五頭山トレーニング登山

9月22日 五頭山(912.5m)

9月になってからもう何日雨降りが続いているのでしょう。
もう3週間ほどカラっと乾いた日がありません。
秋晴れとはいったいいつのことなんでしょうね。。
9月17日~19日の連休には春から楽しみにしていた奥穂高登山の予定があったのですが、天気予報と相談してやむなくキャンセルしました。
雨具着て登山できなくはない、、でもせっかくの北アルプスの眺望もないまま、、3日間の雨具では楽しくないですものね!
ツアーはあらかじめ天気を選べないところが辛いです。
そして台風も近いこともあり、各地の被害を見ては自然の脅威を侮るなかれ、、
家族にも心配はかけられないという心境でした。
残念!

少しでも歩きたい、、雨止まないかな~
朝、起きて降っていなかったら五頭山にでも行ってこようかな。。
天気予報は午前中曇り、午後から弱雨。
五頭山は春、山開きの際に友人と登ったのが初めてで
ビビリの私には単独はかなりの勇気がいることです。
熊でないかな~大きな鈴と山開きのときにもらったお守りをつけて
コースはもちろん以前と同じ登りスキー場コース下り三の峰コースです。

登山口出発7:40---5合目8:13---6合目8:28---7合目8:45---8合目8:55
9合目9:03---五の峰9:12---四の峰9:16---三の峰9:20---二の峰9:25
一の峰9:31---三叉路9:39---山頂9:47---
山頂10:00---三の峰コース下りどんぐりの森11:20着 


a0309917_09145128.jpg
朝、小さいパンを一つ車の中で食べてからの出発であまり体も重くしないで登り始めました。曇りで風が非常に強く吹いていて寒いくらい。
ウィンドブレーカーを着て出発。
今まで一人で登った山は角田山と弥彦山のみ。
最初から心細いのに、またすれ違いも前後に同行もいない。
五頭山は夏でも賑わっていると聞いていたのにな~強風も怖い(><)
喉も乾かないけれど30分おきくらいには給水を心がけて。
約50分近く登って6合目、少しへたってきたのでエネチャージしていると、来ました!第一登り人発見!出湯コースから登ってきた若者で、
そのまま走るように通り抜けていきました~
a0309917_09155743.jpg
7,8,9合目も吹きすさぶ風に向かいながらたった一人。五の峰に到着。
友情の鐘、だれも紐を掴んでいないのに揺れる~鐘が鳴る~(笑)
飯豊山が見えるはずの方向、雲が湧いては流れていきます。
そして、ここでようやく第二山人に遭遇~
知らない人でも嬉しいものです!
a0309917_09065185.jpg
a0309917_21553487.jpg
a0309917_21562639.jpg
a0309917_21563816.jpg
a0309917_21565521.jpg
前一の峰のあたり、、、
不思議なことに風が幾分穏やかになってきています。
弥彦角田も日本海側も南方面も見晴らしがよくていい気持ちです。
本峰にも雲はなく、このまま雨にあたらずに登れそうです♪
a0309917_21551220.jpg
a0309917_21560495.jpg
a0309917_22022413.jpg
はい!五頭山本峰(912.5m)三角点タッチしました~
ここでも、一人。珍しいのでしょうか?
おにぎり食べて少しのんびりしましたが、おしゃべりする相手もいないのでは
暇なので10分ほどの休憩で下りることにしました。

a0309917_21555153.jpg
a0309917_21574350.jpg
a0309917_21575909.jpg
a0309917_21571001.jpg
帰りは三の峰からどんぐりの森に下りるコース。
登るときにはすれ違いもいなかったけれど、
まず、三の峰の小屋の前に3人さんとごあいさつ。
すると、親子連れ、ご夫婦?友人グループ?
時々すれ違うようになり、ああ、、こんな時間なのかも~と納得(^^)
花は春ほどの賑わいはなくて、ツルリンドウ、ノコンギク、アキノキリンソウ、などが見れました。キノコの紫や赤は可愛いとみるか、キモイと見るかは感性の違いでしょうね(笑)
秋の山でギンリョウソウ(銀竜草)は初めてみました。
そして、小さい秋をお土産に♪


by a-echi8725 | 2016-09-23 13:57 | 五頭山 | Comments(0)