カテゴリ:八木ヶ鼻~袴腰山( 1 )


2017年5月21日(日) 快晴

八木ヶ鼻駐車場着9:50・・登山口10:20・・八木ヶ鼻頂上10:50・・
・・袴腰山頂上12:45(昼食休憩)13:18・・
・・高城城址 13:45・・ヒメサユリの小路入口15:10・・
・・駐車場(シャトルバス)→八木ヶ鼻駐車場15:40


a0309917_21264030.jpg

新潟景勝百選にも選ばれている八木ヶ鼻
以前はクライマーのよじ登る姿もあったそうですよ@@~
今はハヤブサの営巣に悪影響があるとして自粛されているそうです。
あのそそり立つ岩壁の上が八木ヶ鼻の頂上。


国道289号沿いに広い駐車場があり、トイレも完備しています。
国道を挟んで反対側が登山口。
登山口前にも数台の駐車ができるので日陰になっているそちらに車を止めました。

a0309917_21280356.jpg


a0309917_21283405.jpg

青く高い空の下。
山にはフジの花、ヤマツツジ、ドウダン、ウツギ、ナナカマド
などの花が咲き、山全体が甘く匂いたっているようでした。
しかし真夏日という気温の中で里山の登山は汗だく!
熱中症に気をつけて水分補給はこまめに摂って!

a0309917_21290846.jpg

a0309917_21291835.jpg
最初は鬱蒼と茂った杉林の中を進み、右に折れるとすぐ尾根にでて
30分ほどで八木ヶ鼻の頂上。
守門岳がまだ残雪を被り美しい姿を見せてくれます。
田植えの終わったばかりの田んぼは水鏡のように空を映して
五月晴れの日本の里山という風景ではありませんか!?

a0309917_21294169.jpg
八木ヶ鼻を背に少し戻り、登ってきた分技をまっすぐ登って
袴腰山に向かいます。
後ろ(東)を見れば守門岳
a0309917_22075591.jpg
北方向には粟が岳
しばらく尾根が続き風景は見飽きることがありません。

a0309917_21312004.jpg
a0309917_21314796.jpg

袴腰山頂あと少しというところの急登がきつかったけれど
登りきってみるとわりと広い頂上で
木陰もあるので、涼しい場所を選んでお弁当休憩をしました。
やはり守門岳が綺麗に見えます♪

a0309917_21321671.jpg
袴腰山頂三角点 お約束のタッチ
a0309917_21515124.jpg
高城城址までは下り坂の急な個所も少しあります。
下りは土が乾いて細かい砂?みたいになっていると滑りやすいので注意しながら歩きます。
30分ほどで城址広場に到着、ちょうど水分補給に良い時間なので休憩。
午後になって少し風が吹いてきたみたい。
ここから下りはヒメサユリの小径と呼ばれるようですが、
しばらくはお花咲いていないな~と思っていたら
小さい紫の姫シャガ
綺麗~可愛い~
このあたりは姫シャガの道というらしい。。
a0309917_21405083.jpg
 


a0309917_21460482.jpg
しばらく歩くとポツリポツリと一輪、二輪といったふうにヒメサユリ見えてきました。
目立たないけれど近くにはまだ蕾がいっぱい。
今年は、開花が遅れているとすれ違う人からも聞きました。
a0309917_22083841.jpg
この時間、激しい直射日光では写真が難しい。
同行者には自分のペースで先に歩いてねといって
私は、ちょっと露出などを変えながら、色々試して撮ってみました。
優しいヒメサユリの表情が写せたかな~(*^^*)

a0309917_21423833.jpg

a0309917_21425096.jpg

a0309917_21430889.jpg

a0309917_21432253.jpg


たっぷりヒメサユリと遊んでもらってヒメサユリの小径を下りきって
アスファルトを5分ほど歩くとシャトルバスの駐車場があります。
自販機で買った冷たい飲み物を飲み干して!
今日のお山遊びはおしまい。
シャトルバスの出発までの時間を八木ヶ鼻駐車場まで歩いてみました。
10分くらいかな?歩いたところでバスに拾ってもらって。
どんだけ、歩きたいんだ?自分達!
同行の友人と笑いながら、
綺麗な景色だね~素敵な山だったね~楽しかったね~と繰り返しながら


a0309917_21433668.jpg

↑道路脇には普通のシャガも咲いていました。


最後に切り立つ岩壁の八木ヶ鼻の写真を撮り損ねたと
勇姿の撮れる場所をぐるりと回って、これで良し(笑)

a0309917_21272813.jpg

by a-echi8725 | 2017-05-22 18:23 | 八木ヶ鼻~袴腰山 | Comments(2)