火打山から妙高山縦走


2018年7月28日~29日 
火打山(2,462m)から妙高山(2,454m)縦走

笹ヶ峰キャンプ場の駐車場までバス。広々トイレも完備です。
ここまでにも車窓から広い牧場が見えたりすでに標高が1,320mということもあり
高原の清々しい雰囲気漂うところです。

a0309917_23203042.jpg



道路向き合ってこちらが、登山口の駐車場。
ここも、結構な車の数駐車できます。
立派な門をくぐって登山開始♪

a0309917_23205282.jpg




最初は緩い登り坂はほとんど木の階段で道幅も広く
ブナ林の中を気持ちよく歩いて登ります
凄いブナの大木!友人が撮ってくれた画像が素敵だったので、いただきました。
くりちゃん~、ありがとうございます(*^^*)

a0309917_23213762.jpg





約50分ほど登ったところで黒沢橋(1,575m)
ここで立休憩。今日も暑い日です、水分塩分補給は大事です!

a0309917_23220397.jpg





黒沢橋を過ぎたあたりから階段はなくなり、木の根が張ったデコボコ道になります。
12曲りといってジグザグに12分割の道標がちゃんとついてる(笑)

a0309917_23223534.jpg




ソバナ?

a0309917_23232300.jpg






ヤマブキショウマ

a0309917_23233817.jpg






a0309917_23235818.jpg



12曲りは案外あっという間に過ぎて、
ここからは急登になります。
富士見平分岐(2,064m)
黒姫山の向こうに富士山が見えることもあるそうですが、今日は見えませんでした。
火打山~妙高山は国立公園、その中でも↓図の黄色地区は特別保護地区指定されています。
そのほか村落など住民が澄んでいる地区でも建物の色、素材、の規定や
車の乗り入れができない場所も広くあるのだそうです。

a0309917_23245825.jpg






このあたりにはオオシラビソの木がツンツン立っていて、
今は大きな見事なマツボックリ?がたくさんついていて、写真にも撮ったはずが
ピンボケだったり、遠くてうまく写っていませんでした。
濃い黒曜石のようなとてもイケテル色なんです!
紹介できなくて残念。すみません~

a0309917_23264441.jpg




a0309917_22055269.jpg

笹ヶ峰登山口から山頂まで9Km、1Kmごとに杭が親切です(^m^)
山頂まであと4Km。

a0309917_23272460.jpg







ヤグルマソウ

a0309917_23274217.jpg







岩の奥にヒカリゴケが光っています♪
太陽に光の加減で見えたり見えなかったり、ラッキーでした♪

a0309917_23280807.jpg







クルマユリは小さくてもハッキリした色と形で
今が旬ですね、たくさん咲いていました

a0309917_23284304.jpg








結構な肩くらいまで藪になった道をずんずん登っていくと、
あ~火打山見えた~(^o^)
とその手前に三角屋根の小屋も見えて、
「わ~可愛い小屋!メルヘンみたい~」と歓声があがります(笑)

a0309917_23293085.jpg





a0309917_20242050.jpg





三角屋根が見えたあたりから、みんなのテンションも上がって
重くなった足にも力が蘇ります。
高谷池ヒュッテに到着♪(2,105m)
8:15に登山口を出発して、3時間50分ほどで到着。11:50
バスの中でサンドイッチを食べたのは5:30くらいで
あとは、休憩のときに自分自分のタイミングで行動食を取りました。
途中でアミノバイタルを飲むとか、おにぎりを少しづつかじるとか、
お弁当でもらった巻き寿司を一つ二つづつ口にいれるとかだったので
ここでは、30分ほどのたっぷりの休憩。
残っていた巻き寿司を食べて
冷たくして持ってきたスイカと茄子漬けが美味しかった~(^^)

a0309917_23350727.jpg





たっぷりの休憩のあと、ここから高谷池の周囲の木道を歩き火打山に。
ヒュッテ側から火打山を見て↓
a0309917_20251920.jpg





木道からヒュッテを振り返って。

a0309917_05564463.jpg




しばらく歩くとロックガーデンが現れて、花いっぱいに足が止まるけど、
また同じ道を戻りますと急かされて、、、

a0309917_23363709.jpg






キジムシロ?

a0309917_23373734.jpg








オトギリソウ

a0309917_23380113.jpg







チングルマ

a0309917_00001957.jpg







ハクサンコザクラ
遠くにも近くにも群生していますが、
強い陽射しでコンデジではうまく写すことができませんm(--)m

a0309917_00000125.jpg







イワイチョウがまだ花を咲かせていないものが多かったけれど
葉っぱがびっしり絨毯のようにひしめいています。

a0309917_23394026.jpg






ハクサンコザクラ

a0309917_23401749.jpg





天狗の庭から火打山を見ます~

a0309917_23412145.jpg







池塘にワタスゲがぽわぽわと揺れてその可愛いことは!

a0309917_23420838.jpg






池塘に写る逆さ火打山です

a0309917_23422418.jpg




a0309917_23425794.jpg





天狗の庭を過ぎて山頂まであと標高350m
最後の登りがキツイ。。

a0309917_23434354.jpg







トリカブト

a0309917_23440684.jpg







オオバタケシマランの実

a0309917_23444104.jpg








マルバダケブキ

a0309917_23454751.jpg






a0309917_23470865.jpg





a0309917_23570547.jpg






ヒメシャジン

a0309917_23574507.jpg





ハクサンオミナエシ
a0309917_23582564.jpg




シシウド
a0309917_23474098.jpg





ヤマオダマキ
a0309917_23495191.jpg




ヤマハハコ
a0309917_23505430.jpg




雨上がりの朝とかにはよく見かけるそうですが、
こう毎日日照りでは、、雷鳥さん毎日どんなふうにお過ごしでしょうかね?

a0309917_23531179.jpg






a0309917_23554138.jpg





火打山もやはり火山だったのですね、
噴火口らしいです。
a0309917_06073111.jpg






登頂です♪14:00

a0309917_22172763.jpg






山頂から見える明日登る予定の妙高山
a0309917_06143617.jpg




日本海、わかりにくいけれど、画像中段左上に見えるのが佐渡島

a0309917_06110932.jpg






しばらく山頂でわいわいしてすぐに下山。
同じ道を引き返します。
振り返れば、ど真ん中に先ほどまでいた火打山が、、
行くときにスタスタと進んだロックガーデンに少しのんびりさせてくださいと
ガイドさんにお願いしました。
a0309917_23594114.jpg





そしてもう一度、高谷池に戻って
やっぱりこの景色最高だわ~と和みます。
池塘の黄色に見えるのは(本当はもっと赤い)
モウセンゴケです。
本当はもっと水が多くモウセンゴケは水の中にいるくらいなのに
毎日の日照りで池塘が小さく乾いてきているのだそうです。
a0309917_00015336.jpg






ヒュッテに帰って、寛いで夕食を食べてテレビを見ます。
台風12号の様子が気になります。
が、台風は予想に反してまた西に進路変更というではありませんか、、
夜中のうちに雨を降らせ風も弱くなっているとのこと、
添乗員さんもガイドさんも大丈夫と太鼓判をおして部屋に戻りました。
明日の朝ご飯の赤飯をもらって、リュックの荷物整理をして
「おやすみなさい!」







翌朝4時、ヒュッテの玄関前に集合4:15出発。
まだ暗いし、小雨で煙ったように何も見えない中、
ヘッデンをつけて歩き始めました。
暗いし雨で木道やゴロ石はすべるしで
みんな無口になってヘッデンの灯りを便りに歩きます。
茶臼山(2,171m)4:37
明るくなってヘッデンを消します。
a0309917_05384849.jpg



黒沢池ヒュッテ(2,000m)5:15
ずっと下って歩き始めてちょうど1時間、トイレ、水分補給。
朝ご飯は自分の空腹感と体調と相談してと指示あり。
雨は出たときより強くなっているようです。
a0309917_05390885.jpg


黒沢ヒュッテからはずっと登ってやく40分。
大蔵乗越 (2,146m)5:55休憩
ここは妙高山噴火口の外輪山です。
雨が降って喜んでいるのかサンショウウオが道に出てウロウロしているので
ガイドさん、「踏まないように気をつけてください~!」と注意します。
「国立公園、特別保護地区」ですからね

a0309917_05393064.jpg




長助池がガスの中でぼんやり見えていますが
横に見下ろしてどんどん下ります。
へつり?のような下り坂で足元もゴロ石で、何か所も崩れたような場所もあり
頭上には木の枝やら、、気をつけて歩きます

a0309917_06004501.jpg




長助池分岐(2146m)6:45
外輪山を登って下ったところ、
さらに今度は妙高山の本当の頂上を目指します。

a0309917_06011084.jpg




かなりの急登、何度か立休憩しながら登ります。
雨も降ったりやんだり、気温の高い中雨具の脱着はめんどうがらずに!
a0309917_06013923.jpg




妙高山!登頂~!(2445.8m)8:45

おめでとうございます♪
雨が止みそうですが、風が凄い!!
景色も見えないので集合写真バンザイして写してもらったら
すぐ下山します。

a0309917_23273743.jpg




さっきのは北方でこちらが南峰(2454m)
こっちが高い、本当の頂上はこっち。
妙高大神が祀ってあります。
風、強すぎてゆっくりできない。
先に急ぎます。

a0309917_06032230.jpg




頂上からの下りは岩でした。
天気がよければ登る途中からでも写真が撮れたのだろうけれど
全貌をお届けできないのが残念です。
岩、、でした。
鎖は一か所一人が終わってから次の人が掴む。
ツアーでは何人かがつながっているので、
こういうところで時間がかかります。
単独登山の人には渋滞迷惑をおかけしていますm(--)m


a0309917_06034572.jpg
時間がかかってご迷惑をおかけしますが、
鎖場はちゃんとステップが刻んであったので怖くはありませんでしたよ(^^)





風穴、穴の中から涼しい風が吹き込んでいましたよ!
a0309917_06040768.jpg









天狗堂(1,930m)10:44
だいぶ降りてきました。
a0309917_06051235.jpg






タマガワホトトギス
a0309917_05400606.jpg




山から湧いて流れてくる水は真っ白で硫黄臭が漂っています。
熱いかな?触ってみたら冷たかった(笑)

a0309917_05402721.jpg




北地獄谷麻平分岐
なんか、、怖そうな名前。。。
a0309917_05405553.jpg


名前のとおり、登山道左側はずっと崖に草が生えてるだけ、、と言う。
しかも微妙に左に傾斜しているし(><))
ここで落ちたら、アウト!
慎重に歩きます。

上が「称明滝」下が「光明滝」

木の枝が伸びているせいか?滝壺があるのか?ないのか?
見えなかったのは残念です
が、やはり滝の流れは清涼感を味わせてくれますね
a0309917_05411882.jpg



赤倉温泉の源湯を集めた小屋がありました。
赤倉温泉の湯はすべてここから供給されるようです。
ここから燕温泉登山口までの舗装された道は温泉水の供給パイプが埋めてあって、
そのために整備されたもの、登山道にも利用されているのだそうです。
a0309917_05414042.jpg




途中は見えなかった妙高山が下山近づくとよく見えるようになって
あ~、あんなところまで登ってきたんだな~と感慨一入です(^^)
a0309917_05421464.jpg





a0309917_05423785.jpg




長い、長~い道のりでした!
妙高山、覚悟はしていたけれど、
それ以上に厳しかったかも?
でも、色々なバラエティ豊かな面白い山だったな~という感想です。
a0309917_05431201.jpg






a0309917_05433250.jpg



7/28 笹ヶ峰登山口 8:15・・・黒沢橋 8:50・・・富士見平分岐 9:40・・・高谷池ヒュッテ11:50~12:20
    天狗の庭 12:40・・・雷鳥平 13:23・・・火打山登頂 14:00・・・・高谷池ヒュッテ 15:48 泊

7/29  高谷池ヒュッテ発 4:15・・・黒沢池ヒュッテ 5:15・・・大倉乗越 5:55・・・長助池分岐 6:45・・
    妙高山登頂 8:45・・・天狗堂 10:44・・・北地獄谷麻平分岐 11:55・・・燕温泉下山口 13:03

    前行程距離 24.4Km 16時間21分(休憩含)




a0309917_00055837.jpg



*花の名前等、間違えているものがあったら教えていただけたら幸いです。

by a-echi8725 | 2018-08-02 00:28 | 妙高山 | Comments(0)