カテゴリ:八ヶ岳(赤岳)( 1 )

赤岳(八ヶ岳)登山

7月2日~3日  赤岳(八ヶ岳最高峰)2,899m 登山

1日目=上信越道、諏訪南ICより原村美濃戸登山口補導所でバス下車(12:00)・・・
    美濃戸山荘まで車道を歩いて、美濃戸登山口(13:32)・・・
    北沢コース・・・・赤岳鉱泉(15:36)宿泊
2日目=赤岳鉱泉出発(7:13)・・・行者小屋(7:50)・・・赤岳山頂(10:02)・・・
    下山・・・行者小屋(11:45)昼食・・南沢コース・・・
    美濃戸山荘登山口(14:28)・・・バス乗車(15:00)帰路


八ヶ岳は山梨県北杜市と長野県北佐久郡・南佐久郡・茅野市・諏訪郡にまたがり南北に約30キロ、東西に約15キロに広がった山脈で、夏沢峠を境にその北側を北八ヶ岳、南側を南八ヶ岳と呼んでいます。
南八ヶ岳は主峰の赤岳(標高2,988m)を中心として横岳、阿弥陀岳、硫黄岳、権現岳などが連なり尖峰状の峻険な山域を形成しています。その他、西岳、編笠山、峰の松目岳(時に峰の松目岳に代わって天狗岳を含める場合がある)を加え八峰と呼ばれます。(日本アルプス登山ルートガイドより抜粋)

美濃戸登山口補導所
a0309917_21114456.jpg


登山口まで車が走ります
a0309917_21122629.jpg


車の走る広い道を歩いて、、、
a0309917_21132975.jpg


a0309917_2115386.jpg


キバナノヤマオダマキ
a0309917_21151927.jpg


a0309917_21153295.jpg


シャガ
a0309917_21154798.jpg


イブキジャコウソウ
a0309917_2116687.jpg


ウツボグサ
a0309917_21204599.jpg


シモツケソウ
a0309917_21191785.jpg


ハナチダケサシ
a0309917_211943100.jpg


などなど、、道の脇に咲くお花を見ながら足取りは軽く♪


美濃戸登山口につきました。
a0309917_21261833.jpg


a0309917_21272486.jpg


目の前に阿弥陀岳
a0309917_21275715.jpg


いかにも八ヶ岳という苔蒸した森の中。素敵♪
a0309917_21291692.jpg


北沢コース。渓流が傍を流れ爽やかな音がずっとついてきているのに
アブがたくさん飛んでいてすぐに足とかさされるし油断できませんでし(TT)
a0309917_21345594.jpg


a0309917_21414787.jpg


a0309917_21415850.jpg


沢を渡るところでは、橋が作ってあったりとてもよく整備された登山道です。
a0309917_21434349.jpg


キバナノコマノツメ
a0309917_21462394.jpg


休憩したところから赤岳が見えています。
どうか、お天気が持ちこたえてくれますように~
a0309917_21475156.jpg


休憩していると小鳥の鳴き声がすぐ近くに♪
少し近寄ってパチリ。以外なことに逃げないでしばらく鳴き声を披露してくれたのです♪
感激しました~
a0309917_21515534.jpg


a0309917_2153833.jpg


スダヤクシュ
a0309917_21542763.jpg


オサバグサ
a0309917_2155369.jpg


そうして、道が開けてきたな~と思ったら、赤岳鉱泉に到着していたのでした。
色とりどりのテントが綺麗です。
a0309917_21561860.jpg


a0309917_22204187.jpg


屋根の上にドッカ~ンと赤岳
a0309917_22211216.jpg


テントの人も靴を脱がないでトイレ借りれたり、水場も広くて、調理台も貸してもらえたりと
なんでも便利な小屋でした。私もテントとか持って山登りしたかったな~!
a0309917_21583834.jpg


そして、この小屋の一番の売りは温泉です♪
石鹸、シャンプーお断りは当然ですが、暖かいお風呂に浸かって手足を揉み解す。
気持ちよかったですよ~
夕食のメニュー、、ステーキ&ポトフ&野菜サラダ。デザートはメロンでした@@~
山の上では贅沢としかいえないのではないですか?
a0309917_22192594.jpg


7時消灯。
4畳半、4人部屋。ちゃんと一人に一人前の敷き布団、毛布、掛け布団がありました。
しかも、カバー付で!
ありがたや~、とてもよく眠れたことは言うまでもありません。


さて、明けて二日目の朝。
天気予報は昨日と変わって曇り後雨に変わってしまっていました。
しかも、山の上では瞬間30メートルくらいの強風が吹いているという。。。
昨日は見えた赤岳は、雲の中で見ることができませんが雨はまだ降っていない。
さあ、出発です。
a0309917_2354331.jpg


行者小屋
a0309917_2361072.jpg


当初、コース予定は行者小屋を経て、地蔵尾根~地蔵の頭~赤岳山頂~文三郎道~行者小屋~南沢コース~美濃戸登山口。
というものでしたが、かなりの強風が吹いているという情報があり
地蔵尾根をやめて、文三郎道から往復するコースに変更になりました。
何れにしても道中、雲の中。視界は10メートルくらいかな?
行者小屋に荷物を置いてサブバックに必需品だけ入れ替え担いで登ります。

風も強い。霧も深い。
a0309917_2323258.jpg


恋い焦がれ(笑)楽しみに何度も妄想していた眺望を見渡すことができませんでした。
ただただ、必死に前に行く人の足元をみながら、岩にしがみつき
足を滑らせないように、踏み外さないように気をつけながら、
やっとたどり着きました。
a0309917_23234828.jpg


a0309917_23173459.jpg


風も強く、霧も雨のように滴り、カメラも思うように出せません。
岸壁に乱舞するように咲いている花を見ることができません。
ほんの少し、近場で撮れた花を少し、、
コケモモ
a0309917_2334465.jpg


ゴゼンタチバナ
a0309917_2318721.jpg


イワウメ
a0309917_23184738.jpg


a0309917_2319535.jpg


a0309917_23192855.jpg


a0309917_23194557.jpg


a0309917_23201145.jpg


ミヤマシオガマ
a0309917_23203049.jpg


イワベンケイ
a0309917_2321296.jpg


ミヤマオダマキ
a0309917_23213022.jpg


a0309917_23221519.jpg


ミヤマダイコンソウ
a0309917_23223430.jpg


イワヒゲ
a0309917_23225889.jpg


コメツガ
a0309917_23242098.jpg


行者小屋に戻り、お弁当を食べたら、帰りは南沢コースです。
ここからはなだらかで歩きやすい道が続きます。
途中、小さい岩や石で滑りやすいところもありましたが、全体のイメージは
こんな↓です!!
a0309917_23291776.jpg


a0309917_2329391.jpg


a0309917_233026.jpg


ギンリョウソウ
a0309917_2330235.jpg

いかにも八ヶ岳らしい霧と苔の森林は見惚れるほどに素敵でした~
by a-echi8725 | 2016-07-08 09:09 | 八ヶ岳(赤岳) | Comments(2)