カテゴリ:磐梯山( 2 )

磐梯山だけ晴れマーク

2017年9月16日(土) 磐梯山1816m

大型台風18号は3連休に日本列島を縦断するもよう、
3連休に登ろうと思っていた北アルプス登山を断念。
でも天気予報を見ると東北方面なら土曜日1日だけならまだ大丈夫。
急に思い立ったので、朝は家族の朝食の片付けをしてからの出発で
八方台登山口近くに着いたのは午前10時前頃です。
着いてみるとびっくり!
ゴールドラインは駐車場手前から路肩駐車が並び、第二駐車場も第一駐車場も満杯。
通り過ぎて警備員にしたがって路肩に並べてくださいと言われます。
どんどん先に行ってもカーブを過ぎるとまた満杯に並んで、、
素直に従っていると2Kmほども先の路肩まで連れていかされてしまいます。
途中、ちょっと失礼してなんとか車を止めることができました@@~
なんか、、山登りたい人大勢いるんだな~
みんな同じこと考えるみたいと思いました(^^)

登山届を書いて、出発したのは10時27分になっていました。
a0309917_13370353.jpg
最初は広くて歩きやすいブナの森です。
濃い緑の静かな森。
あれだけの車が止まってどれだけの人数が入山しているのかと思われますが、
時間帯が遅いので、、、まだ静かです。
a0309917_14244514.jpg
中の湯温泉を過ぎたあたりからは粘土質の道がぬかるんできます。
木の根を跨いだり、岩ゴロゴロを踏み込んだり、狭くて見晴のない
なかなかの険しさなのですが、結構安易に考えて登ってくる人も見掛けます。
以前には、スニーカーに傘を持ったカップルさんが途中まで登ってきて
帰っていかれるのをみました。


中間展望所あたりまでくると見晴しがよくなってきます。
a0309917_12513292.jpg




a0309917_12521586.jpg




a0309917_12522815.jpg





a0309917_12524473.jpg




a0309917_12533101.jpg




a0309917_12534969.jpg



雲の様子が気になります。
とりあえず、先に頂上に行ってから帰りにお花畑を回るコースにします。
a0309917_12543396.jpg



a0309917_12544973.jpg





a0309917_12550975.jpg




a0309917_12552741.jpg






弘法清水分岐
ここまでにもすれ違い道の譲りあいはやはり結構ありましたが
ここにきて、時間は11:50。
弘法清水小屋は2つの小屋と広い休憩場所があって
上からどんどん下山してくる団体さんや小学生の遠足などで、
込み合っていました。
小休止

a0309917_12160338.jpg




a0309917_12555166.jpg



a0309917_12564208.jpg

弘法清水分岐から頂上までは高度であと180mほどしかないのですが
ここから急登が続きます。


コースタイムでは25分のところですが、
大勢の人がすれ違うので何度も立ち止まるので
35分かかって頂上到着
12:36でした。
頂上もたくさんの人で賑わっていましたが、
途中ですれ違った方達が去ったあとだから
まだ座るところあってよかったね(^^;;
a0309917_13433567.jpg

春に強風とガスの中、何もみることができなかった山頂からの風景
やっと見ることができて嬉しい♪
あの日、恐る恐る四つんばいになってタッチした三角点、
今日は白馬くんも記念写真。
a0309917_13435333.jpg

桧原湖
a0309917_12583266.jpg
猫魔スキー場方面、右奥に雄国沼がチラと見えました。
今日も猫魔岳まで行けなかったけど、
来春ニッコウキスゲの頃のお楽しみにしておきます♪
a0309917_12580331.jpg
アルツ磐梯スキー場方面
a0309917_12571741.jpg

喜多方市、西会津方面でしょうか、
稲穂が色づいて美しい会津盆地が見えます。
a0309917_12573553.jpg




a0309917_13445212.jpg



下り、弘法清水小屋で休憩。
頂上でも雲が出てきて猪苗代湖が見えませんでした。
ここの広場からも大きな猪苗代湖がみえたばずが
やっぱり雲の中、残念でした。
a0309917_12562298.jpg

そして、登りで行かなかったコースのお花畑コース
こちらは、磐梯山の噴火口の荒々しさが向き出た山肌です。
ここも春には何も見えなかったので初めてみる景色に感動!
磐梯山て、、すごい、、

a0309917_12590558.jpg




a0309917_12592753.jpg




a0309917_12595099.jpg




a0309917_13001124.jpg




a0309917_13003561.jpg

磐梯山のノゾキ
a0309917_13005830.jpg




a0309917_13011742.jpg

裏磐梯の裾野に広がる湖群
一番大きな桧原湖から右は小野川湖、
a0309917_13014524.jpg
小野川湖のもっと右が秋元湖なのかな?
五色沼はもっと手前だと思う、、見えないのかな?
写真左の下に銅沼
a0309917_13020517.jpg





a0309917_13375090.jpg

中の湯跡、廃屋
a0309917_13385143.jpg
行くときには素通りした源泉に寄ってみました。
a0309917_13023329.jpg

いくつかの池があったけれど、唯一ここだけが熱い湯が湧いていて
計ってはいなけれど感触では42度くらいがありそう?
ほら、あったかいのがぶくぶくしてますよ。
自宅お風呂の湯船より小さ目でした(笑)

a0309917_13024990.jpg



中の湯跡をすぎればまたブナ林の広い林道で
20分も歩けば登山口に到着です。

a0309917_13031376.jpg



磐梯山て往復4時間半ほどの時間で小学生でも軽く登れる
お手軽登山のできる山、、そんなイメージでいたのが申し訳ない思いです。
考えてみれば標高も谷川岳とたいして変わらない高さあるわけで。
緑深く、多くの水を抱き、生命力あふれる森と
一方で荒々しい噴火の痕を残しまたそこからも小さな命の復活を始めようとする
力強さを併せ持つ変化にとんだ素晴らしい山!

やはり山登りは足が頂上を踏んだだけでは足りないもの。。
お天気良い日に景色が見れて、咲いている花を見て、風に吹かれ
自然にふれてこそ実感が伴うものです。
そして一緒に語りながら歩き、頂上で喜びを共感して美味しいお弁当を食べる。
ゆっくりのんびりだけど、それが私たちの山を楽しむスタイルなんだと思います。
ね、クリちゃん!
今日も一緒にありがとう~(^^)/

a0309917_13424802.jpg
15:39
駐車場は朝の混雑から解放されてすっきりしていました。
私たちの車はここには止まれなかったけどね~(笑)



八方台登山口10:27・・・中の湯温泉跡10:52・・・中間展望所11:11
弘法清水分岐11:52(10分休憩)・・・頂上12:35(63分休憩)
下山=山頂13:38・・・弘法清水小屋1:56・・・お花畑・・・展望所2:47
中の湯温泉跡3:15・・・八方台登山口15:39

5時間12分(苦笑)

by a-echi8725 | 2017-09-18 15:04 | 磐梯山 | Comments(2)

磐梯山

2017年6月4日(日) 磐梯山(1818.6m)


別の山へ行くはずのツアーが不催行になって空いた日曜日
近くていつでも行けそうでなかなか行けなかった磐梯山へ行ってきました。
八方台登山口まで自宅から1時間半、こんなに近いんだ~

でも天気は先週の那須岳の時以上の強風ときて、気温は頂上付近2℃とあります。
完全防寒対策で歩き始めました。
が、やはり登り口では重ね着はやや暑い、でも霧雨が降っている。
中着を脱いで雨具を着る、
また上ではフリースを着て雨具を重ねる、
何度も着変えをしました。


a0309917_14560830.jpg



中腹のあたりは新緑のブナ林が霧の中でとっても綺麗
a0309917_14563639.jpg




「ふわっと咲けばアカヤシオ、濃い低木ならムラサキヤシオ、葉が3枚ならトウゴクミツバ」
とありますが、ふわっと咲いているのだけれど花と葉が一緒だからアカヤシオではない?
葉が3枚かどうか?確認できないけどトウゴクミツバなのかな?
とても優しいピンク色の花が所々でふわっと咲いて目を楽しませてくれます。
a0309917_14570886.jpg



中の湯
硫黄の湧く匂いで近くなる前から温泉がわかります。
以前あった温泉宿が廃墟になったまま、、寂しい雰囲気です。
a0309917_14573133.jpg



1700m位まで登ると、ダテカンバと笹薮の間に桜の木がいっぱい!
ちょうど満開という時期らしく綺麗な花びらを霧雨の露を受けて俯いていました。

a0309917_14575951.jpg

頂上間際では風も台風なみ、しゃがみながら一歩づつ足を前に出し
やっと捉えた三角点
当然、周りの景色など見えるわけもなく、直ちに撤退(TT)
a0309917_14582079.jpg

頂上には鈴やバッジなどを売っている小さな小屋がありました。
わずかな板壁を風避けにしゃがんで休んでいる人が5~6人くらい。
そろって、寒いですね~!風強くて立てないですよね、とか!
バッジを買うのに小屋を覗くとちょっとしたスペースがありました。
お邪魔していいですか?
どうぞ、いいですよ。
ありがとうございます!
そこでやっと一息つくことができました。
あ、お昼弁当も食べることができました。
小屋、ありがたかったです。


それでも、雨が降るというところまではなかったので順調に下山して、
車に戻ってから冷めないポットに入れた熱々のお湯でコーヒーを飲んでほっとしました。
天気よかったら、登山口道路挟んで反対から猫魔岳にも登りたかったけれど
今日はあきらめよう。展望悪いしね。
今度は雄沼のニッコウキスゲの頃にね。


ゴールドラインを一周するように行先を決めて
何年かぶりで五色沼にも立ち寄り。
相変わらずに美しい湖水の色。
対岸、五色沼の背景に見えるはずの磐梯山は文字通り雲隠れ
a0309917_14590167.jpg

八方台登山口出発8:30・・・中の湯8:50・・頂上10:29
下山11:05・・八方台登山口12:39
a0309917_14593395.jpg

by a-echi8725 | 2017-06-06 17:07 | 磐梯山 | Comments(2)