七面山縦走と敬慎院宿坊泊とダイヤモンド富士

2018年3月17日(土)~3月18日(日)



「17日」6:05バス出発=<北陸道、上信越道、長野自動車道、中央自動車道、中部横断道>==瑞穂IC==羽衣駐車場12:15
羽衣登山口12:45 ・・・・表参道・・・神力坊(二丁目) ・・・肝心坊
・・・和光門 ・・・敬慎院分岐17:15 ・・・
富士山を望む ・・・隋身門・・・敬慎院本堂 (50丁目)

「18日」隋身門外からご来光ダイヤモンド富士・・敬慎院で朝食後出発7:30・・・・・・・
七面山頂上8:42・・・北参道・奥の印 、影嚮石 ・・・大トチノキ ・・・鳥居 13:58



羽衣登山口
a0309917_10511906.jpg


a0309917_23150800.jpg
山梨県西部、身延山地にある山で標高は1989m。
日蓮宗身延山久遠寺に属する「敬慎院」が9合目に建てられている。

表参道は登り坂がほぼ階段状で1丁目から50丁目まで石灯篭があり目安になっています。
登山口が標高約500mほど、敬慎院が約1700mなので標高差1200mほどを、ひたすらに登りつめていきます。
a0309917_23154157.jpg

神力坊(2丁目)
a0309917_23162209.jpg

肝心坊(13丁目)
a0309917_23170060.jpg


休む場所はたくさんあるので、休憩を取りながら進みます。


25丁目
やっと半分まできました。
a0309917_23174012.jpg
このあたりから富士山も目の高さに見えてくるようになり
疲れをいやしてくれます。

a0309917_23412055.jpg
ほんとうに長い登りだけの登山です。

a0309917_23183969.jpg
和光門
a0309917_23194935.jpg

鐘楼
一回だけ鐘をついてもいいのだそうですよ、、
でも誰もそこに寄り道しようとしない、、みんなに疲れがでています(笑)
でも、ここまでくればもうすぐそこに、、
a0309917_23202875.jpg

うわ~!!
素晴らしい富士山の姿に歓声!!
a0309917_23225078.jpg


a0309917_23221026.jpg

a0309917_23240207.jpg


しばらく雲海に浮かぶ富士山を眺めたり、写真を撮りあったり
この景色に魅了されて動くことができませんでしたが、
もう敬慎院でも到着を待っていてくださることでしょう。
振り返って

隋身門
a0309917_23244100.jpg

隋身門を潜って



敬慎院本堂
初めての下り坂(笑)を降りる。
a0309917_23251612.jpg

敬慎院本堂(50丁目)
1丁が約109mというので距離的には5450mほどなのでしょうか?
休憩も撮影タイムも入れて5時間半ほど、
気温は低かったけれど、天気がよかったのでたくさん汗をかきました。

a0309917_12543908.jpg

17日*実歩行時間:4時間15分 距離約6Km 累積標高1200m*







通された宿坊は
廊下の両側に和室が連なっています。
長い長いお部屋を襖で仕切ってあるのです。
a0309917_13343539.jpg

早速お風呂に入らせて頂きました。

もちろんシャンプーも石鹸もつかうことはできませんが
それでもこんな山頂で温かい湯につかれること、
汗を流せること感謝しかありません。

部屋にもどると食事の支度が届いていました。
配膳は自分達でします。
お神酒がついていました。
ちょっと驚き、、一口はいただきました(^^)

a0309917_23384520.jpg



食事が終わると、お勤めに参加します。
必ずお勤めに参加することが宿泊させていただく条件なのです。
お勤めの最中の写真撮影はできないので
本堂の中を少し。。
実物はもっと静粛な中にも威厳のある立派なお堂でした。
また、御祈祷も名前を呼んでくださり、あとでお札も有難く頂戴しました。


a0309917_23391130.jpg



もちろん御朱印帳もいただきました
七面大明神様は竜神様です
a0309917_21591471.jpg




さて、お勤めが終わって9時には消灯。
ここの名物が伊達巻布団?
敷き布団も掛け布団もなが~いい、長い!
一枚敷くと10人くらいは並んで眠れるみたいですよ~(笑)
しかし、、今晩の最低温度はマイナス6℃とあります。。
部屋にストーブがついてありがたいけれどやっぱり寒いです。
ホッカイロ両足のくるぶしあたりにペタペタ。
ズボンのポッケにポン♪腹巻(^^;;の腰ポケットにもポン♪
ほんと、神経痛が心配で寒いのがダメなので、下半身重装備しました。
a0309917_23393736.jpg






おはようございます。
ここは本坊さんは常駐されないそうで、修行僧が何名か、、
3年はお籠りだそうですが
みなさんとても柔和で優しくて、ユーモアもあって素敵な方ばかりでした。
色々お世話になりました。ありがとうございました!

a0309917_23274530.jpg

標高1700mあたりのちょうどこのあたりから上の世界が晴れているのですね。。
足元まで雲海が流れ
かろうじて富士山の頭だけがはっきり見えています。
いよいよ、、、ご来光の時間


a0309917_23403083.jpg

a0309917_23285137.jpg

a0309917_23300904.jpg

a0309917_11095087.jpg

a0309917_23305062.jpg

あと3日ほど違うと本当に富士山の頂上の真ん中から日が昇るのだそうです。
ちょっとズレてるけど、でもダイヤモンド富士でいいですよね♪



陽が登ってくると、本堂の屋根の合掌の真ん中を光が突き抜けます。
そしてこの光は伊吹山を突き抜け、出雲大社を走り、、その行先にはインドのお釈迦様にいたるそうです!
鳥肌がたつほどのパワースポットを目で確かめた思いです。

a0309917_11205787.jpg


a0309917_23263028.jpg


↓ 一の池
1277(建治3)年、日蓮宗開祖の日蓮が弟子たちに説法していたところに美女が現れた。
日蓮上人の高弟日郎が美女を追っていくと正体は七面大明神(龍)でこの池に入っていくのを見つけました。
そして七面山の池に龍が澄んでいることを発見しました。
そのため、この池自体が敬慎院のご神体となっています。
a0309917_11215868.jpg

氷は割れていましたが、40センチほどの厚さがありましたよ@@~





だいぶ陽も高くなり、空は真っ青
これから、七面山の頂上をめざしあとは北参道から下山します。

a0309917_23312324.jpg


a0309917_23321282.jpg

ナナイタガレ
“七面山大崩れ” は過去に発生した幾度かの地震や毎年の削剥を経て現在の地形に至ったものであり,
一度の地震をひきがねとした大規模崩壊ではない。
特に毎年の削剥量は冬季における凍結融解によるものが大半であり, 七面山における特異な地形, 地質と南向き斜面の微気候が崩壊の拡大に影響している。

「社団法人日本地すべり学会 引用」
a0309917_23324987.jpg


a0309917_23330887.jpg
敬慎院の宿泊のときもそうでしたが、外国の方が結構いらして、
もちろんお勤めもきちんと最後まで一緒だったし
登山の途中で、こんな景色にであうと
「unbelievable!!」
いろんなところで笑顔と感嘆符をもらいました。
感動を共有していることも、日本人としてもとても嬉しい気持ちになりました。

a0309917_23332699.jpg

山頂付近写真がないのですが残雪があり、凍っていたのでアイゼンを使いました。

頂上1,982m 
a0309917_12553313.jpg




三角点ポーズも忘れずに(^^;;
a0309917_19553685.jpg


a0309917_23364237.jpg
↑サルオガセ
着生しているわけではなく、空中から水分やらを取り入れてる生き物らしいです





a0309917_23370675.jpg

奥の院と「影嚮石(ようごうせき)」
↑このしめ縄の貼られた一枚岩から七面大明神が現れたといわれます。


↓トチノキ
日朗上人が手植えしたと伝えられる
a0309917_18270230.jpg
下り道も50丁まで印があり
随所に建物や日蓮上人の言葉などが掲示されていて、長い下りの励みになってくれましたが
距離10km、累計1,900mを超える下り坂、トレーニング不足だったのでかなりキツイ下りでした。




七面山登山口
到着♪
a0309917_12560638.jpg

18日*実歩行時間:約4時間半  距離:約10.5Km  累積標高1920m*









Commented by luppy_wanko at 2018-03-25 11:27
今年のお山のスタートがパワースポットで始まったんですね!
里山しか知らないワタシはダイヤモンド富士、雲の上と幻想的です。
(御来光・・・思わず、Eさん、も少し左、左に寄って!って言いそうでしたよ ^^;)

寒い中、お疲れ様でした。
神経痛持ちの私はまだまだおコタの中でヌクヌクしております ^^;
Commented by a-echi8725 at 2018-03-26 09:25
今年初登山がこんなにお天気良くて幸先のよいスタートになりました。御来光が富士山からインドまで!の軌跡を聞いたときは鳥肌でしたよ@@~
も少し左、左ってね、、、笑
春分の日なんだそうですよ。
Luppyさんも神経痛ですか?
しかたないですね~
お互い仲良く付き合いましょう~(^^;;
by a-echi8725 | 2018-03-21 20:23 | 七面山 | Comments(2)