2018年8月5日(日)晴天
谷川岳(オキの耳1,977m)~一ノ倉岳(1,974m)~茂倉岳(1,977.9m)縦走




谷川岳ロープウェイ土合駅から乗って天神平駅で降りる
ここから、スキー場、天神峠までリフトが出ていますが
天神尾根登山口はここから。
谷川岳トマ、オキ、双耳が迎えてくれます。

a0309917_06054053.jpg





湯檜曽川を挟んで対峙する白毛門、笠が岳、朝日岳、清水峠~

a0309917_16584025.jpg



申し分のない青空
ちょっと前の天気予報では、雨模様と、、、
それが、2日前には曇り後雨になり昨日の予報では一日晴れになっていてラッキー
連日の猛暑に茹るような毎日でしたが、今朝夜明け前の気温は22度でした。
寒いくらいで、びっくり!
日中もあまり気温が上がらないでほしいな。
でも熱中症対策を万全にして、
楽しい山登りにしたいです♪


天神平からの登りはじめは木の階段が続きます。

a0309917_17052840.jpg








天神尾根ー田尻尾根分岐

a0309917_06060051.jpg






山全体が蝉の声!

a0309917_06085971.jpg




ノギラン

a0309917_17161190.jpg









ホツツジ

a0309917_06091813.jpg





アカモノの実は足元、岩の間にたくさん赤い実をつけていました。

a0309917_06093862.jpg








熊穴沢避難小屋を過ぎると、視界が開け尾根の両脇の山々が神々しい
紅葉したナナカマド越しに爼嵓山稜から万太郎山

a0309917_06102143.jpg





岩に鎖やロープなど、結構急な坂になってきました。

a0309917_23264137.jpg








おお~~素晴らしい谷川山塊の眺めです
天神尾根から西側、肩の小屋から万太郎山~仙ノ倉山~平標山まで続く尾根は
ちょうど新潟県と群馬県の県境です。

a0309917_17080942.jpg







ツルリンドウ

a0309917_06104375.jpg





1,900mを越えたあたりでしょうか、、
笹に覆われた登山道は見晴はいいのですが、
今日の陽射しがキツイ。。。
風もたま~には吹くといった感じで、やはり暑い日になっていました!
少し歩いては、足がとまってしまう。。。

道はジグザクしていくので、写真でみると方向がとんでもないほうだった?
と思うのは私だけでしょうか?
写真真ん中中段より上の岩、てんぐの泊まり場
右の落ちそうな?岩はざんげ岩

a0309917_06095775.jpg







天狗の止まり場
みかどさん、おにぎり食べてパワーアップ♪

a0309917_23350499.jpg





天狗のとまり場のあたりから後ろを振り返ったところです。
写真左中段あたりに開けたロープウェイ天神駅
そこからずいぶん登ってきたのが目に見えますね!

a0309917_06124288.jpg





ザンゲ岩を少し登ってから振り返ったところ、
大勢の登山者が行きかう登山道の中で貴重な休憩場所でした。
(日陰はないけれど、、)

a0309917_06133613.jpg






オヤマリンドウ(花は平開しないそうです)

a0309917_06140237.jpg






西黒尾根分岐
肩の小屋のトレードマーク

a0309917_06142731.jpg





ヤマハハコ

a0309917_06145032.jpg





a0309917_06151996.jpg






俎嵓山稜から遠く仙ノ倉~平標山方向

a0309917_06154330.jpg






ザンゲ岩あたりからオキ、トマを見る
昨年秋にはガスガスで何も見えない山頂に向かって登っていたけど、

a0309917_06161573.jpg





今日は山頂に向かう列まではっきり見えます(笑)

a0309917_06164098.jpg






こんなにゴツゴツ岩坂だったっけ?
一年前の苦労など忘れてしまっていました~(^^;;

a0309917_06170859.jpg







ハクサンフウロ

a0309917_06174077.jpg





ミヤマシモツケ

a0309917_06180551.jpg



やった~♪
暑くて暑くてゼイゼイしながらでしたが、やっと一峰トマの耳踏破♪

a0309917_22515067.jpg



a0309917_23255596.jpg








トマの耳~オキの耳の間、尾根はお花がたくさん咲いています

a0309917_06184739.jpg





お花見、写真、ゆっくり楽しんで
オキの耳ゲットォ~♪

a0309917_23021987.jpg






オキの耳で休んでいるうちにすでに時間は11時40分になっていて、
朝食たべたのは5時前に車の中だったし、
暑くてバテバテだし、、
色々言い訳しながら昼食休憩することにしました。
奥の院の祠にお参りして、その上奥に登るとちょうどいい場所があるのですよ。
ちょっとわからないところ、みかどさん案内のお陰です。

a0309917_23373041.jpg





あまり人が気が付かない場所で、平で、広くて、眺望抜群のパーフェクトスポット(^o^)

a0309917_23192891.jpg


本日のメニュー
みかど亭、特製ケンチン汁
くりちゃん印の茄子漬け
私のチキンサラダはレモン塩風味、アマニオイルドレッシング
野菜とミニトマト
デザートは冷え冷えのスイカとくずきり餡こ
各自で持ってきたオニギリとか炭水化物
「ご馳走様でした~」

これだけ食べればまだまだ行ける~~エイエイオ~
ここで48分(も!)休憩。


ここまで掛かったタイムは5時間15分(遊びすぎ?)
ここから最終地点茂倉山登山口まで下山、標準コースタイムで3時間50分。
私達ったら何分でいけるでしょう?
さあ、また頑張りましょう!






ミヤマコゴメクサ

a0309917_06191174.jpg







ミネウスユキソウ

a0309917_06200373.jpg




a0309917_06202514.jpg



a0309917_06204616.jpg




ツリガネニンジン

a0309917_06211024.jpg




タカネコンギク

a0309917_06213613.jpg






ノゾキから見下ろした一ノ倉沢
写真ではどうしてもあのダイナミックな谷を撮れません

a0309917_06220171.jpg







ワレモコウ

a0309917_17243516.jpg





アキノキリンソウ

a0309917_06221974.jpg






ウメバチソウ

a0309917_06224096.jpg




ハクサンオミナエシ

a0309917_06225715.jpg





ヒメシャジン
(細い葉が互生、花も互生している。花弁から花柱が突き出していない。)

a0309917_06232394.jpg




ツリガネニンジン
(卵楕円形の葉は3~5枚で輪生する。花も段状に輪生して花柱が長く突き出る)

a0309917_06234340.jpg





これはミヤマシャジン?
(おしべの先が花ビラから飛び出し、ガクや葉の縁が鋸歯状にならない)

a0309917_06193478.jpg






ミヤマシシウドでしょうか?

セリ科のレースのように咲く花はどれも似ていてさっぱりわかりません(^^;;
葉を写してこなかったのは失敗でした。

a0309917_06241387.jpg





ベニイタドリ

a0309917_06250363.jpg






イワショウブ

a0309917_06253255.jpg





少し色のついたイワショウブ(^^)

a0309917_06260201.jpg





トリカブト

a0309917_06262493.jpg





キンコウカ

a0309917_06265710.jpg






クロズル

a0309917_06271792.jpg






タカネコンギク

a0309917_06274329.jpg





ノウゴウイチゴ
a0309917_06282121.jpg



一ノ倉岳、登頂♪
a0309917_20290340.jpg



一ノ倉から先は初めて踏む尾根です。
一跳びで登りたい山でしたが、、
やはり谷川連峰、容易くありません。
結構な登りで45分もかかってやっとでしたが

トマ、オキ、一ノ倉岳をバックに茂倉岳までコンプリート♪
ばんざーい(^o^)v

a0309917_00032824.jpg




茂倉岳山頂付近から今歩いて来た道を振り返って。
一の倉岳~オキ、トマ
見晴の良い風景です。まさに深い山の真ん中に立っている。
そんなことが実感できる場所でした。
ここでスマホで動画を撮りました。
360℃のパノラマです。
このブログでは全容が載せられないのが残念

a0309917_17105716.jpg






ジャノメチョウが看板の肩に止まって素敵なアクセント(*^^*)

a0309917_06294832.jpg







茂倉岳の北斜面、
これが自然のお花畑、飾ることなく楚々として伸びやかに広がる花の咲く斜面
本当に素敵だな~と思いました。
a0309917_06291152.jpg




a0309917_06301559.jpg




下界には高速道路、ICなどが見えています。
a0309917_06310020.jpg




望遠でオキ、トマ、小さく肩の小屋。
これが見えるのもここが最後
a0309917_06303599.jpg





茂倉新道、どんどん下ります。
下山口が600mくらいなので、標高差約1,300mを降りなくてはなりません。





途中、茂倉岳避難小屋
トイレあり。水場は外に降りて?分。小屋の中は板敷き
a0309917_06314049.jpg




谷川岳の途中から上越新幹線の排気口がいくつか見えていて、
ああ、この下をトンネルが通っているのだと実感。

a0309917_06321827.jpg






「山と高原地図」昭文社では茂倉新道は木の根が露出、歩きにくいと書いてありましたが
最初は根っこの階段状で浅かったり深かったり不規則な足場を急登下り。
途中大木の根がむき出しで道の路肩に被さっていて、
乗れば滑る、跨ぐには大きな株で、慎重に慎重に、、


a0309917_17152722.jpg





a0309917_06340035.jpg






木の根っこが終わると、なんでこんな道にロープが?
ツルツル滑る土になるんですね。
ようやく美しいブナ林になってふかふかの道になって
下山口も近づいたかと思ったら、、
a0309917_06343003.jpg




最後の標高差100mになったくらいから
騙された~(TT)みたいな急坂になって、、
疲れた足膝に一足一足の重さが痛みになってきます。



陽が影ってきて、何時?
もう時計を見るのはやめましょう~
明るいうちにはつけるよね!
そんな励まし方(笑)


そして、やっと、とうとう、
こここそが本当のコンプリートです。
明るいうちに下山、めいっぱい楽しんで歩くこと、ミッション大成功~♪
みかどさん~
くりちゃん~
暑くてきつかったけど、楽しかったです。
ありがとうございました。

a0309917_06344623.jpg




a0309917_06035094.jpg

谷川岳ロープウェイ-----天神峠7:45・・・天神尾根分岐8:00・・・熊穴沢避難小屋8:35・・・
天狗の止り場9:23・・・肩の小屋10:40・・・トマの耳11:05・・・オキの耳11:45・・・
奥の院12:12-13:00(昼食休憩)・・・一ノ倉岳14:05・・・茂倉岳15:00・・・
矢場の頭16:40・・・茂倉岳登山口18:35


全行程距離10.3Km  時間10:50 (ちょっと笑えて、少し反省)

by a-echi8725 | 2018-08-08 21:02 | 谷川連峰 | Comments(2)


2018年5月13日(日)
天神山(1,502m)~高倉山(1448.8m)




谷川ベースプラザ脇の田尻尾根ルートから天神山~高倉山から田尻沢コースで下山



水上ICから国道291号線、土合駅を過ぎて橋を渡ってすぐに
土合霊園地



a0309917_15124071.jpg
7,8台?くらいの車を止められる駐車場があり、車はここに止めて
まず谷川ベースプラザまで歩き、おトイレを借りました。

歩き始めてすぐにみかどカメラマンの激写
モデルが耐えられないよ~(笑)


a0309917_09025359.jpg
今日は、田尻尾根コースで天神山に登るので
最初はロープウェイを見ながら沢沿いを歩きます。







a0309917_23444145.jpg


a0309917_09154828.jpg
目指す高倉山

a0309917_09163520.jpg



谷川山塊を愛して止まない谷川マイスターのみかどさんに、
常々、積雪なし日帰りで登れる山に連れていってくださいと
お願いしているものだから
今日も安心楽々なのにマニアックなコースに誘って頂きました♪

歩き始めから振り返ればいつも白毛門
誘われているような気がします。
いつか、私もチャレンジしますからね~!
みかどさんにとってはお馴染みの白毛門
無言の背中は余裕の山男の表情(^o^)v
a0309917_09182620.jpg



ゆっくり歩いて40分くらいで田尻尾根登山口
a0309917_14031069.jpg


a0309917_22512609.jpg

ムラサキヤシオかな?
a0309917_14041197.jpg


タムシバとムラサキヤシオが紅白で新緑の山に彩を添えています
a0309917_14050227.jpg



a0309917_14053256.jpg


結構登ってきました。
右を見やると、若葉の間から西黒尾根~オキトマの山頂が見えてきます。
a0309917_14061897.jpg


そして、足元には可愛いショウジョウバカマや
a0309917_14071149.jpg

イワウチワ

a0309917_14210027.jpg


すごい~群生してるよ♪

a0309917_22444818.jpg
山道を歩く両脇をずっと付いてきてくれます♪
同じ場所なのに、濃いピンクもあれば白い花もあって
写真撮るのも忙しい(笑)
たくさん楽しませてくれます。


a0309917_14225473.jpg

イワナシ
a0309917_22453868.jpg

シャクナゲも咲いていましたね~
a0309917_14241681.jpg


色白のイワウチワの咲く場所で一際赤いショウジョウバカマ
a0309917_14243950.jpg



大木の幹と新緑が美しい
a0309917_16353794.jpg

林が途切れるとオキトマに連なる峰々がくっきり!

a0309917_00262941.jpg

本当に、もう可愛いお花が気になって、
登っているのと止まっているのとどっちが多い?(^^;;
a0309917_16362107.jpg



天神平~谷川岳ルートに合流
a0309917_16324616.jpg
わずか10メートル?ほど進むと天神山分岐
このちょっと手前から天神峠までアイゼンを付けて歩きました。


a0309917_14253640.jpg


白毛門、山頂あたりはまだ残雪はかなり残っていますが美しい山容です


a0309917_14260795.jpg

天神峠
予報に反して早くから小雨が降り始めました。
雨具をこまめに脱いだり、着たりしています。

a0309917_22504104.jpg



a0309917_14263795.jpg


天満宮に安全登山のお礼参りをして
a0309917_14270846.jpg
向かいの池塘にはミズバショウが少し盛りを過ぎていましたが咲いていて

a0309917_14280589.jpg

よくみると、白い綿に包まれたようなものが、水中に、、
黒サンショウウオの卵だそうです。
a0309917_14283403.jpg

天神峠展望所、記念のツーショット(*^^*)
a0309917_22484752.jpg


天神山登頂ハイタッチ~
写真のポーズも揃いましたね(笑)
a0309917_14314338.jpg




雨模様にしては、なかなかの眺望があり360度の眺望素晴らしかったです!

山頂の展望写真が貼ってあって、360度ほとんどの山頂が見渡せたのが素晴らしかったです。
写真にも撮ったけれど、それは割愛でごめんなさい。
a0309917_14294044.jpg



a0309917_14301703.jpg

写真左、高倉山から右、湯蔵山
a0309917_14304715.jpg







天神平まで下りてきて、谷川オキトマを背景にしたロープウェイ駅
a0309917_22525251.jpg



スキー場ゲレンデの上の道なき?道を登ります。

a0309917_14345405.jpg
ゲレンデには雪解けあとに色々な花が目を覚ましたように咲いていました
キバナスミレ
a0309917_14355517.jpg

タチツボスミレ
a0309917_14361702.jpg

カタクリ
a0309917_14371163.jpg




お天気が悪いのでカタクリはパッと開いてはいなかったけれど

a0309917_15021499.jpg


a0309917_22550132.jpg

白いカタクリもいくつか見ました
a0309917_22424815.jpg



広いゲレンデにいっぱい咲くカタクリ!
谷川岳は夏の花だけではなくて、雪解けの早春にもこんなにたくさん花が咲くのですね。
感激でした!

ゲレンデに咲くカタクリと天神平駅と谷川岳

a0309917_15030752.jpg


ゲレンデを登りきったところから高倉山に登り

a0309917_22552133.jpg

高倉山、三角点ゲット♪
ここから湯蔵山に行くつもりだったのですが、いよいよ雨が強くなってきそうなので
今日は、ここまで
みかどさん、ごめんなさい!

a0309917_15052738.jpg

天神平駅まで下りて、屋根下をお借りしてランチ
今日も、みかどさん手作りのケンチン汁をコッヘルでアツアツに温めてくれて
有り難く頂戴しました。とっても美味しかったです♪
撮影の前に食べ始めてて、具が写ってなくてかたじけない(^^;;
a0309917_15061019.jpg

a0309917_15095239.jpg





白毛門・笠ヶ岳・朝日岳・武能岳・茂倉岳・一ノ倉岳・谷川岳
馬蹄形ですか、凄いですね~壮大な景色です。
a0309917_23534201.jpg

田尻沢コースは雪上車が通る道なのだそうで広くて歩きやすい道でした。

a0309917_00055400.jpg


雪解けの水が勢いよく流れ、新緑と合わせて本当に清々しい道です
a0309917_15081677.jpg




a0309917_15114950.jpg

ずっと水の音を聞きながらみかどさんと谷川岳の魅力など聞いたりおしゃべりしながら下ってきました。
私たち一緒の時はコースタイムは気にしない(笑)
景色や花を見て写真を楽しむ。昼食の時間を楽しむ。おしゃべりを楽しむ。
登山の楽しみ方は人それぞれだけど
一緒に登って遠慮なく同じく楽しめる仲間って本当に嬉しいものです。




雨のために湯倉山を断念したのでたっぷり時間があまりました。
ゆっくりお風呂に入って、次回の谷川岳のミーティングをして、

a0309917_15125882.jpg


そこから、またちょっと車で移動して
美味しいお蕎麦のお店にも連れて行ってもらい、
人生初めて おすすめの鯰(ナマズ)の天ぷらをいただきました。
これもまた美味しかった!
みかどさん、今回も大変お世話になりありがとうございました。m(__)m
a0309917_15131370.jpg


a0309917_23450682.jpg


by a-echi8725 | 2018-05-14 13:40 | 谷川連峰 | Comments(2)

ピクニック気分の谷川岳

2017年9月3日(日)
谷川岳(1977m)~一ノ倉岳(1974m)


ロープウェイ駅登山口7:37・・・熊穴沢避難小屋8:25・・・天狗のとまり場9:04
天狗のざんげ岩9:44・・・肩の小屋10:04・・・トマの耳10:10・・・オキの耳10:45
ノゾキ11:42・・・一ノ倉岳12:21(ピクニックランチ♪)
下山13:00・・・ロープウェイ駅登山口16:36


a0309917_08531021.jpg


a0309917_19012413.jpg

天神平まではリフトもありますが
谷川岳まで行く人はここから歩くようですね。
a0309917_08540880.jpg

フレームがあったので今回最初の記念撮影
意気揚々♪
a0309917_16440958.jpg



涼風が吹いて、心なしか秋色が漂よう感じです。

a0309917_08555948.jpg

a0309917_08565546.jpg
最初は長い木道や木の階段が続きます。
樹林帯なので見通しはないけれど、右手(水上方面)は晴れて白毛門山がよくみえました。

a0309917_08544222.jpg


熊穴沢避難小屋
前後して歩いていた小学低学年らしい兄妹かな、
颯爽と歩く姿がたくましい。
可愛らしい声で「がんばってください」とエールを送られて
「ありがとうございます♪」と答えます(^^)
a0309917_16444858.jpg


a0309917_08592981.jpg

群馬県榛名山とか妙義山あたりかな~
その奥には富士山も薄く見えていたけど、写真ではよくみえませんね。
新潟県よりの稜線からこっちに雲がどんどん流れ込んできます

a0309917_19024744.jpg

右手には西黒尾根の登山道が見えています。
この斜面をそのまま下るコースなんだそうですよ!
a0309917_19041175.jpg


前方の峰が雲でまったく見えません~
見えない頂に向かって登ります。
a0309917_19043477.jpg

振り返ると、水上方面は相変わらず快晴で!
↓画像真ん中に小さく光る白いポチンがロープウェイの駅です。
a0309917_19252641.jpg


「天狗のとまり場」

みかどさんにポーズをお願いしました♪
a0309917_09003409.jpg


私も高いところに登ってみたけれど
まあ、風の強いこと!怖くて天辺までは登れない。
帽子が飛んでいく~そして寒い~撤退(><)
a0309917_19420146.jpg

ちょっと過ぎてから振り返ると天狗のとまり場はこんな岩でした。
a0309917_16454370.jpg

しばらく進むと今度は
「天狗のざんげ岩」
くりちゃん、膝まついて手を合わせてる(笑)
もう私たちコントしてるんじゃないんだから!


a0309917_09042861.jpg




「肩の小屋」
ロープウェイ駅登山口からここまでトイレはないので少し休憩です。
小屋の中は案外広くて食堂あり、お湯が沸いているので
カップ麺とか中で食べれますね。
宿泊する人には食事もできるようです。
結構な人数が泊まれそうな部屋も綺麗でした。
そして、売店もあったのでさっそくバッジを購入。
鐘があると鳴らしてみたい(笑)
a0309917_19064996.jpg

肩の小屋から10分ほどで
「トマの耳」
みかどさんの三脚と真新しいカメラで登頂バンザイポーズ♪

a0309917_16555363.jpg
そこから15分ほどで最高峰の
「オキの耳」
さすがに大勢の人で賑わっていました。
カメラ順番待ちの中で三人そろってピース♪

a0309917_16571192.jpg
そして、これから一ノ倉岳に向かいます!
この時期、山は夏の花と秋の花の端境期で盛りに咲く花にはお目にかかれなかったけれど
少しづつ秋の気配を漂わせてくれるように咲く花も
可愛かったです。



みかどさんの新しいカメラ!
接写も望遠もバッチリ♪
小さい可愛いお花みつけましたか♪
a0309917_21032528.jpg

望遠も腕がなるのに稜線が姿を見せてくれません。。
a0309917_21095302.jpg
オキの耳から一ノ倉岳までの稜線
秋の始まりの風情がとても素敵でした。

コゴメクサ
a0309917_09122860.jpg
ツルリンドウ
a0309917_20230856.jpg

リンドウが一番よく見た花でしたが、
今日の空の下ではまったく開いて咲いていませんでした、
帰りには晴れて咲いてくれたらいいね~と期待したけれど
一日、開いたお花にはお目にかかれず、、
a0309917_20240478.jpg



a0309917_20271849.jpg

a0309917_20281659.jpg

キンコウカも咲き始めていました。
a0309917_20284266.jpg

a0309917_20302918.jpg

a0309917_20311142.jpg

大好きなイワショウブ
これからだんだんに色変わりしていくのよね、
小さい花のかたまりなんだけどとても目を惹きます。
a0309917_20314281.jpg

a0309917_20352974.jpg

トリカブト
a0309917_20355129.jpg
ウメバチソウ
a0309917_20364269.jpg
これは、、
キキョウみたいですよね?
a0309917_20370999.jpg
ヒメシャジン
a0309917_20373661.jpg


a0309917_20380250.jpg
ワレモコウ
a0309917_20383299.jpg

a0309917_20391365.jpg

a0309917_20393833.jpg

a0309917_20400131.jpg

a0309917_20403605.jpg
ヒメシャジン
a0309917_20410740.jpg


a0309917_20414913.jpg


一ノ倉沢をのぞく!
恐ろしいけど、、、のぞく!
a0309917_20422754.jpg


a0309917_21021250.jpg



a0309917_20431113.jpg

a0309917_20434983.jpg

a0309917_20441983.jpg


雲の中
a0309917_20480428.jpg


くりちゃん、背が高くて長い脚が羨ましいよー
a0309917_20482266.jpg


やっぱりガスガスの中
a0309917_20583879.jpg


富士浅間神社 奥の院
こんなところにも浅間神社があったのですね!
先日、富士山の浅間神社奥の院には参拝できずだったので
パンパン!お参りさせてもらいました。
a0309917_20485811.jpg



わ~♪わ~♪素晴らしい眺め~♪
可愛いお花~
きゃ~!すごい~!
度々立ち止まってはカシャカシャしてるものだから
一ノ倉岳に登頂したのが 12:20 になっていました@@~
登山口から5時間近くかかっています。
コースタイムは3時間15分ほど、
休憩をとっても4時間と目論んでいたのに大誤算。
ここから、茂倉岳までわずか20分ほどとわかっているけれど、
往復して下りの時間を計算するとお昼休憩していたら
ロープウェイ最終にギリギリなのですよ。
遊びすぎた~(笑)
いい。いい。今日はここまでにしましょう(笑)
ハイキング気分でとても楽しかったし
ランチタイムは「とくべつ」だしね。
なんでも笑えてしまう。

白馬くんも連れてきたので、パチリしておきましょう。

a0309917_16593166.jpg


はい!
お待ちかねのランチタイム♪
今回はみかどさんが、お弁当を準備してくださったのです。
わくわく♪
ほら~
「ひつまぶし」ですよ(^o^)


a0309917_09101381.jpg

昆布と鰹できちんとお出汁をとったプロの料理職人さんのお汁です。
ペットボトルから空けて、バーナーで熱々に温めたのを掛けていただきます。
暖かくて甘辛く柔らかいウナギ、さらさらのご飯、茗荷のサクサク感
あったかくて、ふわっと優しいコッヘルの中のハーモニー♪
ほんとうに美味しかったのですよ♪
みかどさん、こんなに荷物を下から担いでいたなんて知っていたら
分担したのに、申し訳ありませんでした。
大変ご馳走様でした!
くりちゃん、オレンジとシャインマスカットは上物でしたね、
とても美味しゅうございました。
私はイチヂクのコンポート、食べてもらえてよかったです。
葛きりのオヤツは流れ梅、汁を開けて少しは軽くなったと思ったみかどさんの
リュックにむりやりお土産ポン(笑)

a0309917_09110720.jpg


美味しいランチをゆっくり食べているとやはり風が強くて寒くなってきて
避難小屋の中や外にいた数名の方たちもいつの間にかいなくなっていました。
そうです、ロープウェイで帰るなら、もうそろそろ降りないとね。

さすがに下りはカメラをリュックに片付けました。
岩場は両手使うし、カメラぶらぶら下げては壊してしまいますから、
ですので、、、
写真は一騎にロープウェイ駅に飛びます(^^;;

お疲れ様でした~
三人でハイタッチ♪
16:36
「最終は5時です」のアナウンスが鳴っていました~
みかどさん、くりちゃん、
今回も楽しい山登りをありがとうございました。


a0309917_21561050.jpg




by a-echi8725 | 2017-09-04 21:39 | 谷川連峰 | Comments(0)

2017年6月25日(日)平標山1983.8m~仙ノ倉山2026m(谷川連峰最高峰)

関越道湯沢ICで降りて17号線、約20Kmほど苗場スキー場少し手前左側
平標山登山口7:00・・平元新道登山口8:20・・平標山の家9:35
・・平標山11:00・・(お花畑)・・仙の倉山12:50
・・お花畑で昼食休憩13:10~14:00・・平標山14:30
・・松手山15:20・・登山口下山16:45
a0309917_06545522.jpg
今回は友人と待ち合わせをして、私の谷川連峰初登山に
連れて行ってもらえることになりました!
二人の都合をあわせると今日の日をのがすわけにはいかないのです!
どうかお天気になりますように~
ところが、前日から予報では曇り~雨。
今朝になったら朝から夕方まで雨!?
とりあえず現地に行ってみての相談ということで
祈る思いで駐車場に行ってみました。
そこでは、約8年ぶりくらいの再会になる懐かしい顔が~
再会を喜んでしばし立話。。。しかしポツポツあたるのは
雨ですね。。。 夕方まで雨ですか。。。。。
どうします?いや登りましょう。途中これ以上無理と思ったら
引き返すことにして!
雨天決行と相成りました(^^)/



駐車場は広くて、トイレも2年ほど前に建て替えしたらしく水洗でとても綺麗でした。
登山カードに記入して、さあ!出発します♪
しっかり雨具着用です。
a0309917_23362833.jpg

新緑の美しい森
a0309917_23373552.jpg

いわな川(岩魚川)というそうです。
川霧も幻想的な雰囲気でいいかんじ
a0309917_23383375.jpg

ツルアジサイが大木に絡まって凄いことになっています
a0309917_23401995.jpg
a0309917_06335424.jpg

谷川連峰デビュー記念(笑)
みかどさんが加工写真はきらいだというので、、
後にでてくる私のスットコの罰として
今回は特別企画の修正なしでお送りします(笑)

ここが平元新道の登山口です。
歩いて暑くなったし霧雨程度になったので出るときに来ていた雨上着は脱ぎました。
ズボンはまたいつ降ってくるかわからないし、
面倒なので履いたまま、、でも暑いので裾をあげてゴムで絞りました。
これだけでずいぶん涼しいですよ。
カメラを向けられて、このズボンでいいんですか?と言っているところ(笑)
a0309917_14000620.jpg
a0309917_06342779.jpg



スダヤクシュ
a0309917_06345764.jpg



ユキザサ
a0309917_06353234.jpg



クルマバツクネソウ
a0309917_06355931.jpg


マイヅルソウ
a0309917_06363988.jpg



平標山の家はしっかりした建物で水は年中好きなだけ汲み放題
トイレも綺麗で、内も広くてシュラフを持ちこんで泊の方もいらっしゃいました。

ちょっと休憩、油断してたら撮られてる(笑)

a0309917_06283592.jpg



ずいぶん登ってきました。
あ~!雲が上がって後ろの山が見えてきた!
中央に小さく見えるオレンジ色の屋根がさっきの小屋です。
地図をみると、この稜線はしっかり南北の線上にあります。
↓は北方面



a0309917_06325148.jpg



↓南方面
あの奥の平な山頂が平標山、山頂かな。
雨のはずなのに見えてるね~♪

a0309917_06332782.jpg
時々空が明るくなって晴れ間に見える眺望!

a0309917_22065857.jpg

雨、降ってないですよ。
重なる山並は雲の流れと一緒に変わります。
美しいです
a0309917_22074605.jpg




ここらへんまでくると湿地帯の植物が目につくようになります。
イワカガミはたくさん咲いていました。
濃いピンクや優しいピンクや白っぽい色も!
みかどさんはアルバも見たことがあるそうです~びっくりしました。
a0309917_06461469.jpg



イワイチョウ
湿原の代表選手ですね
a0309917_06471484.jpg

モウセンゴケ
a0309917_06474192.jpg

写真を撮りながら下ばかりみて、ふっと顔をあげると
そこに見えてきたのは、仙の倉山!
ああ!見えてる!見えてる!
最初から引き返すことも覚悟の登りだったので
景色が見えることも期待してなかったから
もう嬉しくてますます元気がでます♪
a0309917_06482024.jpg

ショウジョウバカマ
のオーレア(洋蘭用語。笑)
a0309917_06494604.jpg

ゴゼンタチバナ
a0309917_06502426.jpg

ウラジロヨウラク
a0309917_06510225.jpg


イワイチョウ
a0309917_06512443.jpg

アカモノ
この花も本当に今が旬とばかりに縦列をなして咲いています。
長い木道の下からも首を伸ばして咲いていました。
a0309917_06524595.jpg


バイカオウレン
a0309917_06532860.jpg
a0309917_20541574.jpg
a0309917_20532593.jpg
a0309917_20520309.jpg

花を見れば止まって写真を撮る。
ツアーではできない山歩きを楽しみながら飽きずに歩いていると
もう平標山、山頂に到着です。
ハイタッチ~♪
なんとみかどさん、一人歩きが多いから三脚持ち歩きだそうです(^^)
雨模様のせいか、ここまですれ違いは昨日から登って泊り下山の3~4組ほど、
頂上にも2組ほどしかいませんでした。
あとで10人ほどの団体さんもいらっしゃいましたが、
静かな山頂でお会いした3人様、神奈川からだそうで
そちらは?と聞かれて、、
8年ぶりの再会。フェイスブックで見つかって(笑)
東京からと新潟市から待ち合わせしました~と
その経緯をお話しすると、良いご縁ですねと驚いていらっしゃました。


a0309917_16244814.jpg
↑まだ雨ズボン履いていますが、、、



少し休憩して仙ノ倉に向かいます。
a0309917_16525176.jpg

歩幅のちょうど良い歩きやすい木の階段が続きます。
a0309917_16545747.jpg


緩い峠を一つ越えたあたりで目に飛び込んできたお花畑!!

a0309917_20472409.jpg

ハクサンイチゲの大群生~@@~

a0309917_16575151.jpg



ハクサンコザクラ
a0309917_16585975.jpg

ミネズオウ
a0309917_16594119.jpg
a0309917_17000782.jpg

ミツバオーレン
a0309917_17004317.jpg



チングルマ
a0309917_17015485.jpg


ミヤマキンポウゲ
a0309917_17024290.jpg
ハクサンコザクラもこんなに群生してるのは初めてみました
a0309917_17085506.jpg


可愛い花を眺めていると
ここで足が止まって動けません(^^;;
でももう少しで仙ノ倉山の頂上です。


a0309917_20493722.jpg

そうだ、頂上制覇したら戻ってここで昼食休憩にしましょう!
いい考えです。少し遅くなるけどみかどさん、お腹大丈夫?
オッケー♪
a0309917_17192786.jpg





ということで登頂ピース
をしたらすぐ折り返し。
a0309917_17140126.jpg

空の雲も動いていて遠くが見えたかと思うと、さっと雲が流れ込む。
でも、一日雨と予報してたよね~?
雨、、、降ってないよね~(^^)V


平標山から仙の倉山の稜線に咲く低木の花たち
ミネカエデの花
a0309917_17233923.jpg


ベニサラサドウダン
a0309917_17251143.jpg



アズマシャクナゲ
a0309917_17284725.jpg



さあ、お待たせしました。
昼食休憩は7時に出発して13時10分になっていました。
朝は車の中で4時半でしたけどね(^^)

そして、お花畑の中の休憩、夢の中のようです。
私は帰ってもきっと何度もこの光景を思い出し
嫌なことがあっても目をつぶってやり過ごすことができるでしょう(*^^*)



さて、お待ちかねのお弁当タイム
みかどさんは、お手製のご飯onふりかけ梅干しかな?
自分の食べられる量ですよね。
消化もよくお腹にやさしくあっさりタイプ
一方私は昨晩の残り物、カツで作ったカツサンドと
ポトフを冷蔵庫で冷やして保冷バックで持ってきて
温めれば暖かいだけでご馳走かな~と
なんとプロの料理職人さんに
「昨日の残り物」を「温めもの」を
どうぞ~と差し出したのです。
断れないよね、みかどさん優しいものね。。
スイーツ好きを知っているので
食後に白玉あんコーヒーゼリーを用意したけど
ゼリーはまだ凍っていたし(><)
キュウリの辛子漬けは辛すぎて正直に残してくれてありがとう
なんででしょうね~
私のスットコは昔も今も変わらない?


a0309917_21132611.jpg

でも、みかどさんは笑顔で♪

a0309917_21135764.jpg

いつのまにか、スットコはやっぱり写真撮られてる(笑)
a0309917_21150604.jpg

さて、去りがたい思いを振り切ってまた歩き始めます。
一度、また平標山に戻り、山頂から松手山方向に進みます。



オノエラン
a0309917_21405702.jpg




ヨツバシオガマ
a0309917_21422105.jpg




コメツガザクラ
a0309917_21431457.jpg


松手山山頂、時間は15時20分ほどになっています。
やはりお花畑での休憩が長すぎたので
少し時間が押してきました。
ここからあと1時間20分ほど、
がんばろ~
a0309917_22021631.jpg





ハクサンチドリ
a0309917_21493997.jpg

だいぶ標高が下がってきました。


チゴユリ
a0309917_21434967.jpg


ハナニガナ
a0309917_21444888.jpg



ムラサキヤシオ
a0309917_21454803.jpg


タニウツギ
a0309917_21463008.jpg


タニウツギはどこでもたくさん咲いていましたが、
このあたりは咲き始めで瑞々しくて綺麗でした
鉄塔のあたり
a0309917_21505938.jpg




ブナ林に霧の雰囲気が素敵です

a0309917_21515037.jpg



a0309917_21522900.jpg





a0309917_21592358.jpg

下りは結構な急坂で石も木の根も滑ります。
かなり気を遣いながら降りてきます。
無事下山!
お疲れ様でした~
ここから駐車場までもう少し。
駐車場についたのは16時45分。
松手山から1時間25分、コースタイムはお手本どおりで
写真撮りながらだから、頑張ったのではないでしょうか(*^^*)

a0309917_22025751.jpg

度々出てきた「雨」というキーワード
そうです!
一日雨のはずが、ほんの出始めに少し霧程度に降っていたものの、、
山にいる間は降ってこなかったのです。

そして、駐車場に戻り靴など履きかえていたころに降り始め
車に乗ったころから本気で降ってきました。

どうしたことでしょうね?
神様に愛された一日になりました。
みかどさん、とても楽しい山行の一日どうもありがとうございました。

by a-echi8725 | 2017-06-27 22:50 | 谷川連峰 | Comments(4)