カテゴリ:燧ケ岳(ひうちがたけ)( 1 )

燧ケ岳(ひうちがたけ)

燧ケ岳(ひうちがたけ)登山「9月5日」


a0309917_1524438.jpg

(本年7月5日、至仏山の展望休憩台から尾瀬ヶ原を挟んで向側に立つ燧ケ岳を写したもの)

尾瀬国立公園内の尾瀬沼の北、尾瀬ヶ原の東に位置する燧ケ岳は、至仏山と共に尾瀬を代表する山で、俎嵓(まないたぐら標高2,346m)、柴安嵓(しばやすぐら標高2,356m)の二峰で双耳峰を形成しています。

今回のルートは沼山峠登山口から尾瀬沼ビジターセンターを経由、
そこを起点とした長英新道は、ミノブチ岳を経由して俎嵓へ至り、
さらに山頂の柴安嵓に至るルートです。
下山は、熊沢田代~広沢田代などの湿原をわたり
尾瀬御池バスセンターまで下りるルートです。
登りと下りを別ルートで歩けるのはバスツアーならではのおかげです。

9月4日(金曜日、雨)
金曜の夜行バス巻潟東ICを22時30分乗車。
ツアーバス(今回はゆったりリクライニング、毛布つき)は
小千谷で最後の参加者を乗せたあとに消燈(23時30分頃)
堀之内から国道352号線で檜枝岐(ひのえまた)村、尾瀬御池に到着(3時頃)
バスのエンジンを止めて車中泊

9月5日(土曜日、曇り)
ツアーバスのエンジンをかけて4時半に点燈。
沼山峠までのシャトルバスの始発が5時半なのでそれまでに
朝食(手持ちのお弁当)を食べて、身支度をして待つ。
a0309917_1544280.jpg


a0309917_1551875.jpg


私の場合、、当然ながらその状況で眠ることはできませんでした。
夜が長かった~笑
しか~し、やっと来ることができた燧ケ岳です!気持ちは上々~♪
今は晴れていますが、昨日からの雨で登山道はぬれているはず!
スパッツを履いて準備OKです。

シャトルバスに乗って沼山峠に到着。
>5時50分
a0309917_156160.jpg


さあ、いよいよ登山はじめ~
a0309917_15323593.jpg

沼尻分岐までは、歩きやすい木道が続きます。
ゴゼンタチバナの終わりそうな花
a0309917_15371523.jpg

ゴゼンタチバナの実
葉が5枚以上にならないと花が咲かなくて当然実もついていませんね。
a0309917_21254160.jpg

シマササランの実
a0309917_15373134.jpg

シロモノ
a0309917_15374099.jpg


足元には赤い実や白い実などがいっぱいで秋モードになっていました。
リンドウ 所々で見かけるけどお日様大好きなので、朝早いし
天気イマイチで終日開いた花はみることができませんでした。
a0309917_15474633.jpg

アキノキリンソウ
a0309917_15481232.jpg

ワレモコウ
a0309917_15485335.jpg


大江湿原に入って歩きます。
a0309917_1550158.jpg

イワショウブ
a0309917_15502885.jpg

イワショウブ 紅葉?して色々な色に変化していく花の色がとっても綺麗♪
今回のお花見の中でダントツ1位のランキングです
a0309917_15504645.jpg

a0309917_1551692.jpg

背の高いアザミが群生しています
a0309917_15514163.jpg

a0309917_1552874.jpg

a0309917_15524585.jpg

尾瀬沼の3本カラマツ。
a0309917_15531546.jpg

a0309917_1554645.jpg

a0309917_15555998.jpg


長蔵小屋
今から40年近く?前に、会社の先輩に連れて行ってもらった思いでの尾瀬沼。
まだ、この小屋が現役で活躍していたとは驚きです!
a0309917_162292.jpg

周りの様子が思い出せなくなっているのに、この小屋だけは変わっていなくて感動でした!
お土産屋さんもなかったな~(^^)
a0309917_1633762.jpg


ここまでに歩き初めてから1時間半ほど。
この先からが長英新道で、泥濘と岩の厳しい山登りになります。
トイレもこの先はありません~(><)
小休憩をして、出発です。
>7時29分
a0309917_1611319.jpg

どろどろの道が続きます。
a0309917_16121096.jpg

道をふさぐ笹の葉が切り倒されてあって、泥道を覆ってくれてはあるようですが、
歩くと沈むほど、、どろどろ~
ダテカンバ、シラビソ、コメツガ、などの大木の森。
見晴らしのない、しばらくはそんな道が長くて。。
それでも、道の路肩に咲く花には癒されます。
a0309917_1615192.jpg

ノリウツギ
a0309917_16154068.jpg


五葉イチゴ。食べてみました。甘すっぱくて、でも子供の頃食べた野苺を思い出して
懐かしかった~(*^^*)
a0309917_16163717.jpg

ツルリンドウ
a0309917_1619018.jpg

小さな秋
a0309917_16195466.jpg

マイヅルソウの実
a0309917_16203297.jpg


長蔵小屋から約2時間ほど登って4合目を過ぎたころ
やっと見通しの良い場所に出たところで
見えてきたのは、尾瀬沼と向こうに日光白根山(2578m)
見えるとすぐそこにあるように思えて、、登ってみたくなる(笑)
a0309917_16222074.jpg


5合目>9時37分

7合目を過ぎると平らな眺望の良い頂きにでました。
ミノブチ岳山頂(約2200m)
>10時20分
a0309917_1637191.jpg


尾瀬沼を囲んで静かな森が繁っています。
豊な緑です。
a0309917_16363114.jpg

気持ちいいな~
6時から歩き始めてから5時間近く。
私は、こんなところで昼食お弁当でもいいのに~と思うのだけど
ガイドさんは、先を急ぎます。

a0309917_17335436.jpg

a0309917_17342047.jpg

a0309917_17344223.jpg

a0309917_1735794.jpg


振り返ってみるミノブチ岳
a0309917_1744424.jpg


これから登る俎嵓(まないたぐら2346m)
a0309917_16522373.jpg


この先登って30分
a0309917_1654406.jpg

a0309917_1655240.jpg


途中、尾瀬ヶ原を挟んで向こうには至仏山が~♪
a0309917_177667.jpg



風がもの凄く強くてじっと立っていられないほど。
俎嵓の頂上も狭いので、そのまま
下って登って20分、柴安嵓(しばやすぐら)まで、岩山をよじ登りました
a0309917_17103949.jpg


頂上から見える尾瀬ヶ原
a0309917_17113438.jpg


>11時20分
柴安嵓(しばやすぐら)登頂です~(^o^)/
あれ??登頂写真がない、、、
またまた、ツアーで頂いた証明写真を使わせていただきます(笑)
a0309917_17401038.jpg


昼食休憩20分。
のんびり食べたい私には休憩時間が短くて足りません。
かいた汗が風で寒くて重ね着したり、
ドタバタしながら、やっと終わりました。
写真まで手がまわりませんでした(^^;;

>11時45分
さて、今度は下山です。

>12時10分
もう一度俎嵓を通り過ぎてから


熊沢田代~広沢田代~尾瀬御池バスセンターへと下りていきます。
予定はここから3時間。
ヒメウメバチソウ
a0309917_17314484.jpg

カラマツソウ
a0309917_1732840.jpg


熊沢田代
キンコウカの紅葉が始まっていました。
静かな湿原、すべてが芸術です。
a0309917_1741126.jpg

キンコウカとイワショウブの花。
キャンパスに描いた絵のようです。
a0309917_1743142.jpg

a0309917_17435544.jpg



しかし、下りの道はガレ場あり、大小の岩がゴロゴロした道を手を使い
足場を探して歩くような急傾斜あり、
最終地点の御池バスセンターまでは最後の最後までドロドロの泥道で
標高差は登りの9Kmを約650m差より、下山の4Kmを約850m差の方が大きく
危険箇所はなかったものの緊張の続く長い道のりでした。
山頂で休んで歩き始めてすぐに私の膝に痛みが始まりました。
昨年の燕岳登山に初めて感じた痛みはそれからも、たびたび下山のときにあります。
なので、今はサポーターを常備しています。
さっそく、装着して、なんとか事なく最後まで歩くことができました。

>3時30分
ほぼ予定どおりに御池バスセンターに到着できました(^^)V

全行程(休憩を含む)が約9時間半。
私にとって一日の歩行時間最長記録として、印ます(笑)
by a-echi8725 | 2015-09-09 09:46 | 燧ケ岳(ひうちがたけ) | Comments(2)