2018年6月24日(日)


猫魔ヶ岳(1,404m)~雄国沼湿原探勝路

快晴の日曜日、もう何年も前から行こうと思いながら見送ってきた
雄国沼のニッコウキスゲを見にいくことができました!
友人と6時待ち合わせ出発、磐梯山ゴールドラインの八方台登山口に駐車。
7時半ころに着いたときにはもう9割方止めてあって、ギリギリセーフでした。
このお天気、磐梯山も猫魔岳~雄国沼も大人気ですね。


a0309917_16364460.jpg


a0309917_16371589.jpg


新緑のブナ林の中を歩きます。
清々しい空気の中に木漏れ日がキラキラと美しい!


a0309917_16373295.jpg






森の中、新しい芽生え

a0309917_17125176.jpg




a0309917_17130902.jpg






一番最初に目に入ったのはギンリョウソウ

a0309917_16381553.jpg





こんなこんもりしたギンリョウソウは初めてみました。
とにかく、あっちにもこっちにも大量ですなんです(笑)

a0309917_16383142.jpg




ユキザサ

a0309917_16390449.jpg




マルバツクバネソウ

a0309917_16392236.jpg





ブナの実

a0309917_16403400.jpg




八方台
スキー場のリフト乗り場があるんですね。
猪苗代湖、2度の磐梯山登山でも頂上からみることができなかった猪苗代湖。
今日は良く見えます♪

a0309917_16394652.jpg





スダヤクシュ

a0309917_16572607.jpg





ベニサラサドウダン

a0309917_16543652.jpg






猫魔ヶ岳山頂
板が立てかけてあっただけなので、磐梯山をバックに持ち上げてみました。
素晴らしい眺望です~

a0309917_16411576.jpg




三角点ハンターはタッチも忘れずに~

a0309917_16420612.jpg






猫魔ヶ岳から猫石にに向かいます。頂点ポチッと見えますね。

a0309917_16414207.jpg




はい!
20分ほどで猫石に着きました!

a0309917_16424429.jpg




桧原湖方面

a0309917_16433000.jpg





眼下にはまだ小さく雄国沼が見渡せました。
せっかちにも、望遠で覗き見してみました。
早い時間なので木道にはまだ人がまばらでした

a0309917_16443193.jpg





写真薄いですが飯豊山、あこがれの名峰はどこにいても際立った存在感

a0309917_16450342.jpg








ユキザサ

a0309917_16592454.jpg






エゾノタチツボスミレ(だと思う)
(標高1,000m以上に咲き、遅く咲くので他の草が生えても負けないように
茎が長く咲くのだそうです。)

a0309917_16595073.jpg





ベニバナイチヤクソウ

a0309917_16581401.jpg






3回くらいかな?沢を渡渉していよいよ雄国沼のほとりについたようです。

a0309917_16453664.jpg




このあたりにはオニアザミがたくさん咲いていて、
道が狭いのに、歩くときに体に当たって痛い~

a0309917_16455710.jpg





広い堤防を歩きます

a0309917_16464590.jpg




a0309917_16482026.jpg





キンポウゲみたいなこの花はなに?
もっと小さくて花弁がつやつや光っていましたが、、

a0309917_16485724.jpg


a0309917_20441635.jpg




雄国沼休憩舎のあたりの林はカメノキやサラサドウダンやモミジの木が多かったかな。
モミジのプロペラみたな花が赤くて可愛かった~!

a0309917_16552129.jpg



a0309917_20491747.jpg





大きなナナカマドの木もありました、もう花は終わって実が付いていました。

a0309917_20505363.jpg





ウツギも他所ではだいたい終わっている頃ですね、
この子はまだ新鮮なピンク色で可愛く咲いていました。

a0309917_16555165.jpg



ちょっと穴の開いたような開けた場所に真っ赤な赤が!
近づいてみると近くに蕾がいっぱい。
これからなんですね~、
コウリンタンポポ

a0309917_16565300.jpg



a0309917_20571441.jpg




休憩舎でトイレを借りて、少し休憩。
やっぱりお弁当はお花畑を見ながら食べたいので
もう少し、頑張って歩きます。
ニッコウキスゲが近くに咲いて見えるようになりました。

a0309917_20582527.jpg





陽の光を浴びて輝く金色のニッコウキスゲ

a0309917_20580080.jpg



雄国沼湿原木道探勝路
約1.1Kmの木道は一方通行です。


a0309917_21034183.jpg



a0309917_21042945.jpg


レンゲツツジと
a0309917_21050059.jpg


コバイケイソウと
a0309917_21052076.jpg



a0309917_21054707.jpg

ワタスゲ
a0309917_21061758.jpg



サワラン(後ろ向きですみません^^;;)
a0309917_21082717.jpg




フデリンドウかな?(とにかく小さくてごめんなさい)
a0309917_21093013.jpg





アヤメはまだ蕾が多かったようで、これからでしょうか。。
a0309917_21111630.jpg



たくさんの人が一方通行で歩きますが、
所々で膨らんだ場所があって、みなさんそこでリュックを下して休憩しています。
私たちもここでお昼休憩にしました。
陽射しは強かったけれど風が気持ちよくて、最高~

a0309917_21125814.jpg




以下、似たような風景ですが、花も良かったけれど
空も雲も素敵だったので、見飽きることなく
ここで約一時間過ごしました。

a0309917_13411798.jpg



そろそろ帰らなくちゃ、、
また2時間半歩いて帰り道です。


a0309917_13421635.jpg




磐梯ゴールドライン八方台登山口7:45・・・猫魔八方台8:05・・・猫魔ヶ岳8:52
猫石9:25・・・雄国沼休憩所10:40・・・湿原探勝路入口11:30~散策
昼食休憩後出発12:25・・・猫石14:10・・・猫魔ヶ岳14:48・・・八方台登山口15:40

総距離13.8Km  時間7時間56分(休憩含む) 


a0309917_16360124.jpg


by a-echi8725 | 2018-06-26 21:37 | 猫魔ヶ岳 | Comments(5)

6月の庭


2018年6月の庭

今年の薔薇は春一番の新芽をことごとくバラゾウムシにやられて
毎日追いかけっこをするのだけれど到底勝ち目はなくて
どんなに涙をながしたことか、、、(TT)


a0309917_21050072.jpg



a0309917_13495243.jpg


(5/28)撮影




a0309917_21124889.jpg


(6/2撮影)一応満開になっていますが、、、アブラムシがたくさん(T.T)



と、いうのもこの↓親子さんのせいなのです。
確かに、すでにバラゾウムシの被害があってからの話なので、
それ以前に予防散布はしておかなくちゃいけなかった。
でも、気がついたときにすぐに薬を散布できればそこまでの被害にならなくて済んだものを、、
ある日、ホオジロの巣を発見してしまったのです。
どこに?↑画像のポールズヒマランムスクのアーチの真ん中!!
(写真がんばったけど写せません、みえなくてすみません)
卵を抱えているホオジロのお母さん~マジ!??
こんな棘とげの枝の中につくらなくても~(T.T)と思いません?

何日もじっと微動もせずに、、少し近づくとお目目だけくるくるとこっちを見るのですよ。。。
そんな小鳥さんに薬剤散布なんてできませんよね。。
一番最初に巣を発見したのが5月に入ってすぐだとおもいます。
ずっと、ずっと、巣の中で動かない親鳥。
2週間もしたころかな、、、、昼間飛び立っては戻るという姿が見えるようになりました。

あら~親鳥が餌を加えてもどってきたではありませんか!
そんな姿がみえるようになって、もしかしたら雛が孵ったのかも?
そっと覗いてみたら一羽の雛が口をあけてる!♪
動いてる♪動いてる♪
でも囀りも聞こえず凄く静かなんですよね、、心配していました。



a0309917_21130914.jpg





それからまた2週間もたって、、、なかなか雛の囀りも聞こえないまま、、
そっとしておきましたが、
花弁も桜吹雪のように舞い散り、梅雨入りしたというのにいつまでもほおっていけないので
勇気を奮い起して、剪定をしました。
やっぱり、、というか巣の中は空っぽで。。。
巣立ちは確認できなかったけれど、無事に巣だったと思いたいです。

そして、やっと今朝は庭中の草木に、病気の消毒と虫予防を散布することができました。

ああ~ほっとした(^.^)








玄関入り口のピエールドォロンサールとハニーサックルのアーチ(だった)
春一番の風が吹いたとき、このアーチは倒れ、真ん中から真っ二つに千切れ折れたのです。
でも両方とも木になってもう立ちあがって蕾がついているので
今年はそのまま起こして咲かせてしまいました。
は~、冬剪定どうしよ、、、、(><)

a0309917_21001340.jpg




a0309917_06403305.jpg




ハニーサックルも丈夫で蔓がどんどん伸びた先から甘い香りの花が咲く。
好きな花木なんですよね。
でも下部から壊れたアーチにグルグル巻でしがみついているので
アーチを取り払うとなると木を倒すしかないかも、、、(T.T)


わ~~~もう!!
課題満載です、どうしましょう~

a0309917_21003713.jpg







フウロソウは刈り込んだあとから何度も咲きます

a0309917_21012185.jpg




ちょっと花大きめのフウロソウ、薄いピンクが綺麗

a0309917_21015767.jpg





ポティンキラ
まあ~地を這ってどこまでも伸びる伸びる。
邪魔になったら刈り込むけれど、こんなポイントがあってもいいですよね♪

a0309917_21022344.jpg





紫陽花の季節ですよね。
雨が似合う、、、ではなくて雨がなくてはならないかな?
土壌にもよると思いますが、わが家にある紫陽花さん達はすっごい水飲みたがる性質で
必ず朝晩2回の水ヤリはかかせません。

a0309917_21025556.jpg




a0309917_06343115.jpg




a0309917_06345913.jpg



a0309917_06411929.jpg



a0309917_06354094.jpg





シャルロット

a0309917_21032653.jpg





フリュイテ

a0309917_21040213.jpg





かおりかざり

a0309917_21042249.jpg





ジュピレ・デュ・プリンセス・ドォ・モナコ

a0309917_06375972.jpg





ジュリア

a0309917_06383637.jpg




ヘンデル

a0309917_06395237.jpg




シャエラザードを花瓶に

a0309917_21141166.jpg






「踊り場」

a0309917_21052780.jpg



「プリンセスダイアナ」

a0309917_06362347.jpg








「白麗」

a0309917_21063837.jpg




a0309917_21071162.jpg




a0309917_21075575.jpg






「アフロディーテ・エレガフミナ」

a0309917_21084086.jpg




a0309917_21090586.jpg



大好きなヒューケラの色々、、

a0309917_06415658.jpg






a0309917_06423110.jpg



a0309917_06425778.jpg



a0309917_06431812.jpg






わが家には珍しい色、、ちょっとね、、(笑)
おじいちゃんの仏壇にお供えしましょうか~(^^;;

a0309917_06434470.jpg





by a-echi8725 | 2018-06-20 06:09 | *********庭の花******** | Comments(0)

2018年6月9日~10日
硫黄岳(2760m)~横岳(2829m)~赤岳(2889m)

蓼科カントリークラブ三井の森を過ぎて、
唐沢鉱泉、桜平分岐までバス、そこからは夏沢鉱泉の自家用車で迎えに来てもらい
桜平登山口から登る。

シラビソの森

a0309917_05574460.jpg




苔蒸す森を歩く

a0309917_05580903.jpg



a0309917_05590724.jpg






a0309917_05594286.jpg




a0309917_06001230.jpg




a0309917_06003118.jpg


マムシソウ(テンナンショウ)
a0309917_06004803.jpg


キバナノコマノツメ
a0309917_06011468.jpg




a0309917_16552937.jpg



タチツボスミレ

a0309917_06013283.jpg




オサバクサ

a0309917_06015026.jpg




コミヤマカタバミ

a0309917_06054378.jpg




30分ほどで夏沢鉱泉に到着。
まず昼食休憩

a0309917_17174794.jpg



北沢沿いを歩き続けます

a0309917_06024423.jpg



コヨウラクツツジ

a0309917_06030932.jpg



a0309917_06033257.jpg



オーレン小屋に到着、休憩。
昨年はここで宿泊して硫黄岳と天狗岳~北八ヶ岳を白駒の池まで18Km縦走しました。
オーレン小屋の夕食は桜鍋だったな~美味しかったな~と思いだします(^^;;



a0309917_06040601.jpg



a0309917_06062560.jpg



夏沢峠
広く長い八ヶ岳をここから南と北に分けて南八ヶ岳、北八ヶ岳と呼ぶそうです。

a0309917_06071304.jpg



a0309917_06074070.jpg



イワウメ

a0309917_06081413.jpg



a0309917_06083551.jpg



ウラシマツツジ(黄花) コメバツガザクラ(白花)
背の低い小さな花が岩にくっついて咲いています。

a0309917_06085886.jpg




ジグザクの急登ですが、見上げれば青い空と白い雲~♪

a0309917_06093922.jpg



爆裂噴火で大きく裂けた噴火口

a0309917_06100726.jpg



硫黄岳の頂上は真っ平で広くて360度の眺望も素晴らしいのです!
時間も順調に早く着いたので、みんなで思い思いに写真撮ったり、おやつ食べたり
ゆっくり休憩できました。
お天気いいし、最高~(^o^)


a0309917_18414933.jpg



a0309917_18464912.jpg








硫黄岳山頂から真向かいにド~~ン!と対峙しているのが、左横岳と右赤岳
明日はあのギザギザを越えて赤岳登頂のち、文三郎尾根から行者小屋、南沢コースから美濃戸登山口に下ります。

a0309917_06105828.jpg



硫黄岳山頂から見下ろす稜線の真ん中に小さく青い屋根、硫黄岳山荘が見えます。
今日は、そこまで行って宿泊です。

a0309917_06113523.jpg



コキンバイ

a0309917_06120200.jpg






硫黄岳山荘に宿泊


a0309917_06131765.jpg





a0309917_06134997.jpg





朝は5時朝食、準備体操をして5時50分に出発♪

天気予報では午前中は曇り、午後から雨が降りそう、、みたいですが、
行者小屋まで午前中に下りてしまえば、あとは雨でもぜんぜんオッケーな気分。
出だしは気分上々♪青空が綺麗です。
でも、風がすごい!!
もっとも、この稜線は一年中強風が吹いているところだそうですが。

a0309917_06141499.jpg





穂高連峰と槍ヶ岳

a0309917_06143734.jpg




御嶽山

a0309917_06150452.jpg



常念岳・・北岳・・

a0309917_06152671.jpg




富士山

a0309917_06154933.jpg




キバナシャクナゲ

a0309917_06161390.jpg





いよいよ横岳の主峰にアタックです。
カメラは仕舞ってください、危険ですとガイドさん。

a0309917_06164032.jpg





横岳登頂タッチ~♪

a0309917_19032099.jpg



[
「ここからはツクモグサをはじめ、高山植物がたくさん咲いています。
カメラを出してお花見しながら歩きましょう。」とガイドさん。
今回のツアーでは、カメラを持って写すことを寛容に見てくれて、
わざわざ時間を取ってくれたりもしました。
今まで、登山中にカメラ撮影は迷惑なこと、危険なこと、とツアーでは
歓迎されずいつも一番後ろを歩いてきましたが、
今回のガイドさんは、植物の説明などを加えながら
特にツクモグサの群生などは時間をゆっくり取ってくれました。
感謝ですm(__)m

クモマナズナ

a0309917_06171746.jpg



イワウメ

a0309917_06175036.jpg




ウラシマツツジ

a0309917_06181814.jpg



チシマアマナ

a0309917_06184086.jpg




ハクサンイチゲ(蕾)

a0309917_06190402.jpg




ハクサンイチゲ

a0309917_06195025.jpg

ウルップソウ(蕾)

a0309917_06202305.jpg




イワヒゲ

a0309917_06204461.jpg




ミネズオウ

a0309917_06210369.jpg




チシマアマナとオヤマノエンドウ

a0309917_06212399.jpg



チシマアマナ

a0309917_06214182.jpg






a0309917_06224350.jpg






キバナシャクナゲとハイマツ越しに赤岳山頂を見る

a0309917_06230775.jpg




ツクモグサ

a0309917_06233780.jpg

a0309917_06220296.jpg



a0309917_06242252.jpg


a0309917_06244972.jpg


a0309917_06251309.jpg

a0309917_06254508.jpg


a0309917_06261896.jpg


初めて見るツクモグサは写真で見たより、小さい花なんだな~という印象でした。
曇り空のせいか?完全に開花した状態で見る花は写真に収めることは出来なかったけれど
こんなに群生しているとは思ってもいなくて!
群生した花が風に揺れる風情も美しくて、もうう~大感激です!

a0309917_06263619.jpg




ミヤマキンポウゲ

a0309917_06265822.jpg





チョウノスケソウ

a0309917_06274143.jpg


チョウノスケソウは匍匐性の常緑小低木です。
北アルプスとか多くの山で見られるチングルマと似たような性質ですが、
八ヶ岳にはチングルマは生息していないそうです。

a0309917_06281468.jpg




ハクサンイチゲ

a0309917_06283480.jpg




オヤマノエンドウ

a0309917_06290479.jpg



ミヤマキンポウゲ

a0309917_06341760.jpg



地蔵の頭

a0309917_22012361.jpg



ここからは花も少なるし、岩登りになるので自身もカメラも危険なので
もうカメラはしまいましょうとガイドさん。
ほんとうに頼りになります。

急なクサリ場を登ったり下ったり、、
標高も高くなっているので息があがりました。








a0309917_06344491.jpg




↑↓
隊列の前にいて先を降りていたときの待ち時間にスマホでカシャ(^^;;


a0309917_19035378.jpg






a0309917_06350457.jpg




赤岳北峰
赤岳頂上山荘に到着。小休憩、有料でトイレを借りられます。

a0309917_06361357.jpg





a0309917_06365161.jpg


赤岳山頂~♪
私達のメンバー以外は誰もいない山頂!
凄くないですか?

a0309917_18505093.jpg



文三郎尾根から降ります。

a0309917_19215337.jpg



はい。ここからまたカメラはリュックに片付けましょう!

a0309917_19174067.jpg


ずっと急な下り。クサリと梯子と鉄網の階段の続き。
なるほどカメラなど持っている余裕はありません!
(実は2年前の7月にも、この文三郎尾根を行者小屋から赤岳山頂まで往復しています。
雨風の強い日で足元しか見えず、必死な思いで前の人の跡をついていくだけだったのに、、、
なんと、カメラ持ってお花を写していたのですね~
今、思うと怖い。。。^^;;)



a0309917_19422973.jpg



行者小屋まで下りてきて歩いた軌跡を見る。。
↓画像、一番左のとんがりが横岳の主峰、ギザギザを登ったり降りたりして、一番右が赤岳
つい、いましがたあそこを歩いていたと思うと、、感動です!

a0309917_06380580.jpg






昼食にカレーを食べてゆっくり休憩をしたあと、
行者小屋からは南沢コースで美濃戸口まで降りる


ミネザクラ

a0309917_06372135.jpg



a0309917_06383415.jpg




鹿の親子に会いました。小さい子は少し離れたところにいたのでツーショットは出来なかったけれど
警戒する様子もなくのんびりと歩いて行きました(^^)

a0309917_06385885.jpg




美しい苔の森
予報どおりにお昼休憩をしたあたりからポツポツと雨があたったり、、上がったり。
何度も雨具を脱いだり着たりもしたけれど、
やっぱり苔の森は少し霞んでいたくらいが素敵♪
尾根では晴れて青空の下、
森ではしっとりと苔が濡れて、
こんなに条件に恵まれると、今年のツキを全部使い果たしたかと心配になるほど(笑)

a0309917_06392053.jpg



コイワカガミ

a0309917_06394006.jpg




コイワカガミの群生 花の色も濃く葉の色も銅色が綺麗です

a0309917_06395864.jpg




イチヨウラン

a0309917_06402898.jpg



a0309917_06405470.jpg






ホテイラン

a0309917_06412866.jpg


a0309917_06415511.jpg


a0309917_06421545.jpg






思った以上にホテイランがたくさん咲いていて驚きました。
こんなふうに番号札が立っていたものも多く、手厚く保護されているのですね。
先日青森ではヒバの木の下に咲く「ヒバの森の妖精」と呼ばれるヒメホテイランに逢ってきましたが、
八ヶ岳ではシラビソの森ですね。
「シラビソの森の妖精」どうか乱獲されることなく増えていって欲しいと願います。

a0309917_06423580.jpg





モミジカラマツソウ

a0309917_06425941.jpg


南沢コースは急登ではないけれど
大小の石や木の根が多く滑りやすいので気を付けながら約2時間半ほども歩きます。
途中、ホテイランの撮影を許されてみんなで隊列を崩して
わらわらと散って写真を撮っていました(笑)


美濃戸山荘に着きました。
小休憩、ここが美濃戸登山口になります。
自家用車は近くまで乗り込んでこれるのですが、
ツアーバスは来ることができず、我々は麓の別荘地、バス停留所まで歩きます。(ちょうど一時間くらい)



a0309917_06432198.jpg





イカリソウ

a0309917_06434434.jpg




エンレイソウ
黒とか白の花はよく見てきましたが、ピンクの花は初めてでした。

a0309917_06440638.jpg




ベニバナイチヤクソウ

a0309917_06442495.jpg



ヤマツツジ

a0309917_06444376.jpg



ササバギンラン

a0309917_06461185.jpg









6/9日  桜平登山口11:26・・・夏沢鉱泉12:07(昼食休憩)・・・オーレン小屋・・・
夏沢峠14:07・・・硫黄岳15:21・・・硫黄岳山荘16:01(宿泊)
6/10日  硫黄岳山荘出発5:50・・・横岳主峰山頂6:50・・・赤岳南峰山頂9:55・・・
行者小屋(昼食休憩)11:30~12:09・・・美濃戸山荘15:01・・・美濃戸口バス駐車場16:05

全行程徒歩距離23.2Km 

ツアーガイドさんが作ってくれたコースタイムより両日合わせて1時間ほど短い時間で達成できました。
あんなにゆっくりお花見をしながらだったのに、天気予報が悪かったおかげで登山者の数が少ないため
すれ違い待ち時間などのロスがほとんどなく、また参加者のマナーや協力体制もバッチリよかったからだと
おほめをいただきました♪
美濃戸山荘から美濃戸口までがと~っても長くて疲れた足には厳しいと言う声もありましたが、
私的には、林道に咲く花もあって退屈しなかったし、
本当に2日間、素晴らしい好天に恵まれ花に恵まれ最高の山歩きができて幸せでした!♪


a0309917_05562652.jpg

by a-echi8725 | 2018-06-12 22:44 | 八ヶ岳(硫黄岳、横岳、赤岳) | Comments(4)

鋸山

2018年6月3日(日) 鋸山(764.9m)登山


花立峠コース登山口 9:43・・・花立峠11:12・・・頂上11:46
折り返し・・・昼食休憩12:00~13:00・・・下山14:30




お天気の良い日曜日、毎週お出かけで家族にも庭にも申し訳ないけれど、
家事は早起きでどうでもこなせるし、庭の掃除もちゃんとした♪
少し、出発は遅いけれどお友達に誘っていただいて近場のお山さんに登ってきました。
自宅から待ち合わせ場所経由、高速使って長岡までは1時間弱。
もう一人のお友達に案内してもらいながらの
鋸山、大分藪になっている時期かな~と思ったけれど、
まだ、スミレが咲いていたり、ワラビもあったりで
虫が飛んでいなかったのもよかったです。

a0309917_22352538.jpg




あ、滝発見~♪
a0309917_22293016.jpg



a0309917_22532920.jpg





a0309917_23131007.jpg






アザミ
a0309917_23144477.jpg





ハルジオン(春紫苑)、ヒメジョオン(姫女苑)?
ピンクぽくて、花弁が糸みたいなので私はハルジオンだと思うのですが。
a0309917_23150355.jpg






キショウブ
a0309917_23182492.jpg




サイハイラン
お初見の花です!
たった一輪、ちょっと色褪せてきているみたいだけど
待っていてくれたように思えてなりません。
咲いていてくれてありがとう~(*^^*)
a0309917_12464002.jpg




テンナンショウ
a0309917_21581057.jpg




大モミジ
根基から横倒しになってますが、
倒れた後からも見事な枝を立ちあがらせて大木です。
a0309917_21585631.jpg



雪のせい?豪雪の長岡ですからね~

a0309917_21592939.jpg



クリンソウ
a0309917_22002091.jpg



アマドコロ(ナルコユリ)
a0309917_22005322.jpg



クワイチゴ
a0309917_22170519.jpg



長工新道の尾根
中越地震で大崩れを起こした跡だそうです

a0309917_22020672.jpg


花立峠
a0309917_22023456.jpg


登山口から約1時間半、見晴らしの良いところで休憩です
a0309917_22025806.jpg



ここから尾根歩きになりますが
頂上ちかくなるとまたアップダウンを繰り返して
a0309917_22034314.jpg




a0309917_22040868.jpg



左斜面は深い谷

a0309917_22043259.jpg




a0309917_22050346.jpg




一等三角点タッチ♪
a0309917_22523127.jpg



長岡市丘陵と市街地が見渡せます
遠く右方面、弥彦角田も肉眼では見えましたがカメラには写りませんでした

a0309917_22153554.jpg


ヒメサユリが一輪だけ楚々と咲いて待っていてくれてありがとう~

a0309917_22062378.jpg



水場近くに咲いておた小さな小さな花は
a0309917_22065392.jpg



キュウリクサというのだと教えてもらいました。
葉を揉むと胡瓜の匂いがします。
薄い水色の小さな花の集まり、、
勿忘草の花にも似ていますよね、可愛いわ~
a0309917_22071294.jpg






女三人、かしましい、、とか言います?笑
歩きながら、たくさんお話したり笑ったり!!
登り2時間、下り1時間半、
たっぷりの休憩をとりながら
今日も楽しい山歩きをありがとうございました♪







by a-echi8725 | 2018-06-06 16:01 | 鋸山 | Comments(5)