2017年8月20日(日) 角田山=浦浜コース

毎日雨続きで予定のつかなかった日曜日、
朝、起きて雨が降っていなかったら角田山に行こうと昨晩に思い立ちました。



家を出てしばらくしてからスマホを忘れたことに気がついたけれど
引き返して取りに帰るのは時間がもったいなかったので、
今回はジオグラフィカのログがとれません。
今となってはそれってとっても残念というか、、心細い。
浦浜コース駐車場に到着。
車が2台止まっていて、私の車が止まって3台です。

朝5時15分出発
a0309917_12101772.jpg
お盆の頃に満開だという情報に、今頃はどうだろう?
まだ咲いているかな?
あまり人も歩いていないみたいだし、、終わっちゃったのかな?
雨続きのために、ぬかるんだ石の坂道をしばらく登り進んでいくと、、

あっ見つけた♪
a0309917_12111855.jpg
ヒガンバナ科のキツネノカミソリという花です。
a0309917_12302741.jpg
個体によってはシュッと尖った形があったり
a0309917_12311625.jpg
いくらか丸く咲いているのがあったり、


雨のせいかな、、あっち向いたり、こっち向いたり、折れたりしたのも
ありましたが、山の斜面にニョキニョキと勢いよく咲いています。
わ~凄いな~!
咲くとは聞いていた花ですが、やはり聞くと見るとは違います。
百聞は一見にしかず、ですね。
圧巻です。

a0309917_12315347.jpg





a0309917_12121933.jpg





a0309917_12124853.jpg






a0309917_12131318.jpg



a0309917_12133491.jpg






a0309917_12135950.jpg






a0309917_12142881.jpg






a0309917_12145487.jpg







a0309917_12323576.jpg




そして、ヤブランは今が最盛期ではないですか?
道の両脇、特に木の根元周辺によく咲いていました。

a0309917_12283476.jpg





a0309917_12293593.jpg






a0309917_12162128.jpg





この休憩所のあたりまでくるとキツネノカミソリはもうありません。
もうすぐ灯台コースの分技です。
a0309917_12164812.jpg


夏の低山の嫌いなところは虫、、やぶ蚊とかアブなのです。
そのせいで、今まで夏の角田は登る気にならなかったのです。
出発する前に十分に虫除けスプレーしてきたのに
もう何か所か刺されたもよう、ここで
もう一度、リュックを下して、薬を塗りぬり、、
スプレー大噴射!
a0309917_12170963.jpg
a0309917_12174531.jpg








a0309917_12181338.jpg




灯台コースとの分岐点 6:27

a0309917_12184313.jpg





a0309917_12190919.jpg


泥んこ道もすべるけど

a0309917_12193458.jpg

木道はもっと滑る
登りより、下りはもっと気をつけて。。
a0309917_12200162.jpg
可愛いシャジンも咲いていました。

a0309917_12203452.jpg





a0309917_12212067.jpg




a0309917_12215435.jpg




a0309917_12221871.jpg




a0309917_12225035.jpg




a0309917_12230743.jpg




a0309917_12234282.jpg

キンミズヒキ、、もう秋の気配もしているのですね、、

a0309917_12240353.jpg


こっちの赤いのは ミズキヒ   

a0309917_12243545.jpg


小っちゃい花、マクロレンズじゃないから、ボケボケですみません。

a0309917_12250911.jpg


頂上付近で咲いていた、月見草ですね。

a0309917_12253522.jpg



はい!頂上到着です。
今回からお供してくれる白馬くんです。
三角点タッチ~6:45
登山口から1時間30分の登りでした。

a0309917_12263581.jpg



ちょうどいいベンチで朝食です。
出かけてくるときにエネチャージを1本飲んできたけれど
毎日、朝食を食べる時間なので、用意してきました。
一番最初にアイスコーヒー♪ゴックン
カップラーメンお湯入れて待つ間にスイカと梨
ラーメンできて食べてる間にお腹がいっぱいになってしまった(><)
おにぎりなら残して持って帰れるけどラーメンは残せない。
困った、、今さらながら学習しました。
勢いに任せて水物大量摂取は危険ですね。
なんとか、お腹に押し込んでバームクーヘンとコーヒーは残し。

a0309917_12271778.jpg


アイスコーヒーは氷ゴロゴロ入る広口ポット
カップラーメンに入れるお湯はこちらのポット。
THERMOS -ULTIMATE INSULATION
優れものです。
熱湯を入れると、約10時間くらいは冷めない。
カップ麺も熱いコーヒーも入れることができます。
寒くなると、ガスバーナー持ち歩いたけれど
コーヒー入れるくらいならこれで十分間に合います。

a0309917_12274387.jpg



ベンチに座って上を見上げたら栗の木の下でした。
もうイガイガ頭が大きくなっていて、
ここもやはり秋が近づいているんだな~と思いました。

a0309917_12260996.jpg


頂上ベンチで休んでいたら、登ってこられた方に話しかけられて
「朝は涼しくていいですね~
実は、トレーニングなんですよ。
来週は北アルプス裏銀座縦走、3泊です。」
なんという羨ましいお話、、
まあ、、いいか、、
私は今、自分なりに十分楽しんでいるという思いがあって満足しています。
下山開始
7:15



8:15
おお~なんと下りはちょうど1時間でした。
駐車場に帰ってみると、
広い駐車場のあっち側、こっち側、合わせて30台ほどの車で満車状態でした。
キツネノカミソリは大人気なのですね~

a0309917_12340798.jpg


by a-echi8725 | 2017-08-20 13:51 | 角田山 | Comments(4)

白馬岳~小蓮華山

白馬岳~小蓮華山

2日目。
白馬山荘の食堂で4時半から朝食の受付。

御来光の時間は4:40頃とは知っていたけれど
山小屋の裏手方向、山頂まで登らないと見えないらしい。
朝食の時間と重なってしまうので残念ながらそれはあきらめていました。
時間になっても空にも雲にも光は届いてこないので
山頂からも今日の御来光は見えなかった様子でした。

すべての準備をして、靴を履いて玄関外に集合 
出発は5:50
雲の合間から剣岳の頭が凛々しく聳え立っているのが見えます。
もう少し、左方向には槍ヶ岳の角も見えていましたが
激しく雲が流れます。



a0309917_05575538.jpg


少し登ったあとは、すぐに稜線に出て振り返ると歩いてきた軌跡が見えます。

a0309917_05584222.jpg
白馬山荘から20分ほどで白馬頂上に到達♪
今回は座標にも

a0309917_06084202.jpg


三角点にもしっかりタッチ♪

a0309917_06085943.jpg


これから向かう小蓮華山方向
少しの雲の晴れ間には糸魚川方向、雨飾り山や海谷山塊
日本海まで見えたりもしていたのに、写真撮れずに過ぎてしまって残念です。

a0309917_05593136.jpg


イタドリ

a0309917_06094603.jpg

イブキジャコウソウ
a0309917_06100844.jpg


タカネツメクサ、コイワカガミ、

a0309917_06105799.jpg


シロウマアサツキ

a0309917_22213199.jpg



ミヤマダイモンジソウ

a0309917_06113467.jpg




ミヤマアズマギク

a0309917_06123250.jpg

テガタチドリ
a0309917_21365539.jpg


チシマキキョウ

a0309917_06131298.jpg


白い花崗岩の斜面にコマクサが広く群生しているのに
写真に撮ってもよくわからないですね。

a0309917_06140088.jpg


コマクサ↑↓

a0309917_06142923.jpg


ライチョウが草の実を啄んでいる様子でした。
遠くてガスもかかっているので写真はボケボケですみません。

a0309917_06154003.jpg

a0309917_06160011.jpg

小蓮華山に近づいてくると山の色が赤茶色になってきました。
a0309917_06164145.jpg


はい。小蓮華山頂上に到達しました。
新潟県の最高峰だったとは、このツアーに参加するまで知りませんでした。
というか、、新潟県の山にあまり頓着していなかったかも、、(^^;;
凄い!見晴のよい素晴らしい山です。

a0309917_06202507.jpg
a0309917_06205171.jpg


チングルマは山の斜面の南側ではこんなふうにすっかり穂になっていて、
まだ雪の残る北側の斜面では白い花がびっしり咲いているという、、

a0309917_06215184.jpg


この白い花はハクサンイチゲかな。

a0309917_06223786.jpg


ウサギギク

a0309917_06235856.jpg


ヤマハハコ

a0309917_06242934.jpg


ハクサンシャジン

a0309917_06250358.jpg


あ~!白馬大池が見えてきました!

a0309917_06255682.jpg


ガイドさんが言ってました。
「白馬大池の周囲は本当にロマンチックで良いところだよ」
「お花畑がすごく綺麗でベンチもあって」
「もう少し若かったら、、彼女連れて池の周りを歩きたいな!」

「そうなんですか~まだ充分お若いじゃありませんか!」

ふふ。。初老の男性がこんな素直にロマンチックを語るなんて、、
白馬の魔法がかかっているのではないですか(*^^*)


a0309917_06270354.jpg
リンネソウ
大池の手前ハイマツやシャクナゲの低木のその根元あたりに
3メートルくらいの群生で3,4か所咲いていました。
珍しい花ですか?私は初めて出会った花で大感激♪
a0309917_06280774.jpg


コゴメグサ
小蓮華山すぎたあたりから斜面に広がって咲いていました。
小さい花であの白い斜面をベールのように覆っている花はなに?
と思っていて、やっと近くでみることができたら、

a0309917_06284279.jpg


こんな小さい可愛い花でした

a0309917_06290524.jpg


コマクサ
白馬岳でも小蓮華山でも斜面に沿って群生していましたが
遠くからでは、写真に撮ってもどこ?みたいに見えてなくて残念です。
大池の近くでロープ間際に咲いていた集団が大人気でした。

a0309917_06292874.jpg
大池に到着。

おお~
なるほど、、ロマンチックな景色ですね(*^^*)

お花畑の向こうに静かで広い池。
残雪から霧が湧き幻想的な雰囲気です。

a0309917_06444859.jpg


ハクサンコザクラ


a0309917_06303003.jpg




コイワカガミ
a0309917_06305525.jpg


タテヤマリンドウ

a0309917_06313091.jpg


チングルマ

a0309917_06320904.jpg


お花畑を通り過ぎると、下山はやはり急坂ですぐ森林帯に入ります。
雨が降っていたらしく道は濡れてすべる、すべる、
でも、一度も雨具を着なくてよかったのはラッキーでした。



大池をだいぶ下って、森林帯の中で咲く
イチヤクソウ

a0309917_06323655.jpg


カラマツソウ

a0309917_06330262.jpg


天狗の庭あたりでよく咲いていた
ハクサンシャジン

a0309917_06333161.jpg



蓮華温泉に到着。
お疲れ様でした~
お風呂の前にまず一杯
コケモモジュースが超オイシー♪

a0309917_06343612.jpg

今まで何年も長野方面行くたびに糸魚川を過ぎたあたりから
雪を被る山頂を見たり、栂池から大雪渓を仰いだり、
小遠見、八方池アルペンルート、唐松岳、から偉大な山容を見てきました。

今回ずっと憧れ続けていた白馬岳に登ってみて
やはり期待通りの素晴らしい山でした。
森林地帯、雪渓、岩場、北アルプスの稜線を眺めながらの尾根歩き、花花花、、
変化に富んで十二分に楽しませてもらいました。
おまけのように小蓮華山と思っていましたが、
小蓮華山から白馬大池にいたる稜線も素晴らしかった♪

歩ききった達成感もあって大満足の山行でした!


by a-echi8725 | 2017-08-09 22:22 | 白馬岳~小蓮華岳 | Comments(4)

白馬岳から小蓮華岳

2017年8月5日(土)~6日(日)
白馬岳(2932m)~小蓮華岳(2,768mは新潟県最高峰)登山

5日=猿倉登山口9:30・・・白馬尻小屋10:57(昼食休憩)~大雪渓11:50・・・・・・・白馬山荘16:30(泊)
6日=山荘5:50・・・白馬岳山頂(2,932m)6:10・・・小蓮華山(2,768m)7:50・・・白馬大池9:24・・・蓮華温泉12:30(入浴) 


距離16.9㎞
高度差1,841m

時間13時間40分(休憩含)

a0309917_16152903.jpg

猿倉廬山口までツアーバス。
駐車場にはたくさんタクシーが駐車していました。
ここから縦走で栂池自然園や蓮華温泉に縦走してタクシーで帰るという手段はいいですね。
登山口から少し歩いて中部山岳国立公園の石標


a0309917_16270285.jpg



初めは森林帯を歩く
道端にはアジサイやタマガワホトトギス


a0309917_16273985.jpg



オオバユリ

a0309917_16280637.jpg


カラマツソウ
a0309917_16284785.jpg

ヤマアジサイ
a0309917_16300901.jpg

1時間ほど歩くと行く手に雪渓が見えてきました

a0309917_16311229.jpg



白馬尻までは1時間半ほど、すぐ手前にキヌガサソウが群生していました。
a0309917_16340285.jpg





a0309917_16324114.jpg



お弁当はおにぎり2個。
ペロリとたいらげて体力回復♪
a0309917_16314566.jpg

ここから白馬山荘まで予定では約4時間ほど、
アイゼンをつけてさあ、出発です。

a0309917_16354300.jpg




a0309917_16361432.jpg




a0309917_16441103.jpg
まるで冷蔵庫の中みたい♪
冷涼な霧が流れて、時々視界もこんなふうになったり、、

a0309917_16364437.jpg




a0309917_16384159.jpg





a0309917_16393962.jpg
立ち休憩のときに後ろを振り返ってみた、、
結構登ってきてますね。
ところどころにクレパスが大きな口を開けてます。
怖くて近くによれませんが(^^;;
a0309917_16470674.jpg

突き当り右のいわばでアイゼンを外している人たちが見えました。
ここで雪渓登りは終わりのようです。
大雪渓だけの登りは約1時間20分くらいだったかな。

a0309917_16504689.jpg


そして、ここからはまた急登が始まります。
雪解けの水がザーザーと音を立てて流れています。
歩く岩場でも水が流れ、少し滑るのに気を使って、、
a0309917_16534249.jpg
でも、このあたりからはもう~素晴らしいお花畑が続き
美しい花崗岩の奇岩や白い岩肌に咲く花に見とれ、、
いつものように、、、写真を撮っては最後尾になってしまう始末。。
それでも、止まって撮ることはめったにないのですよ、
歩きながら、、なので良い写真はなかなか撮れません(TT)


a0309917_16515893.jpg
イタドリとかイワオウギとか
a0309917_16543307.jpg
クルマユリも見ごろでした。

a0309917_21191614.jpg




a0309917_16550353.jpg





a0309917_16554049.jpg





a0309917_16560706.jpg
オタカラコウとかキンポウゲとか
a0309917_16563676.jpg





a0309917_16571058.jpg
ミヤマオダマキ
a0309917_16575689.jpg
イワオウギ(白くて長い花)
今回カメラのレンズは景色重視で標準レンズです。
花の写真もマクロで一個体づつ綺麗にとることは最初からあきらめてあるので
こんな雰囲気で咲いているんだ~と見てくださいね。
a0309917_16583225.jpg

シナノキンバイ・ミヤマキンポウゲ・ミヤマキンバイ・ミヤマダイコンソウ
みんな黄色い花。
a0309917_16593973.jpg
イブキジャコウソウ
a0309917_17002296.jpg



オキナグサ?
シベを写真に撮ることができなかったけれど、
ン~茎と葉も見当たらない、、違う花かな?

a0309917_17011460.jpg


イワオウギ
この花が下からずっと咲いていて一番群生していたように見えます。
a0309917_17015114.jpg

この小さい子はだあれ?
凄くかわいい。
a0309917_17021212.jpg


オタカラコウ
a0309917_17023410.jpg


アオノツガザクラ
a0309917_17031119.jpg





a0309917_17034830.jpg
ウルップソウ
白馬国民宿舎のあたりからた~くさん咲いていましたが
もう時期が過ぎて枯れてしまった花が多かったです。
a0309917_17042304.jpg
ミヤマクワガタ
a0309917_17045780.jpg

ミヤマダイモンジソウ
a0309917_17054629.jpg
チシマキキョウ
少し丸く開いて毛羽たっているのが特徴
a0309917_17063146.jpg



タカネツメクサ(白) ヨツバシオガマ(赤紫) イワキョウ(青)
イワキキョウは花と葉が少し細長くて花は毛羽たっていない
a0309917_17072309.jpg


白馬国民宿舎から、白馬山荘が見えてきました!
「HANA 好きYAMA好き」山岳部員2名
あと少し、待ってろよ~(笑)

a0309917_17100194.jpg


白馬山荘到着~
a0309917_17103456.jpg
2県に跨ってみました(^^)
a0309917_17105808.jpg





a0309917_17112851.jpg





a0309917_17132323.jpg





a0309917_17120003.jpg



夕焼けシーンが始まり、、
大勢の人で賑わう山荘の広場、ベンチ。
ベンチでおいしいコーヒーとチーズケーキを頂きながら
長い間、夕焼けを楽しみました♪
a0309917_17123379.jpg

日本最大の収容人数を誇り
宗教登山に由来しない山小屋としては
日本最古だそうです。
が、何度かの改築や修繕などで綺麗で
充実した館内でした。
私達が泊まった部屋は畳の張り替えをしたばかりらしい、新しい畳の匂いがしてました。

別棟にある売店、レストランも広く明るく
大勢の人で賑わっていました。
a0309917_13522921.jpg




いよいよ、明日は憧れの白馬岳山頂へ!
晴れてくれますように~
まだまだ写真がたくさんあるので2日目の登山は
次回投稿に続きます。


by a-echi8725 | 2017-08-08 22:12 | 白馬岳~小蓮華岳 | Comments(2)