カテゴリ:三つ峠山( 1 )

三つ峠山

12月19日~20日  三つ峠山、登山

山梨県の三つ峠(みつとうげ)に行ってきました。標高は1785mです。
中央高速道甲府南ICで降り、山梨県御坂から三つ峠登山道入口駐車場で下車。  
裏口登山道と呼ばれるルートで、一日目は三つ峠山荘に宿泊。
翌日は荷物を山荘においたまま開運山山頂へ、
下山は引き返し山荘から荷物を引き取り木無山~霜山~天上山~河口湖

登山道入口バス駐車場とトイレ(13:44)
a0309917_9234359.jpg


登山道入口(14:27)

三ツ峠山(みつとうげさん)とも呼ばれており、最高峰の開運山(かいうんざん)、御巣鷹山(おすたかやま)、木無山(きなしやま)の3つの山の総称になっています。富士山の北に位置し、遮る山が無いため、富士を眺めるのに絶好です。

a0309917_16162864.jpg


a0309917_924152.jpg


抜けるような青空♪
a0309917_9244680.jpg


道は広く整備されてありとても歩きやすい。
霜柱が道の両脇にずっとあって、この太陽の下でも溶けていないのは
気温の低いことがわかります
a0309917_9251852.jpg


あら、氷の塊が!
a0309917_9254214.jpg


青い空の下、遠くを眺めたり、サクサクした霜柱を踏みながら
るんるん~と歩いていくとすぐに山荘に到着したかと思うと
そこには、、富士山の雄姿がどっか~んと姿を現しました!!
もう、みんなが感動で動けません。。(15:57)

a0309917_926776.jpg


キーンと冷えた透明な空に陽が沈もうといています。(16:44)

a0309917_9263151.jpg


a0309917_927292.jpg


a0309917_9272032.jpg


a0309917_9275615.jpg


寒くて凍えそうなのに、富士山に魅了されてなかなか小屋に入れないでいると
招集がかかりました。
いったん小屋で荷物をまとめて、ストーブに温まり、
夕食までにさっそく宴会を始める人も(笑)寒いですからね~
私は、持って行った甘酒の乾燥フードをコップに入れて
お湯をもらいました。お湯は通常水筒一本200円のところ、
コップ2杯で100円にしてもらいました。
甘酒、甘くて熱くて美味しかった~(^^)
それぞれのチームが賑やかに談義をはじめました。
a0309917_1061678.jpg


夕食冷めてしまったのはしかたありません。
山の上でなかなかのご馳走です。熱いお味噌汁は美味しかったです。
a0309917_1064887.jpg


すっかり日が落ちて真っ暗になってから
星空を眺めにでました。
冬の夜空は綺麗ですが、手持ち三脚なしでは当然うまい具合に写真を撮ることができません。
なんとか、富士山と街灯りをゲットしましたがもう凍えそうです(18:53)
a0309917_933260.jpg


山荘の夜は寒かった!
一階の広間にはストーブが2つ~3つはありましたが
2階は個室がいくつかあって
私たちに部屋は6畳くらいだったかな、今までの山小屋が雑魚寝部屋で
お布団にしたら半分くらいの割り当てしかなかった経験しかなかったので
これはすごい贅沢だな~と思ったし、コタツまであるなんて感激でした。
その代わり、ストーブがない。
思いっきり寒いのです。ダウンを着てネックウォーマー付けてコタツに入ってる図(笑)
コタツから少しでも暖気をお布団に取り込もうとしています。
ふとんに入るときも、ま、ダウン一着だけは脱ぎました(笑)
a0309917_10372191.jpg



朝食を食べて、6時半に準備の出来た形で集合、出発
三ツ峠山荘前から夜明け前の景色(6:37)
a0309917_9372593.jpg



ロッククライミングのメッカ屏風岩

a0309917_9491525.jpg


a0309917_939538.jpg



最高峰の開運山です。

巨大電波塔が建設されていて、山梨への電波の中継に重要な役割を果たしている施設。
a0309917_9495245.jpg



三ツ峠山荘から15分ほどで、山頂に到着

ちょうど朝日が登り始めようとしている瞬間でした。(7:04)
a0309917_10463592.jpg


a0309917_10465732.jpg


標高1786mからは、富士山~南アルプス~八ヶ岳と360度の大パノラマが広がっています。
なんという美しい夜明けでしょう!

a0309917_10472915.jpg


a0309917_1047583.jpg


a0309917_10483144.jpg


a0309917_1049073.jpg


お約束のタッチ♪
a0309917_16341152.jpg


さっき来た道を下りて山荘へ戻ります。
a0309917_9413589.jpg


下山は、天上山ロープウェイ方面へ。

a0309917_1636753.jpg


a0309917_16364578.jpg


尾根通しの道を直進。そして登山道をひたすら下ります。
距離はありますが傾斜が緩やかなので歩きやすいし途中
要所要所で見られる富士山の眺望がとても素晴らしいのです。
a0309917_16372053.jpg


a0309917_1638348.jpg


a0309917_1642562.jpg


a0309917_16384132.jpg


正面右手に河口湖が見えてきました。

a0309917_16391972.jpg


a0309917_16395529.jpg


a0309917_16405323.jpg



霜山を過ぎて林道を横断し、途中の分岐を左に行くと天上山山頂の小御嶽神社に出ました。(11:17)
ここは富士山入山の家族の安全を祈願する祈願所だそうです。

なだらかで眺望もよく楽々と歩ける道でありながら、かなりの時間がたっています。
チームの中で一人遅れている人がいて、度々休憩する時間が伸びていました。
そして、、、、私にもなんの前触れもなく急に左足の膝側筋が痛み始めて、
平らな道はなんとか歩けるものの、、ちょっとした坂道や段を降りると激しく痛むようになっていました。
今までにない変な痛みなのです。

a0309917_16412243.jpg


a0309917_16533988.jpg



とうとう引きずるようにして天上山公園カチカチ山ロープウェイの富士見台駅に着きました。
河口湖下山口までここからはあと30分~くらいの道のりでしかないものの、
今まで一番急坂が待ち受けています。
ここで、決断したことはメンバーの皆さんに迷惑をかけてはいけないこと、
ここからはロープウェイで降りることにしました。
みなさんを見送ってから、最後に富士山の雄姿を見納めてきました。
富士麓には富士急ハイランドがよく見えています。
子供たちが幼いころよく遊びにいきました。
何軒かのおみやげ屋、売店、展望台、神社があり、まさしくここは観光地なのですね。
a0309917_16554479.jpg


a0309917_1656227.jpg


a0309917_16562685.jpg


ああ、、リタイヤなんて悔しいな。
一緒に同行してくれた友人にも本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
そんなこんなで、、
今回はとてもゆる~い登山日記でしたが、今年の登り納めになるでしょう。
また、足を鍛え直して来年も元気に歩きたいと思います。
by a-echi8725 | 2015-12-24 23:44 | 三つ峠山 | Comments(6)