでも足元ふらふら指先に力が入らないってどいうこと?みたいな(^^;;
Commented by エミリー at 2017-12-09 15:26 x
紅葉が早いと言ってたけど、写真で見ると素敵なところばかりですね♪格子戸から見た紅葉、おしどりのバックの様子
など特に好きです
1日でもこんなに充実したコースを回って
紅葉もたくさん見れるのね♪
エミリーは来年7月京都の予定です
そうそう朝の体操は、太極拳だと思うんだけどな~
Commented by a-echi8725 at 2017-12-11 10:57
下鴨神社の紅葉は少し早かったけれど、洛北のお寺さんはちょうど見ごろで綺麗でしたよ♪
格子戸も古都のお寺の雰囲気が良いですよね~
でも、見ごろなだけに本当に大ぜいの人で!
やっぱり写真に静かなお寺の雰囲気は出せないものですね(笑)
広い下鴨神社の境内の中には散歩する人、体操する人も太極拳をする人もいて、地元ではこんなところで色々できていいな~と思いました(^^)
by a-echi8725 | 2017-12-03 15:09 | *********旅行********* | Comments(7)