カテゴリ:仙丈ケ岳( 1 )

仙丈ケ岳

仙丈ケ岳登山 7月11日~12日(仙丈小屋1泊)

登山道入り口の北沢峠に行くには、マイカー規制があるため、
長野県伊那市の仙流荘前(350台無料駐車場)から南アルプス林道バスに
約60分乗り到着です。バスの運転手さんは、時々停車して
車窓から見える風景、山、花などのガイドもしてくれました。

a0309917_1645140.jpg


バス停留所前にいきなりのクリンソウの群生を見てびっくりしました!
a0309917_16501896.jpg


a0309917_16505470.jpg


10時30分
北沢峠到着して軽く準備運動をして出発です。
1合目、2合目、3合目、を足とり軽く登っていくとすぐに昼食休憩。

12時。
このお弁当はツアー会社が用意してくれるもので、、コンパクトに作ってあるし
美味しいけれど、、、実は毎回必ず同じ内容(笑)
同じメンバーが参加しているとも限らないからそれでもいいのか??
しかし何度同じお弁当を食べたかな。。いえ、美味しいのですけどね(笑)
a0309917_1647678.jpg


13時。
5合目、小休憩
大滝頭からコースを馬の背ヒュッテ方面に仙丈小屋を目指します。
a0309917_16473881.jpg


渓流を渡り、少し雪渓が残っているところもあります。
藪沢新道に合流して登り進むと森林限界に近くなり
斜面に少しづつイワカガミやキバナシャクナゲなどが咲いているのが見えるようになりました。、

a0309917_1648885.jpg




14時10分。
馬ノ背ヒュッテで休憩。
そこから見える左山頂は小仙丈ケ岳とカールの真ん中に仙丈小屋
右に見える尾根を歩いて小屋を目指します。
この方向から仙丈ケ岳の頂上はみえません。
今日は仙丈小屋に宿泊。明朝、仙丈ケ岳頂上に登頂してご来光を拝む予定です。
a0309917_16485717.jpg


a0309917_16532995.jpg



15時50分。仙丈小屋に到着

a0309917_1655323.jpg


荷物をおろし靴を脱いで、軽くなった足で少し散歩。
このあたりはチングルマが少し、コイワカガミが少し、キバナシャクナゲは
とても低木で地面を這うように生えて花も白く小さくてかわいいものでした。
a0309917_1656846.jpg


a0309917_16563989.jpg


a0309917_16565957.jpg



夕食までまだ時間がたっぷりあるので、山小屋でバッジやマフラーなどを買い、
コーヒーを注文しようと思ったら、今は忙しいので
明日の朝にしてくださいと言われました。
明日の朝?夕食後もだめなの??
19時半消灯ですので。。。(笑)
夕食、ご馳走様でした~(^o^)
a0309917_22303339.jpg


夕食が終わってからは夕日が沈むシーンに皆釘づけで見入ってしまいます。
a0309917_2251504.jpg


甲斐駒ケ岳の堂々とした峰にも雲がかかりはじめ、
少しづつ空と雲が染っていきます。
a0309917_22522698.jpg


a0309917_2253039.jpg


a0309917_22532026.jpg


この後は、もう小屋は消燈の時間なので就寝するひともいて
静かになります。
ツアーでも日帰り登山ではメンバーの方達とたくさんお話する時間もなく
最初と最後のごあいさつくらいで終わってしまうことが多いですが
今回はこんなふうに時間がたっぷりあまるほどもあるので
星のでるのを待ちながら、色々お話ができました。
登山経験豊富な方から強者談義、まだ若くてかわいらしいお嬢さん方から
初々しい質問があったりと楽しい時間は過ぎますが
もう~とても寒くて雨具を防寒に重ね着しても我慢できなくなり
満天に落ちるほどの星の観測までまつことができずに
部屋に戻り就寝。
3時半起床4時出発に遅れないか心配でよく眠れません。
1時過ぎにちょっと窓の外を見ると大きく煌めく星が見えました。


ご来光は頂上に登らないと方向的にみることができないので
朝食前に登ってまた下山するのに1時間半の予定。

登って行く途中から白い雲海や空が明るく朱色に染まり始めるのを
見ながら、間に合うか、、間に合うかと心配しながら
登っていくと、、頂上について5分ほどのうちに地平線を真っ赤に染めながら
その帯を突き抜けるように眩い光が登ってきました。
ご来光に拍手が湧き、感動が胸の中に広がります。

a0309917_22543029.jpg


a0309917_2255826.jpg


a0309917_22564129.jpg


a0309917_22554398.jpg


a0309917_22574576.jpg




さて、朝ご飯を食べに帰りましょうか。。
登山中には隊列のリズムを壊すので、写真を撮るために止まってはいけないと
ツアーガイドさんから言われているので、
今回はみなさんに迷惑はかけられないと思い、断腸の思いで(笑)
相棒のKissを家に置いていきました。
持っていったら、ぜったい止まって撮ってしまうのはわかっていたから!
なので、今回の写真はスマホと友人が貸してくたコンデジで撮ったものばかり。
休憩中の時や、歩きながら(止まってはいないので)だったら、いいんでしょ?(笑)
でもやっぱり物足りない。最後尾でもいいからカメラは持っていかなくちゃだめですね。
というわけで、、残念な思いで写した写真ばかりですが、、
ご来光を見た帰り道、斜面には小さい高山植物がたくさん咲いていました。

a0309917_2259853.jpg


a0309917_22592156.jpg


a0309917_22593371.jpg


a0309917_22595938.jpg


a0309917_2301426.jpg


a0309917_2302892.jpg


a0309917_230526.jpg



6時半。
朝食を食べてから全員で登頂登山。
ツアーでは、毎回こんな登頂証明書を発行してくれますよ
みんな素敵な笑顔をしています(笑)


a0309917_16274024.jpg


山頂からの眺望はよくて、南の方は遠く塩見岳、東は大菩薩連嶺から富士山、
近くに白峰三山、北には早川尾根、八ヶ岳、奥秩父の峰々、
一番間近には堂々たる甲斐駒ヶ岳、並んで鋸岳。
はるかかなたに峰を連ねるのは、槍ヶ岳、穂高、北アルプスの山並み、
伊那谷を隔てて西には中央アルプスが、横一線に並んでいる。

頂上で思い思いのポーズで記念写真を撮りあって
これからは、仙丈尾根を渡り小仙丈ケ岳に向かい
往路で分岐した5合目(大滝頭)に合流。
ゆっくり、ゆっくり、楽しみながら下山できました。

a0309917_2322790.jpg


a0309917_2324667.jpg


a0309917_233763.jpg


a0309917_2332348.jpg


a0309917_233368.jpg


a0309917_2335237.jpg


a0309917_234617.jpg


a0309917_2342260.jpg




11時。
北沢峠、こもれび山荘到着。
a0309917_2343991.jpg


名物カレースープ
コロコロ野菜とチキンの素揚げをカレースープで煮込んであり
スパイスの効いたとてもおいしいスープでした♪

a0309917_2318926.jpg

by a-echi8725 | 2015-07-15 23:21 | 仙丈ケ岳 | Comments(2)