八ヶ岳(硫黄岳、横岳、赤岳)縦走

2018年6月9日~10日
硫黄岳(2760m)~横岳(2829m)~赤岳(2889m)

蓼科カントリークラブ三井の森を過ぎて、
唐沢鉱泉、桜平分岐までバス、そこからは夏沢鉱泉の自家用車で迎えに来てもらい
桜平登山口から登る。

シラビソの森

a0309917_05574460.jpg




苔蒸す森を歩く

a0309917_05580903.jpg



a0309917_05590724.jpg






a0309917_05594286.jpg




a0309917_06001230.jpg




a0309917_06003118.jpg


マムシソウ(テンナンショウ)
a0309917_06004803.jpg


キバナノコマノツメ
a0309917_06011468.jpg




a0309917_16552937.jpg



タチツボスミレ

a0309917_06013283.jpg




オサバクサ

a0309917_06015026.jpg




コミヤマカタバミ

a0309917_06054378.jpg




30分ほどで夏沢鉱泉に到着。
まず昼食休憩

a0309917_17174794.jpg



北沢沿いを歩き続けます

a0309917_06024423.jpg



コヨウラクツツジ

a0309917_06030932.jpg



a0309917_06033257.jpg



オーレン小屋に到着、休憩。
昨年はここで宿泊して硫黄岳と天狗岳~北八ヶ岳を白駒の池まで18Km縦走しました。
オーレン小屋の夕食は桜鍋だったな~美味しかったな~と思いだします(^^;;



a0309917_06040601.jpg



a0309917_06062560.jpg



夏沢峠
広く長い八ヶ岳をここから南と北に分けて南八ヶ岳、北八ヶ岳と呼ぶそうです。

a0309917_06071304.jpg



a0309917_06074070.jpg



イワウメ

a0309917_06081413.jpg



a0309917_06083551.jpg



ウラシマツツジ(黄花) コメバツガザクラ(白花)
背の低い小さな花が岩にくっついて咲いています。

a0309917_06085886.jpg




ジグザクの急登ですが、見上げれば青い空と白い雲~♪

a0309917_06093922.jpg



爆裂噴火で大きく裂けた噴火口

a0309917_06100726.jpg



硫黄岳の頂上は真っ平で広くて360度の眺望も素晴らしいのです!
時間も順調に早く着いたので、みんなで思い思いに写真撮ったり、おやつ食べたり
ゆっくり休憩できました。
お天気いいし、最高~(^o^)


a0309917_18414933.jpg



a0309917_18464912.jpg








硫黄岳山頂から真向かいにド~~ン!と対峙しているのが、左横岳と右赤岳
明日はあのギザギザを越えて赤岳登頂のち、文三郎尾根から行者小屋、南沢コースから美濃戸登山口に下ります。

a0309917_06105828.jpg



硫黄岳山頂から見下ろす稜線の真ん中に小さく青い屋根、硫黄岳山荘が見えます。
今日は、そこまで行って宿泊です。

a0309917_06113523.jpg



コキンバイ

a0309917_06120200.jpg






硫黄岳山荘に宿泊


a0309917_06131765.jpg





a0309917_06134997.jpg





朝は5時朝食、準備体操をして5時50分に出発♪

天気予報では午前中は曇り、午後から雨が降りそう、、みたいですが、
行者小屋まで午前中に下りてしまえば、あとは雨でもぜんぜんオッケーな気分。
出だしは気分上々♪青空が綺麗です。
でも、風がすごい!!
もっとも、この稜線は一年中強風が吹いているところだそうですが。

a0309917_06141499.jpg





穂高連峰と槍ヶ岳

a0309917_06143734.jpg




御嶽山

a0309917_06150452.jpg



常念岳・・北岳・・

a0309917_06152671.jpg




富士山

a0309917_06154933.jpg




キバナシャクナゲ

a0309917_06161390.jpg





いよいよ横岳の主峰にアタックです。
カメラは仕舞ってください、危険ですとガイドさん。

a0309917_06164032.jpg





横岳登頂タッチ~♪

a0309917_19032099.jpg



[
「ここからはツクモグサをはじめ、高山植物がたくさん咲いています。
カメラを出してお花見しながら歩きましょう。」とガイドさん。
今回のツアーでは、カメラを持って写すことを寛容に見てくれて、
わざわざ時間を取ってくれたりもしました。
今まで、登山中にカメラ撮影は迷惑なこと、危険なこと、とツアーでは
歓迎されずいつも一番後ろを歩いてきましたが、
今回のガイドさんは、植物の説明などを加えながら
特にツクモグサの群生などは時間をゆっくり取ってくれました。
感謝ですm(__)m

クモマナズナ

a0309917_06171746.jpg



イワウメ

a0309917_06175036.jpg




ウラシマツツジ

a0309917_06181814.jpg



チシマアマナ

a0309917_06184086.jpg




ハクサンイチゲ(蕾)

a0309917_06190402.jpg




ハクサンイチゲ

a0309917_06195025.jpg

ウルップソウ(蕾)

a0309917_06202305.jpg




イワヒゲ

a0309917_06204461.jpg




ミネズオウ

a0309917_06210369.jpg




チシマアマナとオヤマノエンドウ

a0309917_06212399.jpg



チシマアマナ

a0309917_06214182.jpg






a0309917_06224350.jpg






キバナシャクナゲとハイマツ越しに赤岳山頂を見る

a0309917_06230775.jpg




ツクモグサ

a0309917_06233780.jpg

a0309917_06220296.jpg



a0309917_06242252.jpg


a0309917_06244972.jpg


a0309917_06251309.jpg

a0309917_06254508.jpg


a0309917_06261896.jpg


初めて見るツクモグサは写真で見たより、小さい花なんだな~という印象でした。
曇り空のせいか?完全に開花した状態で見る花は写真に収めることは出来なかったけれど
こんなに群生しているとは思ってもいなくて!
群生した花が風に揺れる風情も美しくて、もうう~大感激です!

a0309917_06263619.jpg




ミヤマキンポウゲ

a0309917_06265822.jpg





チョウノスケソウ

a0309917_06274143.jpg


チョウノスケソウは匍匐性の常緑小低木です。
北アルプスとか多くの山で見られるチングルマと似たような性質ですが、
八ヶ岳にはチングルマは生息していないそうです。

a0309917_06281468.jpg




ハクサンイチゲ

a0309917_06283480.jpg




オヤマノエンドウ

a0309917_06290479.jpg



ミヤマキンポウゲ

a0309917_06341760.jpg



地蔵の頭

a0309917_22012361.jpg



ここからは花も少なるし、岩登りになるので自身もカメラも危険なので
もうカメラはしまいましょうとガイドさん。
ほんとうに頼りになります。

急なクサリ場を登ったり下ったり、、
標高も高くなっているので息があがりました。








a0309917_06344491.jpg




↑↓
隊列の前にいて先を降りていたときの待ち時間にスマホでカシャ(^^;;


a0309917_19035378.jpg






a0309917_06350457.jpg




赤岳北峰
赤岳頂上山荘に到着。小休憩、有料でトイレを借りられます。

a0309917_06361357.jpg





a0309917_06365161.jpg


赤岳山頂~♪
私達のメンバー以外は誰もいない山頂!
凄くないですか?

a0309917_18505093.jpg



文三郎尾根から降ります。

a0309917_19215337.jpg



はい。ここからまたカメラはリュックに片付けましょう!

a0309917_19174067.jpg


ずっと急な下り。クサリと梯子と鉄網の階段の続き。
なるほどカメラなど持っている余裕はありません!
(実は2年前の7月にも、この文三郎尾根を行者小屋から赤岳山頂まで往復しています。
雨風の強い日で足元しか見えず、必死な思いで前の人の跡をついていくだけだったのに、、、
なんと、カメラ持ってお花を写していたのですね~
今、思うと怖い。。。^^;;)



a0309917_19422973.jpg



行者小屋まで下りてきて歩いた軌跡を見る。。
↓画像、一番左のとんがりが横岳の主峰、ギザギザを登ったり降りたりして、一番右が赤岳
つい、いましがたあそこを歩いていたと思うと、、感動です!

a0309917_06380580.jpg






昼食にカレーを食べてゆっくり休憩をしたあと、
行者小屋からは南沢コースで美濃戸口まで降りる


ミネザクラ

a0309917_06372135.jpg



a0309917_06383415.jpg




鹿の親子に会いました。小さい子は少し離れたところにいたのでツーショットは出来なかったけれど
警戒する様子もなくのんびりと歩いて行きました(^^)

a0309917_06385885.jpg




美しい苔の森
予報どおりにお昼休憩をしたあたりからポツポツと雨があたったり、、上がったり。
何度も雨具を脱いだり着たりもしたけれど、
やっぱり苔の森は少し霞んでいたくらいが素敵♪
尾根では晴れて青空の下、
森ではしっとりと苔が濡れて、
こんなに条件に恵まれると、今年のツキを全部使い果たしたかと心配になるほど(笑)

a0309917_06392053.jpg



コイワカガミ

a0309917_06394006.jpg




コイワカガミの群生 花の色も濃く葉の色も銅色が綺麗です

a0309917_06395864.jpg




イチヨウラン

a0309917_06402898.jpg



a0309917_06405470.jpg






ホテイラン

a0309917_06412866.jpg


a0309917_06415511.jpg


a0309917_06421545.jpg






思った以上にホテイランがたくさん咲いていて驚きました。
こんなふうに番号札が立っていたものも多く、手厚く保護されているのですね。
先日青森ではヒバの木の下に咲く「ヒバの森の妖精」と呼ばれるヒメホテイランに逢ってきましたが、
八ヶ岳ではシラビソの森ですね。
「シラビソの森の妖精」どうか乱獲されることなく増えていって欲しいと願います。

a0309917_06423580.jpg





モミジカラマツソウ

a0309917_06425941.jpg


南沢コースは急登ではないけれど
大小の石や木の根が多く滑りやすいので気を付けながら約2時間半ほども歩きます。
途中、ホテイランの撮影を許されてみんなで隊列を崩して
わらわらと散って写真を撮っていました(笑)


美濃戸山荘に着きました。
小休憩、ここが美濃戸登山口になります。
自家用車は近くまで乗り込んでこれるのですが、
ツアーバスは来ることができず、我々は麓の別荘地、バス停留所まで歩きます。(ちょうど一時間くらい)



a0309917_06432198.jpg





イカリソウ

a0309917_06434434.jpg




エンレイソウ
黒とか白の花はよく見てきましたが、ピンクの花は初めてでした。

a0309917_06440638.jpg




ベニバナイチヤクソウ

a0309917_06442495.jpg



ヤマツツジ

a0309917_06444376.jpg



ササバギンラン

a0309917_06461185.jpg









6/9日  桜平登山口11:26・・・夏沢鉱泉12:07(昼食休憩)・・・オーレン小屋・・・
夏沢峠14:07・・・硫黄岳15:21・・・硫黄岳山荘16:01(宿泊)
6/10日  硫黄岳山荘出発5:50・・・横岳主峰山頂6:50・・・赤岳南峰山頂9:55・・・
行者小屋(昼食休憩)11:30~12:09・・・美濃戸山荘15:01・・・美濃戸口バス駐車場16:05

全行程徒歩距離23.2Km 

ツアーガイドさんが作ってくれたコースタイムより両日合わせて1時間ほど短い時間で達成できました。
あんなにゆっくりお花見をしながらだったのに、天気予報が悪かったおかげで登山者の数が少ないため
すれ違い待ち時間などのロスがほとんどなく、また参加者のマナーや協力体制もバッチリよかったからだと
おほめをいただきました♪
美濃戸山荘から美濃戸口までがと~っても長くて疲れた足には厳しいと言う声もありましたが、
私的には、林道に咲く花もあって退屈しなかったし、
本当に2日間、素晴らしい好天に恵まれ花に恵まれ最高の山歩きができて幸せでした!♪


a0309917_05562652.jpg

Commented by rocklaelia69 at 2018-06-13 10:46
八ヶ岳の絶景とお花の山旅、最高に楽しんで来られましたね。
テンションアゲアゲなのが伝わってきました。硫黄岳山荘からの展望は感動ものですね!
ホテイランやツクモグサなどのお花もお花達も可愛いいですね。いつかはこの時期に行ってみたいと思いました。
Commented by a-echi8725 at 2018-06-13 22:54
登山の楽しさはやっぱりお天気に左右されますよね。私は尾根歩きが好きなのであの眺望が見れたことは本当に感動ものでした!みかどさんも梅雨の時期にしか咲かないツクモグサとホテイランをぜひ見に行ってみてくださいね♪
Commented by nick-3 at 2018-06-14 22:59
この時期の八ヶ岳の花はやはりツクモグサですよね、大きな
群生に会われ、また今まで見たことない花にも会われたようで
良かったですね。
実は、所属してる団体のメンバーも8、9日と八ヶ岳登ったんですよ。
今夜は、例会があって、そこでechiさんが撮ったオヤマノエンドウノやツクモグサの群生は全く同じ場所で
写したと思いますよ。
私は自信がなかったので行かなかったですが・・・・
Commented by a-echi8725 at 2018-06-15 15:16
nickさん、こんにちは。
やはり同じころに撮影会があったのですね、たしか、、今頃ではと思っていましたが、nickさんも行っているものと思っていました。ツクモグサは横岳だけといってもいいでしょうね、、
写真撮影いいですよ、と言ってもらえたのも限定の区間でそれでも足場がわるいのでヒヤヒヤものでした。
ツクモグサも思ったより小さくて、オヤマノエンドウもシャクナゲもキンポウゲも何もかも他の山で見た花より全部小さくてこの山の気象の厳しさを物語っているようでした。
所属団体の花の写真はnickさんの担当なのに(勝手に決めてます^^)残念だわ~!
by a-echi8725 | 2018-06-12 22:44 | 八ヶ岳(硫黄岳、横岳、赤岳) | Comments(4)