楽しかった青森

2018年4月28日~30日


GW前半 青森旅行のダイジェストです♪

今回青森旅行は妹と一緒でした。
以前にも、お邪魔したことがあるので2回目なのですが、
今回も宿の手配をお願いしたところ、ご自宅に泊まらせていただくことになり
本当に恐縮したのですが、お言葉に甘えさせていただきました。
とても仲良しのご夫婦は「仲良きことは美しき哉」と絵に描いたように
素敵なご夫婦です。

まず1日目、秋田港から一路弘前城へ。
お天気良く、爽やかな朝。
駐車場も紹介していただいたので、苦も無くすぐに止めることができました。
おかげ様でまだ混まないうちに撮り歩くことができました。

スマホでは自撮りレンズを使ってたくさん遊んでみました。
丸い淵は入ってしまうけれど、気がねない妹とのツーショット♪
どこでもたくさん撮りました。
好い思い出写真ができました♪
a0309917_22461657.jpg

一休みはお抹茶で。。と思ったら、
妹は断然ビールでしょう~!だそうです。
そっか~、そうなんだね~失礼しました。
ちぐばぐなコンビで笑えます(^^;;

桜の写真も自分のペースでたくさん撮れて、楽しかった~♪
自己満足でいいのです(^^)
a0309917_23005563.jpg

a0309917_22483444.jpg




翌日は眺望山へ、姫ほていらんを探しに~
水芭蕉が咲き始めたばかりのようで、瑞々しくて綺麗な白でした。
a0309917_23250066.jpg


写真の中にフキノトウがもう花も大きくなって咲いていますが、
今まで蕾でまだ花が咲かないものだけ採って、フキ味噌や天ぷらなどに作って食べていましたが、
このくらいに伸びたフキでも充分に料理できて美味しく食べられることを教えてもらって、びっくり!
花はもちろん捨てますが、落とした葉は茹でてつぶしてフキ味噌に
茎はスジを取って、あく抜きしたら含め煮にできます。
柔らかくて美味しかったです♪
a0309917_23253123.jpg

エンレイソウがたくさん咲いていました、こちらと比べると小さい葉で、可愛らしく咲いていました。
a0309917_23265838.jpg

歩きながら目を皿のようにして??姫ホテイランを探します。
確か、、昨年はこのあたりに、、とお友達が探します。
でも毎年同じ場所で見つかるとも限らないらしく、少し違った場所だったり
全く違っていたり。

するとあれは!?お友達が指さす方向を見ると
急な山の斜面に!!小さい薄紫色がポチ、ポチと見えます。
スミレ?近づいてみると
わ~♪凄い凄い~♪
初めて見る姫ホテイランが1,2,3,4,5、、、、そこにも?あれも?
この場所では13本だったかな?(赤い○で囲んだもの)
嬉しくて、嬉しくて、夢中でシャッターを切りましたが
同じ写真ばかり何枚も(笑)
でも自生しているのを見せてもらえることがどんなに貴重で価値あることか、
本当に嬉しかったです。
ヒバの森に小さな妖精がひっそりと咲く姿を忘れることはないでしょう!
a0309917_23041219.jpg

しばらく歩いて休憩です。
みんな素敵な笑顔ですが、ここでは目隠しでごめんなさい。
暖かな日差しの中でリフレッシュした表情です♪
a0309917_23055147.jpg

山から下りるとちょうどお昼の時間でした。
青森B級グルメというのでしょうか、
大人気という味噌カレー牛乳ラーメン(バター入り)を食べに連れて行ってくれました。

a0309917_23065779.jpg


これがね、本当に美味しいのですよ♪
太麺シコシコにたくさんのモヤシが歯ごたえよくて
味噌とカレーの風味がすごくマッチして、想像を越えて美味しかったです
それで、まよわずお土産に「これください~」と注文していました(^^)V

a0309917_23063170.jpg


姫ホテイランに逢って、大満足。
心うきうきしながらお家に戻ると、今度は青森美術館に案内してくださるという
本当にお優しい御主人さまなのです。


美術館ではとても広い館内にシャガール三次元の世界が開催されていました。
全作品175点、凄いです。
バレエ「アレコ」の背景画全作4点のうち3点(縦9メートル、横15メートル)を常設する「アレコホール」があって
今回はもう1点を4か月間だけ借りているそうで、全作を見れたことも感動です。

a0309917_23013234.jpg

こちらは有名な奈良美智の作品で青森犬


a0309917_23034861.jpg



盛り沢山の二日間が終わり、3日目の朝。
昨日、山で採って来た山菜が食卓に!
笹タケのお味噌汁、コゴメの胡麻和えと醤油マヨ和え、フキの含め煮
ご主が畑で作っている朝採りのアスパラのバター炒め、野菜サラダも出汁巻玉子もご主人のお手製です。
どれもとても美味しくて、新鮮旬の山菜のお料理は贅沢です。
この後も美味しいコーヒーを淹れていただきましたm(__)m

a0309917_23085538.jpg


そして、ご主人が毎朝、朝食の支度をしてくださっている間、、、
奥様は庭で草を摘んだり、お庭の手入れをしているという(^^)
草1本生えていない、綺麗なお庭に
山野草が生き生きと綺麗に咲いていました。


春蘭が見頃で素晴らしい~
後ろのクマガイソウはもう少し、、
a0309917_23093498.jpg


シラネアオイは青も白もたくさん。種が落ちたところから次々に芽をだしてあちこちに咲いています。
a0309917_23103103.jpg

素晴らしく綺麗です
a0309917_23164708.jpg

サンカヨウでしたか?
a0309917_23111699.jpg


ヒトリシズカも元気よくて大きかった
a0309917_23114365.jpg


イチゲの複輪のようです
a0309917_23311289.jpg

a0309917_23301289.jpg

3色のプリムラはジュリアン?
a0309917_23122349.jpg

a0309917_23124814.jpg


キバナスミレ可愛い~
a0309917_23131037.jpg

白花エンレイソウ  希少ですよね?
a0309917_23141975.jpg


コマクサも咲くの~!?もうびっくりです!

a0309917_23144903.jpg

a0309917_23313692.jpg
お友達からいただいたというクリスマスローズも種を落としては赤ちゃん芽がそこここに出ていました。
綺麗に咲いていますね♪
a0309917_23152030.jpg

a0309917_23160950.jpg


ブラックの花もシックで綺麗ですね。
a0309917_23193991.jpg

a0309917_23235096.jpg


a0309917_23204497.jpg



a0309917_23190617.jpg

a0309917_23231877.jpg



キバナカタクリがちょうど咲き始めたところで、2日間の間にこんなに満開になってくれました。素敵♪
a0309917_23281564.jpg


こうして、たくさんたくさんお世話になって、帰宅する時間になりました。
帰りは船の時間が合わないので全線高速で約8時間(^^)
弘前城公園の桜も、姫ホテイランもシャガールの「アレコ」4点も初めての貴重な体験でした。
そして、美味しくて、楽しくて最高の青森の旅を本当にありがとうございました。




by a-echi8725 | 2018-05-08 22:37 | *********旅行********* | Comments(0)

弘前城の桜


2018年4月28日~30日

27日の夜23時5分新潟出港の新日本海フェリーで秋田港着が朝5時40分。
秋田から車で青森、弘前城まで約3時間。
おそらく日本一と言われる弘前城の桜を一目見学したいと訪ねてみました。
今年の開花はどこでも早くて弘前城のソメイヨシノも散りはじめの情報もありましたが
他の品種や特にしだれ桜が満開であろうととても楽しみにしていました。

朝9時くらいから入場していたのでまだ混雑もなく、
思っていたより静かな雰囲気でゆっくりと歩き、
楽しむことができました。

岩木山も良く見えて半年前にはあの頂上に立っていたと
白く輝く山頂がよく見えて感激です(^^)

a0309917_09470641.jpg





広角レンズを使ってみました。
お濠が広いです!



a0309917_09480852.jpg


ちょうどアオサギくんが濠の中をのぞいていました。



a0309917_09483902.jpg

お濠の堤防は緑が綺麗でタンポポも色を添えて春爛漫です

a0309917_09490129.jpg



ソメイヨシノは散り始めていましたが、
花筏が綺麗です

a0309917_09501250.jpg


しだれ桜は多品種あり、
今が旬の彩で素晴らしく美しく咲いていました!

a0309917_09505695.jpg



a0309917_09512678.jpg

a0309917_09520439.jpg



a0309917_09524714.jpg



弘前城と桜
やはり絵になります!
でも見物人が多くて、写真を切り取るのが大変なのです(^^;;
a0309917_09530945.jpg


お城を見るための展望台があって、たくさんの人が並んでいました。
展望台の上から、さすがにビューポイント!城が美しいたたずまいです。
a0309917_09533325.jpg



城を取り囲むしだれ桜は大木で満開の花が
優美な雰囲気で風に揺れます

a0309917_09544408.jpg




a0309917_09552755.jpg




a0309917_09561458.jpg


a0309917_09563465.jpg




a0309917_09570016.jpg



そして、、花吹雪~♪

a0309917_09581458.jpg



a0309917_09585251.jpg



遊具のある広場ではチューリップが彩り
子供達が遊び、
暖かなな陽だまりで絵を描いている人もいてのどかです(^^)

a0309917_22241919.jpg

a0309917_10011339.jpg


a0309917_10013374.jpg


a0309917_10020420.jpg


風に舞う花びらを帽子に受けて集めようとする子供達(^^)

a0309917_10022979.jpg


お堀にもあとからあとから浮かぶ花びら

a0309917_10030097.jpg


a0309917_10033067.jpg



a0309917_10035622.jpg




a0309917_10054391.jpg


たくさんの種類の枝垂れ桜、美しい花がたくさんありました。

a0309917_10061596.jpg


a0309917_10065194.jpg


a0309917_10071439.jpg


賑やかな太鼓や笛の拍子が聞こえてきたので歩いて行くと
たくさんの人がシートを敷いてお弁当を広げている中で
法被姿の若者たちがねぶたのお囃子を鳴らしていました。
しばらくすると、飛び入りで跳ねる人が次々と、、
青森県人はこのお囃子を聞いたらきっとじっとはしていられないのだろうな~と
中学生?高校生?くらいの若者も
赤ちゃんを抱っこしたママやよちよちの小さい子まで
改めて、ねぶたは青森の宝なのね、と感心します。


a0309917_10074545.jpg





a0309917_10082824.jpg



a0309917_10085371.jpg



a0309917_10091380.jpg



a0309917_10093959.jpg



a0309917_10100736.jpg



a0309917_10103986.jpg



a0309917_10111339.jpg




a0309917_10120258.jpg




a0309917_10122376.jpg




a0309917_10131430.jpg




a0309917_10135638.jpg


お弁当を食べて、お抹茶もお菓子もいただいて
見どころたくさん、桜の木も大きく見事で品種もたくさん
ほんとうに美しい桜を借景も含め色々な角度から見せてもらいました~


by a-echi8725 | 2018-05-07 20:54 | *********旅行********* | Comments(2)

2018年4月28日~30日

GW前半は姫ホテイランに逢いに青森の自然休養林を案内してもらいました。
何年も前からお友達が毎年見せてくれる姫ホテイランに一目逢ってみたかった!
そして、とうとう今年は3連休というチャンスが巡ってきたのです。
ご迷惑なお願いを快諾してくださったお友達のご夫婦には本当に感謝します。

=姫ほていらん=
青森県、北海道に自制し、森林開発や盗掘で数が激減している。
青森県ではヒバ林に生え「ヒバ林の妖精」と呼ばれる。
花名は唇弁が七福神の布袋様に似ることによる。
青森県では最重要希少種Aランク、絶滅危惧1類に選出されている。
(web,net,から抜粋)



a0309917_21121111.jpg




a0309917_21113335.jpg





a0309917_22015529.jpg




a0309917_22025857.jpg






a0309917_21104352.jpg




a0309917_21095454.jpg






ヒバ林の中に入り、しばらく歩くと、雪解け水が清涼なせせらぎをつくり
スミレ、イチゲ、水芭蕉などが咲いて迎えてくれました。
そしてさらに登っていくと、、案内してくれた友人が「あれは?」と見つけてくれたのです!
小さくポチっと薄紫色が見えるか。見えないか。。
小さくて、群生するほどの数もなく、
その日は一か所では11本、2か所目では3本、3か所目では1本しか見つけることができませんでしたが、
その数を見つけることってすごいラッキーなことだと思います!
たぶん、一人では絶対に見つけることはできなかったでしょう。
本当に可愛らしい姿で、背丈は5Cmほど。
花の大きさは2Cmほど、写真は撮るのも不安定な場所で角度も変えられず満足の写真ではありませんが、
実物が見れたのは本当に嬉しかったです。
絶滅危惧が心配されているとのこと、どうかこのままそっと咲き続けていってほしい。
そう願わずにいられませんでした!!






by a-echi8725 | 2018-05-06 22:05 | *********旅行********* | Comments(2)



2018年2月9日~2月12日

しまなみ海道サイクリング~

「瀬戸内しまなみ海道」は西瀬戸自動車道の愛称で、
本州・広島県尾道市と四国・愛媛県今治市を全長70Km
向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島の6つの島を結ぶ架橋ルートです。
今回は今治市のサンライズ糸山始発~尾道港終点で走行しました。
そして↓の完走認定証をもらうことができました!

a0309917_14212804.jpg

9日(金)
夜行バスで新潟巻を19時15分出発

10日(土)
朝、愛媛県今治市到着。
サンライズ糸山「風のレストラン」で朝食の後、自転車レンタル/スタート!!
・・<来島海峡大橋>・・・・「大島道の駅」よしうみいきいき館/休憩・・・
・・<伯方・大島大橋>・・・・「伯方島道の駅」マリンオアシスはかた/休憩・・・
・・<大三島橋>・・・・「大三島道の駅」多々羅しまなみ公園/昼食

雨の為に今日のサイクリングはここで終わり。
バス移動で大山祇神社参拝
(行口島)瀬戸田観光案内所で自由散策・・
平山郁夫美術館見学..レモン工房でお買いもの
(因島)宿泊

a0309917_14593993.jpg

a0309917_15011120.jpg

まだ夜が明けたばかり、7時ころ
霧雨のような雨が降っていて景色も霞んでいましたが、
来島大橋の美しい全景が見えています。

a0309917_23453861.jpg

朝食、ご飯いっぱい食べてエネルギーチャージ完璧!

a0309917_19095827.jpg

自転車とヘルメットはレンタル。
自分に合いそうなものを探して微調整をしてもらいます。
でも、、私の自転車は前輪ギアのチェンジが効かなくて
後々まで苦労しました。
冷たい雨に備えてレインウェア、ネックウォーマー
グローブにはキッチン用のゴム手袋を重ねました。
サイクリングのスタイルとは程遠いもこもこスタイル(笑)

a0309917_10083021.jpg
今日の行程や注意事項など打ち合わせ、準備運動をして出発です。

a0309917_15032095.jpg

来島海峡大橋、7つの橋の中で一番長くて高い橋。
瀬戸内海の景色が霧雨のなか。。。。
青い空と碧い海しか想像していなかったのでここはどこ??みたいな(笑)
でも、走り始めたばかりでまだ自転車にも慣れていないし、
前走する自転車との車間距離などもとったり
かなり緊張して走っていたのであまり景色を見る余裕もなかったのですけどね(^^;;
休憩のときにしか写真撮れないので、疾走する姿を写せないのが残念(笑)
a0309917_15034887.jpg


a0309917_15043364.jpg


来島海峡大橋伯方大島大橋大三島橋を走り
多々羅しまなみ公園のレンタサイクルターミナルに
自転車を駐輪して、雨具、ヘルメットを脱衣して昼食休憩。

小雨だった雨がとうとう本降りになってきて
視界も悪くなり今日のサイクリングはここまでということになりました。

a0309917_15054857.jpg
鯛釜めし、すっごく美味しくて一人前ご飯茶わん2杯いただきました。
食べ過ぎですよね~


ツアーバスは自転車から離れて観光やホテルまで行くときのために
要所要所で待機していてくれます。
また自転車のトラブルや怪我をした場合には対応できるように
別の伴走車もついてきてくれています。


バスに乗って、大山祇神社を参拝
山の神、海の神、戦いの神として全国から崇拝されています。
歴代の朝廷や源氏、平家、などの武将が奉納した武具類は
国宝8点、重文75点を数えるものが保存展示してあるそうです。
大三島が国宝の島とよばれる所以です。
村上海賊(水軍)の話も瀬戸内海の複雑な海流を制し
水先案内として大活躍していたこと大変興味深く思いました。


a0309917_15063020.jpg

a0309917_15071114.jpg

樹齢推定2600年いわれる楠木

a0309917_15073643.jpg

神社からお土産屋さんに続く通りの一角に
「蒸し牡蠣」の暖簾~
3個、500円と書いてあります。
安い~!!
二人分お願いします!
3分ほど待って出てきたトレーの中には8個の牡蠣がありました♪
1個づつおまけがついてハッピー♪
絶妙な塩加減に新鮮なレモンがたまらない美味しさでした(*^^*)

またバスに乗って生口島、瀬戸田町観光案内所によります。

すぐ隣に平山郁夫美術館。
平屋建て敷地の広い大変立派な建物でした。
また内部もいくつもの部屋に幼少のころから書いていた
絵や日記や回想文など、
家族や郷土を愛し、世界の巨匠になっても
原点はやはり生口島であることを思わせます。
ちょうどシルクロード展をやっていて
隅から隅まで感動の連続でした。
a0309917_19202769.jpg


a0309917_19210573.jpg





今日の宿泊は因島に予約してあって、
雨はさらに強くなっていて、バスに揺られて
ホテルに着いたころは真っ暗であたりの様子もわかりませんでした。
a0309917_19491997.jpg



11日(日)
朝食後、レモン農家さんの御好意でレモン狩り、直産の柑橘を購入
昨日の自転車を止めてある多々羅しまなみ公園までバスで戻りサイクリング再開!!
・・<多々良大橋>・・・・生口島
・・<生口橋>・・・・因島「みつばち食堂」/休憩昼食・・
・・<因島大橋>・・・・「向島」・・・
・・向島港~~~<尾道渡船>~~尾道港レンタサイクルターミナル/ゴール!!

尾道・千光寺公園散策の後 山陽岡山道で高梁まで移動、宿泊

a0309917_19191380.jpg

朝、起きてカーテンを開けると朝日が雲の切れ間からのぞいています。
予報通りに今日は晴れてくれそうです!
a0309917_10043635.jpg

昨日は暗くなってから着いたので外の景色は見れなかったけれど
ホテルからは海も良く見えて、
小高いホテルの外周は見晴らし台やベンチなど
公園みたいに整備してあり、時間があればもっとゆっくりしたかったですが。



今日は最初からの予定表の上に昨日残した多々羅大橋を上乗せした行程になるので
急ぎます。
まず最初に向かったのはバスでレモン畑
小高い畑から瀬戸内の景色が綺麗に見えました。
昨日は雨で見えなかった景色が広がっていました。
・・でも時折雪がひらひらと舞ってきたりするのですよ。
今日も一日、昨日より寒くて昨日より風の強い日になりそうです。

a0309917_19281243.jpg
スマホのカメラ設定を知らないうちに触ってしまっていたようで
暗くて綺麗な写真が撮れていなくてガッカリです(TT)
a0309917_10060664.jpg


a0309917_19193078.jpg
レモン収穫♪
このあと、農家さんが軽トラで持ってきてくれた
デコポン、オレンジ、ハッサク、を1個50円でお買い上げ♪
1000円で20個ですよ!
あとで、「箱で買えばよかったね~バスだしね~」と思ったけれど
もう戻れない(笑)

a0309917_19232774.jpg

a0309917_09432441.jpg
多々羅大橋
多々羅しまなみ公園のレンタサイクルターミナルまで戻って、
昨日停めておいた自転車を点検、
今日はお天気は良さそうです。
自転車にも慣れて綺麗な景色を楽しむことができるかな!
でも風がとても強い!!
気を引き締めて走りましょう~
a0309917_19264622.jpg


a0309917_19251277.jpg

a0309917_19262502.jpg
生口島「みつばち」で昼食

a0309917_19273096.jpg
生口橋
a0309917_19282272.jpg

a0309917_19295611.jpg

a0309917_23535295.jpg
いよいよ最後の因島大橋
因島大橋は2層構造
上階を自動車が走っています。
下階は緑色は歩道、黒いほうが自転車で往復ともなのですれ違いには注意!!
a0309917_19302681.jpg
橋を降りると広い砂浜の脇を走ります。
風が強くて止めた自転車が転ぶ。
下っている坂道なのに、前に進まない??

a0309917_19304949.jpg
広い砂浜
青くて綺麗な空と白い雲
深い蒼緑色の海、、
下道を走ると海にもっと近づいて
素晴らしい瀬戸内海を感じることができました。

ここでもカメラが変なことに気がつかないで
せっかく綺麗な場所にであったのに(TT)
サングラスのせいもありますね。

a0309917_19313159.jpg
因島大橋を渡りきると向島は
今まで海岸線を走ってきたのとは違い
街中の信号も多くなりました。

腿膝の疲れがでて、踏ん張る力が弱くなってきています。
信号などで止まるときに地面に足をつくときにバランスをくずしたり
転んでしまう人もいて、もうお尻の痛みも限界でした。

向島港から尾道港までは渡船で自転車ごと乗船します。
a0309917_19344821.jpg

a0309917_19351854.jpg


a0309917_19354230.jpg
尾道港、レンタサイクルターミナル到着。
自転車とヘルメットを返却。

しまなみ海道 70Km 完走おめでとう~♪
みんなで健闘を讃え喜びを分かち合いました!
いえ、大げさではありませんよ、
橋が見えてくると1Km~2Kmも長い登り坂をあえぎながら登ります。
雨の中では顔をうたれ
ヘルメットの中も靴の中も冷たく濡れました。
長い時間、強風に向かって漕ぐときにはお尻が死にそうに痛かったし~(><)
でも終わったときには爽快感でいっぱいでした。

ここで、完走認定書をもらい
記念写真を撮ってもらいました。
(せっかくの新品Tシャツもシューズも出番がなくて、笑)
a0309917_19364776.jpg

尾道港は、以前倉庫だった建物をリノベーションして
素敵なカフェや、おしゃれな雑貨屋さんやショップなどが
立ち並んでいました。
「U2」というそうですよ、時間がなくて立ち寄れなかったのが残念。
a0309917_19370823.jpg

バスで千光寺公園まで。
坂道を歩いて展望台から瀬戸の景色を眺める。

a0309917_20121914.jpg
尾道水道
a0309917_19404703.jpg

島々のあちこちで造船所をみました。

a0309917_19415755.jpg
美しい島、海、町
しっかり目に焼き付けておきます!
a0309917_19423124.jpg
展望台から坂道を下ります。
文学の小道
a0309917_19425550.jpg


三重の塔を前景にして見渡す街並が尾道の印象です。

a0309917_19440715.jpg

猫の細道
a0309917_19443544.jpg

a0309917_19453627.jpg

a0309917_19473511.jpg
尾道市街でまたお土産を買って、、、
いよいよ広島県ともさようなら。



山陽岡山道で高梁市のホテルまで。
夕食は魚料理のお店へ歩いて5分ほど。
a0309917_21514644.jpg

12日(月)

朝食前に備中松山城展望台へ
新雪に化粧された山に浮かぶ備中松山城
ホテルに戻り朝食のあと、岡山後楽園を散策見物

帰路は北陸道は雪の為渋滞の懸念ありで中央道~上信越道~北陸道を走り帰宅



備中の小京都・岡山県高梁(たかはし)市。
ここは、冬の朝、雲海に浮かぶ幻想的な
備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)が人気急上昇のようです。
が、、今回はもっと稀少ではないでしょうか!
a0309917_19555471.jpg

展望台から新雪を冠する備中松山城
望遠レンズ、一眼カメラを持って撮影の人も何人かいらしゃましたよ、
ナイスショット間違いないですよね~
スマホカメラで大きく撮ってみたらこんなになっちゃうのですね、、(TT)
これだったら、普通に撮ってトリミングのほうがましみたいですね(><)
a0309917_19572345.jpg


ホテルに戻って朝食
a0309917_19583068.jpg




さあ、今日はもう新潟に向かって帰る方向です。

途中、岡山後楽園へ観光
岡山城も見えます。
(ごめんなさい、小さくしか写せなくてわからない?^^;;)
a0309917_19590360.jpg


a0309917_20000192.jpg
お茶屋さんがあったのできびだんごとお抹茶でのんびり
a0309917_20005701.jpg

蝋梅が咲き始めていました。
でも例年ならば満開のところ、今年の寒さは例外ですね。
a0309917_20012790.jpg

水仙も、もう少し
a0309917_20014266.jpg
紅梅、白梅もたくさんの木の枝で蕾が開くのを待っています
a0309917_20021395.jpg

a0309917_20023230.jpg
お天気の良い後楽園のお庭をおよそ1時間ほど散歩
水の流れも綺麗で、花の咲く時期にはどれほど見事なことかと思われます。
最後の観光見物も終わり、これで今回の行程はすべて完了です。

a0309917_20030492.jpg
バスに乗り込んで用意してもらったお弁当。
ここで、、車内からざわめきと笑い声。。
「わ~お肉だ!久しぶりだよね~♪」
お気づきだったでしょうか?
10日の朝から毎食お刺身つきの定食、お膳。
朝も昼も夜もとっても美味しいお魚の贅沢なお料理。。

でも、一日1食はB級グルメでもいいよね~
カレーとかラーメンとか、
パンが食べたくて~お土産屋さんでパン買った~とか、、
こんな我がままな声が添乗員さんの耳に届いたでしょうか(笑)

強い寒気団のせいで、37年ぶりの降雪が北陸~東北地方で
猛威をふるっている最中でした。
お土産を買ってはきたけど、、
皆が雪の中で苦労している最中にのんきにサイクリングだったと言えなくて
家族以外には、まだお土産渡せないでいます(汗)


by a-echi8725 | 2018-02-15 23:11 | *********旅行********* | Comments(6)

京都~紅葉の寺庭

2017年11月22日~23日

京都紅葉バスツアー

今回のバスツアーは古都の紅葉を愛でる観光バスツアーです。

まず最初に行ったのはまだ早朝、朝日が昇ったばかりの時間でした。
京都の守護神と“婦道”の守護神を祀る「下鴨神社」。
縁結びや子宝など婦道の御利益も頂けます。
とても静かで豊かな自然の森、木々のパワーが満ちている感じがしました。
深い森に抱かれた社は、古代からの世界遺産です。


紅葉にはもう少し早かったようですが、
大木を見上げながら歩き進むと初々しく色着いたモミジの紅葉などが綺麗でした。

a0309917_19550782.jpg

a0309917_19552357.jpg
a0309917_19553538.jpg
a0309917_19555132.jpg
早朝の森の中で体操をしている人や
写真の方達は太極拳をしているようでした。
いいな~こんなところで毎日散歩したり体操したり、、
a0309917_19554391.jpg
散歩のあとで
おばんざいの朝食

a0309917_21041380.jpg

a0309917_20592615.jpg




つぎに訪ねたのは龍安寺
室町時代に創建された龍安寺は、石庭、枯山水の方丈庭園で有名です。
庫裡の入口に続く階段は素晴らしく色ついたモミジのトンネルの下でした。
a0309917_19562707.jpg
雨上がりの庭園めぐりは綺麗です
a0309917_19580469.jpg

15個の石を点々と並べられた石庭は
座敷のどこから見ても15個全ての石をみることはできないのです、、
でも廊下のある場所、そこからは15個の石をすべてみることができます。
a0309917_19581933.jpg
そしてこの「つくばい」の中心を口という字に見立てると
吾、唯、足、知(ワレタダタルヲシル)と読まれ
石庭とともに禅の格言を謎ときに図案化されたものといえるようです。
a0309917_19583524.jpg
庫裡から出て庭を巡ります。

a0309917_19591722.jpg
広い庭には鏡容池(おしどり池ともよばれる)があり
a0309917_19595978.jpg
a0309917_20002100.jpg

a0309917_20011199.jpg

おしどりが多く訪れるこの池は、5月から7月にかけて、睡蓮の花が咲くころが最も美しいといわれます。
a0309917_20004850.jpg

一瞬、風が吹いて落ち葉舞散る風情
a0309917_20013078.jpg
睡蓮の花の時期もさぞかし素晴らしいでしょうね
南天の実も赤く輝いていました。
a0309917_20022380.jpg
a0309917_20030509.jpg




圓光寺

1601年、徳川家康が教学のために建立したのが圓光寺学校です。
その後二度三度の移転をして現在の洛北に転移したのが1667年です。
寺内には当時出版に使用された日本最古の木製活字五万個(重文)が展示してありました。

a0309917_20034249.jpg


奔龍庭
龍が奔り雲海が煌めくの意図
庭の堺を示す留石などを置かず未完のままにしてあるそうです。
眺める方がその余白を埋め、それぞれのお心の中で完成させていただきたいもの、、だそうです。

a0309917_14415974.jpg



牛を追う牧童の様子が描かれた「十牛図」を題材にして
池泉回遊式庭園です。

a0309917_20061527.jpg
a0309917_20064310.jpg

a0309917_21015638.jpg
十牛図に描かれた牛は、人間が笑まれながらに持っている仏心を表し
牧童が悟りに至るまでの道程であり
懸命に探し求めていた悟りは自らの中にあったという物語だそうです。


上の写真は一緒に行った友人がスマホで撮ってくれたものです。
廊下や座敷に座って静かに眺めてこその景色だとおもうのですが、
紅葉の一番素晴らしい時期にこのお天気、
大勢の見物人がいて、私のカメラではこの構図が撮れなかったので
友人からいただきました。

a0309917_20070195.jpg
a0309917_20073855.jpg
a0309917_20080379.jpg
洛北で最も古い池と言われる栖龍池
a0309917_20101628.jpg
a0309917_20152604.jpg
a0309917_20160203.jpg
a0309917_20162336.jpg
a0309917_20163769.jpg
a0309917_20165249.jpg



水琴窟
一滴、一滴が奏でる澄んだ音色は竹筒に耳を押し当てなくても
近くに寄るだけで聞こえてきました。
心地よい余韻が清涼です。
a0309917_14405867.jpg
紅葉と竹林の中には山手に延びる遊歩道が続き、
鐘堂を過ぎ、階段を上ると山上には徳川家康を祀った東照宮があり、
裏山からは京都市内の展望や上からの「十牛之庭」が一望できます。

a0309917_20171148.jpg





再びバスに乗り昼食へ。

湯葉料理のコース定食
前菜からデザートまでお皿を下げた後に熱々が運ばれ
とても美味しくいただきました。
a0309917_21004768.jpg

実相院
実相院は、特に床に反射した紅葉が映り込む「床もみじ」が有名ですが
撮影が禁止なのであまり撮影した個所がありませんが

a0309917_20172956.jpg

ガイドさんの説明ではこの塀に描かれた五本線は天皇家とゆかりが深く
とても由緒正しく格式が高いことを表しているのだそうです。
a0309917_20174125.jpg

ご本尊は不動明王
a0309917_20180283.jpg
a0309917_20182155.jpg
a0309917_20183259.jpg



今回は下鴨神社の御朱印は早朝だったためにいただくことができませんでしたが
右から順に龍安寺、圓光寺、実相院と三枚いただくことができました。
今度はいいつ行かれのでしょうか、、

a0309917_14055982.jpg




by a-echi8725 | 2017-12-03 15:09 | *********旅行********* | Comments(7)

世界遺産 吉野山を歩く


2017年4月8日 世界遺産吉野山を歩く 

前日の20時過ぎにバスに乗り込み車中泊 
8日朝まだ6時頃に吉野山観光駐車場に到着。
ようやく薄明るくなったころ、雨も止んだばかりの様子。
優しい色の桜、しだれ桜が浮かんで咲くようで綺麗でした。


a0309917_16403717.jpg

吉野山全体を下から上に向かって大体三つの地区に分けてあり、
下から下千本、中千本、上千本、分けてあります。

まず下千本、
歩いて食堂までの道から見える山霞
a0309917_16404702.jpg

a0309917_16410436.jpg
バスで車中泊、眠れていないのですでにやや疲れ気味、、
でもこの景色を見れば疲れも癒され
目もしっかりと覚めてきました(笑)
a0309917_16411877.jpg
a0309917_16413399.jpg

a0309917_16414115.jpg

a0309917_16423247.jpg

a0309917_16424570.jpg
7時を過ぎたばかりのまだ早い時間に
しっかり御膳の朝食を頂き
おなかいっぱい!
さあ!出発です。

a0309917_16432328.jpg
黒門

朝早いので歩く人もまばら。
帰りではここを12時くらい?に通りましたが
すれ違いに肩をぶつけるほどの人混みになっていました。
中千本の観光名所あたりでも凄い混雑になっていて、
桜のシーズンですものね、、、
早朝に限りますね♪
a0309917_16433998.jpg
銅の鳥居

銅と書いて(くろのとりい)と読みます。
発心門とも呼ばれ、ここで修行の道に入ることを決心するという
俗世間から浄土への入り口とされているそうです。

奥千本を通り、熊野大社までの熊野古道と呼ばれる修険道の
最初の鳥居ということです。
a0309917_16435926.jpg
世界遺産
蔵王堂
ちょうど蔵王権現像3体の御開帳ということもあって
有り難く、ご参拝させていただくことができました。
拝観料は1000円です。

a0309917_16441757.jpg


東南院としだれ桜


a0309917_16443807.jpg


喜蔵院のしだれ桜


a0309917_16450860.jpg
中千本あたりから見える山並み


a0309917_16473771.jpg
吉水神社の境内から見渡せる
「一目千本桜」と呼ばれる場所です、、
が、まだ山桜は蕾が膨らんだばかりでしょうか、、
「吉野の桜」の代表名所なだけに期待していた分残念でした。

a0309917_16445798.jpg


a0309917_16455430.jpg
上千本に入ったあたり
花矢倉展望台から
手前の桜、、咲いていたらどんなに見ごたえがあったことでしょう~




a0309917_16461064.jpg

吉野水分神社鳥居



a0309917_16462428.jpg


世界遺産
吉野水分神社(みまくり神社)




a0309917_16464291.jpg
a0309917_16465806.jpg
a0309917_16454053.jpg
時々歩いてきた道を振り返ると蔵王堂が山の中央に。
a0309917_16452165.jpg

全部!桜の木なのに!(泣笑)
こんなふうに宿り木がぽんぽん見えるのも今の季節ならでは?


a0309917_16481171.jpg

日当たりのよい斜面にはほんのり色付いた桜が、、



a0309917_16483356.jpg


山道は上千本の金峯神社までずっと舗装してあるので
雨でぬかるむとかの心配はないけれど、足には優しくないです。
そして、やっとここからが
「修行門」
写真ではそうでもないけれど結構な登り坂です。
ハイキングで募集したツアーだったのもあり?
数名がリタイア。
ココで待ってますからと(笑)


そしていよいよ
金峯神社(世界遺産)到着

え?ええ~?写真撮っていませんでした(^^;;

少し脇道に下りて
義経隠れ塔

a0309917_16485830.jpg
ここから先は奥千本と呼ばれ入山すると熊野大社まで続く
熊野古道、そのものが世界遺産なのですね。




長いアスファルトの下り坂は足が疲れました~
休憩も入れて、約3時間で往復。
帰りは中千本あたりで自由時間。
さくらソフト食べたり
お土産屋さんでお買いものしたり、
綺麗なものや可愛いものや美味しいものを見たり探したり
楽しいですよね♪
あっと言う間に集合時間!
最後は走ってバスに辿りつくという、、ここが一番きつかった(笑)
無事、間に会ったということで
美味しいお弁当ににも辿りつきました♪
a0309917_14212972.jpg

by a-echi8725 | 2017-04-12 17:11 | *********旅行********* | Comments(0)

3月19日~21日 
熊野古道散策から伊勢神宮詣

お彼岸の連休を利用して、ツアー旅行に行ってきました。
出発は新潟港から新日本海フェリー乗船(16:30)、敦賀港に翌朝(5:30)下船。

a0309917_21524122.jpg


a0309917_21535889.jpg


バスで北陸道~新名神道~伊勢道の海山IC(9:10)まで。
は~い!なが~いい道のりでした(笑)

海山ICからほど近い「道の駅海山(みやま)」の駐車場から
熊野古道「馬越峠(まごせとうげ)」のハイキングコースになります。

a0309917_2232370.jpg


まずは自身の覚書でもあるので、
ガイドブックより、熊野古道伊勢路について  


平成16年7月7日に、熊野古道を含む「紀伊山地の霊場と山詣道」が
世界遺産リストに登録されました。
熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に参るための道。
伊勢から、吉野から、高野山から、京都からと幾筋からのルートがありましたが
代表的なものが紀伊半島を西回りする「紀伊路」と、東回りの「伊勢路」でした。
紀伊路は平安中期から鎌倉期にかけて法皇らの御幸ルートで
これに対し、江戸時代以降盛んに歩かれるようになった伊勢路は
伊勢参宮を終えた旅人や西国三十三か所巡りの巡礼たちが辿った、いわば庶民の路。
いくつもの険しい峠を越えて、あこがれの地・熊野を目指した道です。

以上「東紀州地域振興公社」発行より抜粋


伊勢路は距離では150Kmほどになるのでしょうか?
24のルートに分かれ名前がついていますが、
今回私達が歩いたのは、
「馬越峠・まごせとうげ」5.2Kmだけですが
重厚な自然石が折り重なるように敷き詰められた石畳と
檜、杉の木の間を木漏れ日が射し、美しい道でした。
また、旅の安全を祈願のために建立されたお地蔵様や
石仏などが随所にあり見どころもたくさんありました。
石畳は日本でもトップクラスの雨量を誇る尾鷲(おわせ)の雨から道を守ってきたのだそうです。

馬越峠ルート・世界遺産
a0309917_2254496.jpg


石橋と石畳
a0309917_226565.jpg


a0309917_227162.jpg


a0309917_2273052.jpg


夜泣き地蔵
a0309917_229644.jpg


馬越峠
a0309917_2295494.jpg


可涼園桃乙の石碑があり「夜は花の上に音あり山の水」と詠まれていました。
あれ、、写真撮り忘れたようです(^^;;
ここからは下りになります。
a0309917_22125648.jpg


a0309917_22155689.jpg


a0309917_22162355.jpg



馬越公園展望台に到着
a0309917_22104965.jpg


a0309917_2211619.jpg



公園の高台から尾鷲の町が見渡せました。
三田火力発電所だそうです。
a0309917_2211252.jpg


馬越峠の終点
お疲れ様でした~(^^)
a0309917_2221287.jpg


尾鷲神社
樹齢千年ともいわれる大楠の木が大変立派でした。
a0309917_22215865.jpg


a0309917_22222294.jpg


御朱印帳に記帳していただきました。
美しい文字、墨の香、、心が落ち着きます。



尾鷲駅終着またバスに乗り、伊勢神宮に向かいました。


伊勢神宮は外宮からお参りします。

伊勢神宮の正式名称は「神宮」といい
皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)があります。

豊受大神宮(外宮)
表参道から歩き、火除け橋を渡り、手水舎で清め鳥居に一礼して入ります。

a0309917_14223934.jpg


この日は午後の3:00過ぎ。
でも休日だというのに神宮の参道は人も疎らで静かでした。
ガイドさんの声もよく聞こえて厳かな雰囲気に感動しました。
a0309917_14251397.jpg


外宮と内宮の正宮を中心に
境内には十四所の別宮、ほかに摂社、末社、所管社とよばれる建物が
あり、見どころはたくさん。ガイドさんは時間の中でよく説明してくださいましたが、
たくさん過ぎて、、、(^^;;
でも「風宮」「土宮」などなど、、、
そこかしこに神を感じるのはやはり日本人だからでしょうか。
a0309917_1429717.jpg


a0309917_14301212.jpg


 橙の実 普通のみかんの大きさでした@@
a0309917_14304156.jpg


a0309917_14322494.jpg


a0309917_1434865.jpg


a0309917_14343774.jpg


a0309917_14345851.jpg


a0309917_14352396.jpg



さて、
フェリーで寝て起きて、朝から歩いて、日が暮れました。
宿泊はシティホテルでしたが、夕食の御膳はいつもなら食べきれないほど、
でもたくさん動いた後の食事はまた格別に美味しいものです♪
全部たいらげて、ごちそうさまでした♪
a0309917_1514830.jpg


翌朝も素晴らしいお天気で朝焼けも美しかった!
a0309917_15111391.jpg


今日は、いよいよ内宮詣です。
朝は8時出発で神宮の駐車場に着いたのが8時30分くらい。
なんと~バスは一番のり、乗用車も3~4台といったふうで今日もまたひっそりとしています。

a0309917_15142386.jpg


a0309917_1515251.jpg


遷宮の頃にテレビなどの放送を見て、たくさんの人で橋がこわれるのでは?
と思うほどに込み合っていたように思っていたのですが、、(^^)
a0309917_15153172.jpg


五十鈴川で手を清め
a0309917_15171389.jpg


a0309917_15182059.jpg


a0309917_15193236.jpg


a0309917_15195839.jpg


a0309917_15205033.jpg


a0309917_15211266.jpg


a0309917_15213959.jpg


a0309917_1522624.jpg


a0309917_15222742.jpg


a0309917_15225343.jpg


そして、また美味しいものを食べて
a0309917_15243869.jpg


最後はおかげ横丁でお土産を買って
a0309917_15233491.jpg


歩いて史跡に触れ
参拝して身心を清め?
美味しいものを食べて
楽しい旅でした。
今回は妹と一緒の旅、一度は伊勢にと思いが叶い良い記念になりました。
by a-echi8725 | 2016-03-31 15:38 | *********旅行********* | Comments(2)

白馬五竜自然植物園

7月19日、台風も消滅してなんとか雨にも降られずドライブに出かけることができました。
今回は、山登りなどする気もしたこともない娘と5歳の孫と83歳の義母との
ドライブ(片道休憩含み3時間半)&ゴンドラ散歩です。
長野県白馬五竜スキー場にあるエスカルプラザから五竜テレキャビン(ゴンドラ)に乗り
8分でアルプス平駅到着混まないうちに昼食を。
おすすめのサラダ蕎麦は炊き込みご飯とセットで
とてもおいしくて、時間が過ぎたころには売り切れ。
早めの判断で大正解~(^^)
その後にアルプス平広場周辺をゆっくり高山植物のお花見。
雲の切れ間に見渡せば残雪の白馬岳や妙高山や遠くは中央アルプス、
下を見下ろせば白馬の町も小さくみえます。
デッキにでてパラソルの下で持ち込みのおやつを食べ
注文してから豆を挽いて入れてくれる美味しいコーヒーやソフトクリームを食べたり
約3時間ほど高原の涼しさを満喫できました。


写真を撮ってこなかったので、サイトをリンクしてご紹介しますね。

白馬五竜自然植物園



何といっても珍しさと美しさで人気なのが、
ヒマラヤの青いケシ、、、と呼ばれるメコノプシス。
青いケシといっても何種かの種類があるようでした。

a0309917_16154977.jpg


a0309917_16162518.jpg


a0309917_1616529.jpg


a0309917_16173343.jpg


a0309917_16182680.jpg


a0309917_16191516.jpg


黄色のケシはメコノプシス・カンブリカ
a0309917_16213828.jpg


a0309917_16195036.jpg


a0309917_16201678.jpg


所々に名前や説明のカンバンがあったりします(*^^*)
a0309917_16205091.jpg



コマクサの大群生
a0309917_16305688.jpg


a0309917_1632553.jpg


a0309917_16332456.jpg



a0309917_1711928.jpg


a0309917_1713970.jpg


a0309917_1722684.jpg


ヒオウギアヤメ
a0309917_173077.jpg


チングルマの果穂
a0309917_1734121.jpg


a0309917_1742010.jpg


a0309917_1745058.jpg


a0309917_1751264.jpg


a0309917_1753199.jpg


ミヤマアズマギク
a0309917_1761975.jpg


オダマキ
a0309917_1763885.jpg


タテヤマウツボグサ
a0309917_1771549.jpg


トリアシショウマ
a0309917_1774087.jpg


イブキジャコウソウ
a0309917_178277.jpg


ハクサンフウロ
a0309917_1785335.jpg


ニッコウキスゲ
a0309917_1793523.jpg


ヒオウギアヤメ (白)
a0309917_1710215.jpg


テガタチドリ
a0309917_1710579.jpg


ヤナギランにトンボ
a0309917_171134100.jpg


ハナチダケサシ
a0309917_17121619.jpg


オニアザミ
a0309917_17124011.jpg


ササユリ
a0309917_17132163.jpg


エーデルワイス
a0309917_17134419.jpg


ノウゴウイチゴ
a0309917_1714714.jpg


ノハナショウブ
a0309917_17142963.jpg


イブキジャコウソウ と シジミ蝶
a0309917_1715066.jpg


a0309917_17152046.jpg


ノハナショウブ
a0309917_17154769.jpg


シコタンソウ
a0309917_17162375.jpg


ギボウシ
a0309917_1716514.jpg


ミヤココウゾリナ
a0309917_17171618.jpg


プリムラ・セクンデイフロウ
a0309917_17174260.jpg


ノビネチドリ
a0309917_1718632.jpg


コオニユリ
a0309917_17183627.jpg


ヤマホタルブクロ
a0309917_1719253.jpg


タテヤマウツボグサ
a0309917_17194263.jpg


a0309917_17201153.jpg


a0309917_17203457.jpg


a0309917_17212077.jpg


a0309917_17214799.jpg





とても楽しい休日でした。
でも、今度来るときはリュックを担いで小遠見山(2007m)まで登りますよ♪
by a-echi8725 | 2015-07-21 21:31 | *********旅行********* | Comments(4)

八ヶ岳~軽井沢の旅

八ヶ岳~軽井沢の旅行
2日目

天気予報では晴れのはずだったのに、朝起きたら雨が降っていておどろきました。
外気温は13度くらい。寒い!
カーテンをあけると窓の外は少し紅葉のはじまった楓の葉が雨に濡れてとても綺麗でした。

a0309917_21563222.jpg



ホテルの朝食が8:00だというので、朝食の前に林道をドライブして白糸の滝まで行ってみました。
実はここは今年の春、写真友と一緒に来たところでした。
伏流水が流れ落ちるこの滝は、細く白い流れがレースのカーテンのようで、
とても雰囲気が好きな滝です。そして伏流水なので地層で漉された水が澄んでとても綺麗なのです。

a0309917_21585471.jpg


ところが、先日の記録的な雨はここにも爪痕を残していたのです。
大木が倒れているのを見て、自然の脅威に驚きました。

a0309917_2223985.jpg


雨にぬれたりして風邪をひきそうです。
さあ、暖かい朝食がまっているホテルに戻りましょう。
焼きたてのパン、地産の高原野菜のサラダ、旬のリンゴ、オレンジジュースも
丁寧に皮を剥いて絞ってあるのがわかります。
濃厚な牛乳に香高いコーヒー!美味しい朝食でした♪

チェックアウトをしてまだ商店街も開いていないので
碓氷峠見晴らし台近くにある熊野皇大神社を参拝に。。
車を鳥居手前の駐車場にバックで止めるために少し行き過ぎるとカーナビが
「群馬県に入りました」とアナウンスするではありませんか!!
なんと、、、

a0309917_22181971.jpg


参道の真ん中が県境になっているではありませんか!!
そのため境内も拝殿も二つに分かれ、
写真  左::熊野皇大神社=長野県
     右::熊野神社=群馬県
もちろん宮司さんもお二人です。

a0309917_22244629.jpg


御神木のシナノキ は長野県の天然記念物で樹齢約850年とか。
荘厳でもあり、霧がなお神秘的な雰囲気を醸し出しています。
パワースポットとして人気を集めています。

a0309917_22322360.jpg


最近ちょっと趣味の範囲になっている、御朱印帳を記帳してもらい(^^)
山を下り、街におりて、軽井沢銀座と呼ばれる商店街を2時間ほど散歩。
なにせ、、3歳児を連れているものですからゆっくり物色もできず
そこで買ったものは、いつも新潟で買っているルピシアLUPICIAの紅茶。
でも軽井沢限定品があるはず!そうです、「軽井沢ブルーベリー&ダージリン」
「軽井沢アップル&ダージリン」を試飲、おいしかったので即購入。
あと、ウーロン茶は「鉄観音」そして、八ヶ岳倶楽部で飲んだフルーツティーを作ってみたくて
「ニルギリ」を。あとは、美味しいフルーツをさがさなくては(^^)
そして、お豆のお店で紅茶のお供になるお菓子を買ったのでした。

帰宅を考えるとそろそろ移動しなくてはいけません。
後ろ髪をひかれつつ、、
次の目的地はタリアセン
広い敷地内には池がありボートで遊ぶこともできます。
美術館もレストランもあり、シーズンにはさぞかし混雑していたことでしょうが
寒いせいか雨のせいかひっそりしていて、おかげ様でカモさんとたくさん遊ぶことができました(笑)

a0309917_23153089.jpg


a0309917_23154581.jpg


そして隣にあるムーゼの森

「軽井沢絵本の森美術館」「エルツおもちゃ博物館」「ピクチャレスク・ガーデン」を擁するミュージアム・パークです。おもちゃ博物館は撮影禁止でした。絵本の森美術館は手にとっては眺めたり読んだり、楽しみにしていたピクチャレスク・ガーデンは3歳児の手をひきながら傘をさしながら、、
もうカメラを持つことをあきらめていたので、ここの画像はありません。
紹介できなくて残念ですが、そんなこんなで色々見て回ったのですが、
本来なら2泊以上はほしいところです。
消化不良ではありますが、、、そうやって、私たちは軽井沢をあとに帰路をとりました。
碓氷軽井沢IC向きの道路は地獄のような渋滞です。
帰りは関越自動車道を考えていたけれど、やはり佐久ICから長野自動車道を選びました。
おかげで、また北陸自動車道にて、素晴らしい夕焼けの景色をみて、
今回の旅行の締めくくりができました。

a0309917_23314185.jpg

by a-echi8725 | 2013-09-26 22:55 | *********旅行********* | Comments(2)

もう9月も終わろうとしています。
また久しぶりの更新になりました

8月のお盆明け、ママが体調を崩し急に入院することになり、
私は、仕事は一日3~4時間くらいで、なんとかこなし
仕事2割、家事3割、子守5割くらいでドタバタとやり過ごし
実際座る間もなくとは本当のことでした。
やっと退院して元の生活にもどりつつあります。
家族だれが病気でも、大変ですが
まだ、孫達が小さいのでママも孫達もつらかったでしょうね。
治療は先生と本人の力に任せるしかないのですが、
私はママや子供達がさみしくないようにと、心をつくすことしかできませんでした。
ママが元気になって退院して、家族が揃ってみんなで過ごせるようになって、
本当によかった。


さて、そんな訳ありの一ケ月余りでしたが、
その間、季節の良いときにと、登山を2回ほど計画していましたが、
残念ながらキャンセルしていました。
今回9月22日~23日には毎年妹と末娘と外孫と行く旅行を春から予定していて、
どうしようかと思っていたけれどママの調子も大丈夫ということで、
八ヶ岳~軽井沢の一泊旅行を楽しんできました。


1日目::中央自動車道=小渕沢インターより八ヶ岳倶楽部&萌木の村。
      そこから141号線で佐野南IC~碓氷軽井沢IC=北軽井沢(ホテル)


最初に八ヶ岳倶楽部。あまりにも有名ですが私は今回初めて訪ねることができました。
雑木林の中は少し早めに秋が始まっていました。

a0309917_2311510.jpg


a0309917_2315193.jpg


a0309917_2322796.jpg


a0309917_2324247.jpg


a0309917_2331475.jpg


a0309917_2351072.jpg


a0309917_2355036.jpg


a0309917_2362041.jpg


a0309917_237361.jpg


萌木の村ではハロウィンの飾りが素敵でした。
森の中でメリーゴーランドに乗れる雰囲気を味わいにいきましたが、
広い敷地内では大型犬もたくさんいて、みんなおとなしく、ゆうゆうと散歩したり、
子供たちは駆けたりシャボン玉で遊んでいたり、
ショップもたくさんあって、飽きずに遊んでいました。

a0309917_23212560.jpg


a0309917_23214285.jpg


a0309917_23222454.jpg


a0309917_23225478.jpg


a0309917_2323302.jpg


今回は家族旅行ということで、スナップ写真ばかりで、
まともに風景を撮っていなかったことに気がつきました。
3歳児がじっとしていなくて、こっちも手ブレの写真で恥ずかしい。。

今日はここまで。次回軽井沢方面のスナップ?をお届けしようと思います。
by a-echi8725 | 2013-09-25 23:34 | *********旅行********* | Comments(0)