<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

白馬五竜自然植物園

7月19日、台風も消滅してなんとか雨にも降られずドライブに出かけることができました。
今回は、山登りなどする気もしたこともない娘と5歳の孫と83歳の義母との
ドライブ(片道休憩含み3時間半)&ゴンドラ散歩です。
長野県白馬五竜スキー場にあるエスカルプラザから五竜テレキャビン(ゴンドラ)に乗り
8分でアルプス平駅到着混まないうちに昼食を。
おすすめのサラダ蕎麦は炊き込みご飯とセットで
とてもおいしくて、時間が過ぎたころには売り切れ。
早めの判断で大正解~(^^)
その後にアルプス平広場周辺をゆっくり高山植物のお花見。
雲の切れ間に見渡せば残雪の白馬岳や妙高山や遠くは中央アルプス、
下を見下ろせば白馬の町も小さくみえます。
デッキにでてパラソルの下で持ち込みのおやつを食べ
注文してから豆を挽いて入れてくれる美味しいコーヒーやソフトクリームを食べたり
約3時間ほど高原の涼しさを満喫できました。


写真を撮ってこなかったので、サイトをリンクしてご紹介しますね。

白馬五竜自然植物園



何といっても珍しさと美しさで人気なのが、
ヒマラヤの青いケシ、、、と呼ばれるメコノプシス。
青いケシといっても何種かの種類があるようでした。

a0309917_16154977.jpg


a0309917_16162518.jpg


a0309917_1616529.jpg


a0309917_16173343.jpg


a0309917_16182680.jpg


a0309917_16191516.jpg


黄色のケシはメコノプシス・カンブリカ
a0309917_16213828.jpg


a0309917_16195036.jpg


a0309917_16201678.jpg


所々に名前や説明のカンバンがあったりします(*^^*)
a0309917_16205091.jpg



コマクサの大群生
a0309917_16305688.jpg


a0309917_1632553.jpg


a0309917_16332456.jpg



a0309917_1711928.jpg


a0309917_1713970.jpg


a0309917_1722684.jpg


ヒオウギアヤメ
a0309917_173077.jpg


チングルマの果穂
a0309917_1734121.jpg


a0309917_1742010.jpg


a0309917_1745058.jpg


a0309917_1751264.jpg


a0309917_1753199.jpg


ミヤマアズマギク
a0309917_1761975.jpg


オダマキ
a0309917_1763885.jpg


タテヤマウツボグサ
a0309917_1771549.jpg


トリアシショウマ
a0309917_1774087.jpg


イブキジャコウソウ
a0309917_178277.jpg


ハクサンフウロ
a0309917_1785335.jpg


ニッコウキスゲ
a0309917_1793523.jpg


ヒオウギアヤメ (白)
a0309917_1710215.jpg


テガタチドリ
a0309917_1710579.jpg


ヤナギランにトンボ
a0309917_171134100.jpg


ハナチダケサシ
a0309917_17121619.jpg


オニアザミ
a0309917_17124011.jpg


ササユリ
a0309917_17132163.jpg


エーデルワイス
a0309917_17134419.jpg


ノウゴウイチゴ
a0309917_1714714.jpg


ノハナショウブ
a0309917_17142963.jpg


イブキジャコウソウ と シジミ蝶
a0309917_1715066.jpg


a0309917_17152046.jpg


ノハナショウブ
a0309917_17154769.jpg


シコタンソウ
a0309917_17162375.jpg


ギボウシ
a0309917_1716514.jpg


ミヤココウゾリナ
a0309917_17171618.jpg


プリムラ・セクンデイフロウ
a0309917_17174260.jpg


ノビネチドリ
a0309917_1718632.jpg


コオニユリ
a0309917_17183627.jpg


ヤマホタルブクロ
a0309917_1719253.jpg


タテヤマウツボグサ
a0309917_17194263.jpg


a0309917_17201153.jpg


a0309917_17203457.jpg


a0309917_17212077.jpg


a0309917_17214799.jpg





とても楽しい休日でした。
でも、今度来るときはリュックを担いで小遠見山(2007m)まで登りますよ♪
by a-echi8725 | 2015-07-21 21:31 | *********旅行********* | Comments(4)

仙丈ケ岳

仙丈ケ岳登山 7月11日~12日(仙丈小屋1泊)

登山道入り口の北沢峠に行くには、マイカー規制があるため、
長野県伊那市の仙流荘前(350台無料駐車場)から南アルプス林道バスに
約60分乗り到着です。バスの運転手さんは、時々停車して
車窓から見える風景、山、花などのガイドもしてくれました。

a0309917_1645140.jpg


バス停留所前にいきなりのクリンソウの群生を見てびっくりしました!
a0309917_16501896.jpg


a0309917_16505470.jpg


10時30分
北沢峠到着して軽く準備運動をして出発です。
1合目、2合目、3合目、を足とり軽く登っていくとすぐに昼食休憩。

12時。
このお弁当はツアー会社が用意してくれるもので、、コンパクトに作ってあるし
美味しいけれど、、、実は毎回必ず同じ内容(笑)
同じメンバーが参加しているとも限らないからそれでもいいのか??
しかし何度同じお弁当を食べたかな。。いえ、美味しいのですけどね(笑)
a0309917_1647678.jpg


13時。
5合目、小休憩
大滝頭からコースを馬の背ヒュッテ方面に仙丈小屋を目指します。
a0309917_16473881.jpg


渓流を渡り、少し雪渓が残っているところもあります。
藪沢新道に合流して登り進むと森林限界に近くなり
斜面に少しづつイワカガミやキバナシャクナゲなどが咲いているのが見えるようになりました。、

a0309917_1648885.jpg




14時10分。
馬ノ背ヒュッテで休憩。
そこから見える左山頂は小仙丈ケ岳とカールの真ん中に仙丈小屋
右に見える尾根を歩いて小屋を目指します。
この方向から仙丈ケ岳の頂上はみえません。
今日は仙丈小屋に宿泊。明朝、仙丈ケ岳頂上に登頂してご来光を拝む予定です。
a0309917_16485717.jpg


a0309917_16532995.jpg



15時50分。仙丈小屋に到着

a0309917_1655323.jpg


荷物をおろし靴を脱いで、軽くなった足で少し散歩。
このあたりはチングルマが少し、コイワカガミが少し、キバナシャクナゲは
とても低木で地面を這うように生えて花も白く小さくてかわいいものでした。
a0309917_1656846.jpg


a0309917_16563989.jpg


a0309917_16565957.jpg



夕食までまだ時間がたっぷりあるので、山小屋でバッジやマフラーなどを買い、
コーヒーを注文しようと思ったら、今は忙しいので
明日の朝にしてくださいと言われました。
明日の朝?夕食後もだめなの??
19時半消灯ですので。。。(笑)
夕食、ご馳走様でした~(^o^)
a0309917_22303339.jpg


夕食が終わってからは夕日が沈むシーンに皆釘づけで見入ってしまいます。
a0309917_2251504.jpg


甲斐駒ケ岳の堂々とした峰にも雲がかかりはじめ、
少しづつ空と雲が染っていきます。
a0309917_22522698.jpg


a0309917_2253039.jpg


a0309917_22532026.jpg


この後は、もう小屋は消燈の時間なので就寝するひともいて
静かになります。
ツアーでも日帰り登山ではメンバーの方達とたくさんお話する時間もなく
最初と最後のごあいさつくらいで終わってしまうことが多いですが
今回はこんなふうに時間がたっぷりあまるほどもあるので
星のでるのを待ちながら、色々お話ができました。
登山経験豊富な方から強者談義、まだ若くてかわいらしいお嬢さん方から
初々しい質問があったりと楽しい時間は過ぎますが
もう~とても寒くて雨具を防寒に重ね着しても我慢できなくなり
満天に落ちるほどの星の観測までまつことができずに
部屋に戻り就寝。
3時半起床4時出発に遅れないか心配でよく眠れません。
1時過ぎにちょっと窓の外を見ると大きく煌めく星が見えました。


ご来光は頂上に登らないと方向的にみることができないので
朝食前に登ってまた下山するのに1時間半の予定。

登って行く途中から白い雲海や空が明るく朱色に染まり始めるのを
見ながら、間に合うか、、間に合うかと心配しながら
登っていくと、、頂上について5分ほどのうちに地平線を真っ赤に染めながら
その帯を突き抜けるように眩い光が登ってきました。
ご来光に拍手が湧き、感動が胸の中に広がります。

a0309917_22543029.jpg


a0309917_2255826.jpg


a0309917_22564129.jpg


a0309917_22554398.jpg


a0309917_22574576.jpg




さて、朝ご飯を食べに帰りましょうか。。
登山中には隊列のリズムを壊すので、写真を撮るために止まってはいけないと
ツアーガイドさんから言われているので、
今回はみなさんに迷惑はかけられないと思い、断腸の思いで(笑)
相棒のKissを家に置いていきました。
持っていったら、ぜったい止まって撮ってしまうのはわかっていたから!
なので、今回の写真はスマホと友人が貸してくたコンデジで撮ったものばかり。
休憩中の時や、歩きながら(止まってはいないので)だったら、いいんでしょ?(笑)
でもやっぱり物足りない。最後尾でもいいからカメラは持っていかなくちゃだめですね。
というわけで、、残念な思いで写した写真ばかりですが、、
ご来光を見た帰り道、斜面には小さい高山植物がたくさん咲いていました。

a0309917_2259853.jpg


a0309917_22592156.jpg


a0309917_22593371.jpg


a0309917_22595938.jpg


a0309917_2301426.jpg


a0309917_2302892.jpg


a0309917_230526.jpg



6時半。
朝食を食べてから全員で登頂登山。
ツアーでは、毎回こんな登頂証明書を発行してくれますよ
みんな素敵な笑顔をしています(笑)


a0309917_16274024.jpg


山頂からの眺望はよくて、南の方は遠く塩見岳、東は大菩薩連嶺から富士山、
近くに白峰三山、北には早川尾根、八ヶ岳、奥秩父の峰々、
一番間近には堂々たる甲斐駒ヶ岳、並んで鋸岳。
はるかかなたに峰を連ねるのは、槍ヶ岳、穂高、北アルプスの山並み、
伊那谷を隔てて西には中央アルプスが、横一線に並んでいる。

頂上で思い思いのポーズで記念写真を撮りあって
これからは、仙丈尾根を渡り小仙丈ケ岳に向かい
往路で分岐した5合目(大滝頭)に合流。
ゆっくり、ゆっくり、楽しみながら下山できました。

a0309917_2322790.jpg


a0309917_2324667.jpg


a0309917_233763.jpg


a0309917_2332348.jpg


a0309917_233368.jpg


a0309917_2335237.jpg


a0309917_234617.jpg


a0309917_2342260.jpg




11時。
北沢峠、こもれび山荘到着。
a0309917_2343991.jpg


名物カレースープ
コロコロ野菜とチキンの素揚げをカレースープで煮込んであり
スパイスの効いたとてもおいしいスープでした♪

a0309917_2318926.jpg

by a-echi8725 | 2015-07-15 23:21 | 仙丈ケ岳 | Comments(2)

至仏山

至仏山登山 7月5日(日)


至仏山は5月から6月にかけては植生の保護を目的とした入山規制が行われており、
登山が可能になるのは7月1日前後の山開き以降となります。

自宅を朝5時に出発して、ツアーバスに乗合せ、
関越自動車道沼田ICより、国道120号・国道401号・戸倉温泉でシャトルバスに乗り換え鳩待峠におよそ9時頃到着。
a0309917_21465819.jpg


準備運動をして登山開始は9時15分頃。

この登山道は関東方面には利根川の源流、新潟方面には只見川の源流になるちょうど分水嶺なのだそうです。
a0309917_15265951.jpg


ギンリョウソウ(銀竜草)
a0309917_15291440.jpg


マイヅルソウ
a0309917_15302186.jpg


竹の花
a0309917_1531862.jpg


ヤマトユキザサ
a0309917_1532361.jpg


アカフタチツボスミレ
a0309917_15324094.jpg


オオバタケシマラン
a0309917_16543974.jpg


ミツババイカオウレン
a0309917_15343183.jpg


ムラサキヤシオ
a0309917_1537992.jpg


オオバカメノキ
a0309917_15383457.jpg


タカネサクラ
a0309917_1542542.jpg


山頂は2228mとさほど高くありませんが、1500mから1700mあたりを境に上部は蛇紋岩という岩石で形成されその岩の特性から植物生態系が変わりちょうど1700m付近が森林限界です。
さほど標高の高くないところから高山植物がみられるのが至仏山のお楽しみというところでしょうか。

タテヤマリンドウ
a0309917_15414339.jpg


シナノキンバイ
a0309917_1543426.jpg


シラネアオイ
a0309917_15443048.jpg


イワカガミ
a0309917_1545238.jpg


イワナシ
a0309917_15453541.jpg


2043mあたり、オヤマ沢湿原です。
イワイチョウの丸い葉が覆い茂る中に可憐な
ハクサンコザクラ
a0309917_15461131.jpg


オヤマ沢湿原を過ぎるとすぐに広い展望台にでました。
わ~という歓声!
燧ヶ岳を背に八方を峰々に囲まれた尾瀬ヶ原が一望できるのです!
a0309917_15571673.jpg


a0309917_15573299.jpg


展望台は広くてベンチが置いてあり、ここで30分の昼食休憩です。
山肌側斜面には高山植物が可愛く咲いています。

ハクサンイチゲ
a0309917_1622150.jpg


イワカガミ、オゼソウ、
a0309917_163714.jpg


チングルマ、オゼソウ、
a0309917_1651296.jpg


タカネシオガマ
a0309917_16103622.jpg


さて、休憩も終わりこれから向かうのは小至仏山。
小至仏山を越えきらないと至仏山の山頂はみえません~
いよいよ蛇紋岩に挑みます。
a0309917_21505737.jpg


a0309917_1625365.jpg


a0309917_16453013.jpg


a0309917_21503155.jpg


小至仏山頂到着(^^)V
2152mタッチ♪
a0309917_15564792.jpg


写真では写せていない、崖っぷち。(カメラ無理!)
乾いていたら、そうでもなかったとも思えるのですが、
昨日までの雨で土はドロドロ岩は滑り、
仕方なくカメラはケースに仕舞込みました。
足場を探しながら両手を使ってしがみつき、体を捩って、足を持ち上げて、
かなり苦戦しました。
それにしても目の高さにある可憐な花々を撮れなかったのが残念でたまりません(泣)
いつものことですが身の程知らずにも
(ツアーでなかったら、、、ゆっくり思いっきり写真撮ってみたい)

休憩中やすれ違い渋滞のときにササッと撮った写真が何枚か、、笑

ムラサキタカネアオヤギソウ
a0309917_16372626.jpg


ホソバヒナウスユキソウ
a0309917_16382825.jpg


イワハタザオ
a0309917_16393095.jpg


イワシモツケ?
a0309917_16504283.jpg


ユキワリソウ
a0309917_16403010.jpg



大きな蛇紋岩の間からチングルマ、シナノキンバイ、イワカガミ、に混じって
オゼソウの群生、ダイモンジソウ、クモイイカリソウ、などが目の前にあるのに
それもカメラを持って歩くことができず
至仏山頂付近の這松の間には、
ハクサンシャクナゲ、ベニサラサドウダン、タカネバラ、ウラジロヨウラク、などが
とっても鮮やかに咲いていたのに、ゆっくり止まって写真も撮れず残念でした。

13時30分!
2228mタッチ♪ それでも、やはり山頂踏破の感激は大きいものなのです(笑)
a0309917_15571626.jpg


登りは、昼食休憩も含め4時間15分。
下りは、長い休憩はないのでもっと早いはずですが、
途中、足を痛めた人に合わせて少しゆっくり歩いたのでちょうど3時間くらいでした。
by a-echi8725 | 2015-07-08 22:39 | 至仏山 | Comments(0)

アワチドリとアジサイと

今年も可愛いアワチドリさんたちが咲いてくれました。
まだ蕾が咲ききらないのもまとめて写真撮っちゃいました(^^;;
また2週続けて山行なので、天気を見ながらの撮影は
今度いつかわからないので。
この時期は雨に濡れた花や葉を見ることもまた静かな気持ちになっていいものです。
でも、雨があがったら今度は草ぼうぼうになった庭を綺麗に掃除しなくては~!

a0309917_22172384.jpg


a0309917_22181284.jpg


a0309917_2218336.jpg


a0309917_2219517.jpg


a0309917_22192629.jpg


a0309917_2220560.jpg


a0309917_2220289.jpg


a0309917_22204539.jpg


a0309917_22211892.jpg


a0309917_22213761.jpg


a0309917_2222246.jpg


a0309917_22223294.jpg


a0309917_2223267.jpg


a0309917_22234038.jpg


a0309917_22245152.jpg


a0309917_2226513.jpg


アジサイは5月の暴風雨で枝折れ、蕾は真っ黒になったもの多し!だったけれど
残った枝にはそれでも綺麗な花を咲かせてくれました。
a0309917_22304414.jpg


a0309917_2231158.jpg


a0309917_22354392.jpg




a0309917_2233087.jpg

by a-echi8725 | 2015-07-07 22:37 | *********庭の花******** | Comments(0)