弥彦山でアサギマダラ♪


2018年8月25日(日)弥彦山634m


朝5:26登山口・・・登頂6:52・・・下山7:57

8月はお盆絡まりで親せきや家族にサービスが忙しかった!
加えて孫②の誕生日祝いやお祭りで土曜日曜も慌ただしかったし!
毎年8月はこんなだから最初から山の計画も立ててはいないのだけれど
毎日のウォーキングも暑さのせいで怠けがち。
秋の山行に向けて少し歩いておかなくちゃ!

午後から用事があるので、
今日も朝の時間にトレーニング弥彦山。


今年は弥彦山の表登山道は7月まで通行禁止だったので
春は田ノ浦コースと西生寺からの裏コースを登ったきりだったので
一年ぶりくらいの表コースでした。
やはり今日も早朝登山たくさんの人が登っていました。





越後米どころ西蒲原平野。
田んぼの稲も黄金色になってきたところもあり、
台風の影響もなく順調に収穫できますように~!

a0309917_20474577.jpg



少し雲があり、気温は高く蒸しているけれど
ジリジリの暑さがないのでまだ楽です。



a0309917_20481697.jpg




すっかり明るくなってきましたが、
今日は午後から雨が降る予報で待ちに待った雨ですが
降る前には降りていたいです

a0309917_20490042.jpg






先月登った妙高山方面、今日は見えていませんね。

a0309917_20492436.jpg







頂上で少し休憩をして階段を下りたあたり、
アサギマダラがこれは何の花?
止まったり飛んだりしています。
この蝶の舞はなんというのか、、、薄い羽をほんとう~にひらひらと、、、
シャッターを切る音に反応して飛び立ってはまた戻ってきたりして
しばらくひらひらしていたのだけれど
他の登山者の方たちの足音や話声に驚いたらしく
とうとう奥の繁みの中に消えてしまいました。


a0309917_20495217.jpg





a0309917_20501395.jpg






a0309917_20503986.jpg





山の花は秋らしくなっていましたが
小さい花はピントが合わず(TT)
暑さの中でじっくり取り組む元気もでず(TT)
あまり撮ってきていませんでした。


a0309917_20510995.jpg





a0309917_20524980.jpg







a0309917_20520842.jpg





a0309917_20532181.jpg





ヤマゲラが忙しく餌を啄んで運んでいました。
そばに幼鳥がいるような様子、
そう~っとそ~っとね
a0309917_20573784.jpg






a0309917_21045904.jpg



久しぶりの弥彦山、楽しかったです。
明日も雨じゃなかったら行きたいな~(笑)







さて、家に帰ってきたら我が家の庭にもお客様でした。
午後にならないうちに降ってきた雨がすぐ止んで。
雨あがりの庭で花も蝶も喜んでいました。

a0309917_20553544.jpg



a0309917_20555320.jpg


a0309917_20562220.jpg





# by a-echi8725 | 2018-08-25 21:55 | 弥彦山 | Comments(0)

2018年8月5日(日)晴天
谷川岳(オキの耳1,977m)~一ノ倉岳(1,974m)~茂倉岳(1,977.9m)縦走




谷川岳ロープウェイ土合駅から乗って天神平駅で降りる
ここから、スキー場、天神峠までリフトが出ていますが
天神尾根登山口はここから。
谷川岳トマ、オキ、双耳が迎えてくれます。

a0309917_06054053.jpg





湯檜曽川を挟んで対峙する白毛門、笠が岳、朝日岳、清水峠~

a0309917_16584025.jpg



申し分のない青空
ちょっと前の天気予報では、雨模様と、、、
それが、2日前には曇り後雨になり昨日の予報では一日晴れになっていてラッキー
連日の猛暑に茹るような毎日でしたが、今朝夜明け前の気温は22度でした。
寒いくらいで、びっくり!
日中もあまり気温が上がらないでほしいな。
でも熱中症対策を万全にして、
楽しい山登りにしたいです♪


天神平からの登りはじめは木の階段が続きます。

a0309917_17052840.jpg








天神尾根ー田尻尾根分岐

a0309917_06060051.jpg






山全体が蝉の声!

a0309917_06085971.jpg




ノギラン

a0309917_17161190.jpg









ホツツジ

a0309917_06091813.jpg





アカモノの実は足元、岩の間にたくさん赤い実をつけていました。

a0309917_06093862.jpg








熊穴沢避難小屋を過ぎると、視界が開け尾根の両脇の山々が神々しい
紅葉したナナカマド越しに爼嵓山稜から万太郎山

a0309917_06102143.jpg





岩に鎖やロープなど、結構急な坂になってきました。

a0309917_23264137.jpg








おお~~素晴らしい谷川山塊の眺めです
天神尾根から西側、肩の小屋から万太郎山~仙ノ倉山~平標山まで続く尾根は
ちょうど新潟県と群馬県の県境です。

a0309917_17080942.jpg







ツルリンドウ

a0309917_06104375.jpg





1,900mを越えたあたりでしょうか、、
笹に覆われた登山道は見晴はいいのですが、
今日の陽射しがキツイ。。。
風もたま~には吹くといった感じで、やはり暑い日になっていました!
少し歩いては、足がとまってしまう。。。

道はジグザクしていくので、写真でみると方向がとんでもないほうだった?
と思うのは私だけでしょうか?
写真真ん中中段より上の岩、てんぐの泊まり場
右の落ちそうな?岩はざんげ岩

a0309917_06095775.jpg







天狗の止まり場
みかどさん、おにぎり食べてパワーアップ♪

a0309917_23350499.jpg





天狗のとまり場のあたりから後ろを振り返ったところです。
写真左中段あたりに開けたロープウェイ天神駅
そこからずいぶん登ってきたのが目に見えますね!

a0309917_06124288.jpg





ザンゲ岩を少し登ってから振り返ったところ、
大勢の登山者が行きかう登山道の中で貴重な休憩場所でした。
(日陰はないけれど、、)

a0309917_06133613.jpg






オヤマリンドウ(花は平開しないそうです)

a0309917_06140237.jpg






西黒尾根分岐
肩の小屋のトレードマーク

a0309917_06142731.jpg





ヤマハハコ

a0309917_06145032.jpg





a0309917_06151996.jpg






俎嵓山稜から遠く仙ノ倉~平標山方向

a0309917_06154330.jpg






ザンゲ岩あたりからオキ、トマを見る
昨年秋にはガスガスで何も見えない山頂に向かって登っていたけど、

a0309917_06161573.jpg





今日は山頂に向かう列まではっきり見えます(笑)

a0309917_06164098.jpg






こんなにゴツゴツ岩坂だったっけ?
一年前の苦労など忘れてしまっていました~(^^;;

a0309917_06170859.jpg







ハクサンフウロ

a0309917_06174077.jpg





ミヤマシモツケ

a0309917_06180551.jpg



やった~♪
暑くて暑くてゼイゼイしながらでしたが、やっと一峰トマの耳踏破♪

a0309917_22515067.jpg



a0309917_23255596.jpg








トマの耳~オキの耳の間、尾根はお花がたくさん咲いています

a0309917_06184739.jpg





お花見、写真、ゆっくり楽しんで
オキの耳ゲットォ~♪

a0309917_23021987.jpg






オキの耳で休んでいるうちにすでに時間は11時40分になっていて、
朝食たべたのは5時前に車の中だったし、
暑くてバテバテだし、、
色々言い訳しながら昼食休憩することにしました。
奥の院の祠にお参りして、その上奥に登るとちょうどいい場所があるのですよ。
ちょっとわからないところ、みかどさん案内のお陰です。

a0309917_23373041.jpg





あまり人が気が付かない場所で、平で、広くて、眺望抜群のパーフェクトスポット(^o^)

a0309917_23192891.jpg


本日のメニュー
みかど亭、特製ケンチン汁
くりちゃん印の茄子漬け
私のチキンサラダはレモン塩風味、アマニオイルドレッシング
野菜とミニトマト
デザートは冷え冷えのスイカとくずきり餡こ
各自で持ってきたオニギリとか炭水化物
「ご馳走様でした~」

これだけ食べればまだまだ行ける~~エイエイオ~
ここで48分(も!)休憩。


ここまで掛かったタイムは5時間15分(遊びすぎ?)
ここから最終地点茂倉山登山口まで下山、標準コースタイムで3時間50分。
私達ったら何分でいけるでしょう?
さあ、また頑張りましょう!






ミヤマコゴメクサ

a0309917_06191174.jpg







ミネウスユキソウ

a0309917_06200373.jpg




a0309917_06202514.jpg



a0309917_06204616.jpg




ツリガネニンジン

a0309917_06211024.jpg




タカネコンギク

a0309917_06213613.jpg






ノゾキから見下ろした一ノ倉沢
写真ではどうしてもあのダイナミックな谷を撮れません

a0309917_06220171.jpg







ワレモコウ

a0309917_17243516.jpg





アキノキリンソウ

a0309917_06221974.jpg






ウメバチソウ

a0309917_06224096.jpg




ハクサンオミナエシ

a0309917_06225715.jpg





ヒメシャジン
(細い葉が互生、花も互生している。花弁から花柱が突き出していない。)

a0309917_06232394.jpg




ツリガネニンジン
(卵楕円形の葉は3~5枚で輪生する。花も段状に輪生して花柱が長く突き出る)

a0309917_06234340.jpg





これはミヤマシャジン?
(おしべの先が花ビラから飛び出し、ガクや葉の縁が鋸歯状にならない)

a0309917_06193478.jpg






ミヤマシシウドでしょうか?

セリ科のレースのように咲く花はどれも似ていてさっぱりわかりません(^^;;
葉を写してこなかったのは失敗でした。

a0309917_06241387.jpg





ベニイタドリ

a0309917_06250363.jpg






イワショウブ

a0309917_06253255.jpg





少し色のついたイワショウブ(^^)

a0309917_06260201.jpg





トリカブト

a0309917_06262493.jpg





キンコウカ

a0309917_06265710.jpg






クロズル

a0309917_06271792.jpg






タカネコンギク

a0309917_06274329.jpg





ノウゴウイチゴ
a0309917_06282121.jpg



一ノ倉岳、登頂♪
a0309917_20290340.jpg



一ノ倉から先は初めて踏む尾根です。
一跳びで登りたい山でしたが、、
やはり谷川連峰、容易くありません。
結構な登りで45分もかかってやっとでしたが

トマ、オキ、一ノ倉岳をバックに茂倉岳までコンプリート♪
ばんざーい(^o^)v

a0309917_00032824.jpg




茂倉岳山頂付近から今歩いて来た道を振り返って。
一の倉岳~オキ、トマ
見晴の良い風景です。まさに深い山の真ん中に立っている。
そんなことが実感できる場所でした。
ここでスマホで動画を撮りました。
360℃のパノラマです。
このブログでは全容が載せられないのが残念

a0309917_17105716.jpg






ジャノメチョウが看板の肩に止まって素敵なアクセント(*^^*)

a0309917_06294832.jpg







茂倉岳の北斜面、
これが自然のお花畑、飾ることなく楚々として伸びやかに広がる花の咲く斜面
本当に素敵だな~と思いました。
a0309917_06291152.jpg




a0309917_06301559.jpg




下界には高速道路、ICなどが見えています。
a0309917_06310020.jpg




望遠でオキ、トマ、小さく肩の小屋。
これが見えるのもここが最後
a0309917_06303599.jpg





茂倉新道、どんどん下ります。
下山口が600mくらいなので、標高差約1,300mを降りなくてはなりません。





途中、茂倉岳避難小屋
トイレあり。水場は外に降りて?分。小屋の中は板敷き
a0309917_06314049.jpg




谷川岳の途中から上越新幹線の排気口がいくつか見えていて、
ああ、この下をトンネルが通っているのだと実感。

a0309917_06321827.jpg






「山と高原地図」昭文社では茂倉新道は木の根が露出、歩きにくいと書いてありましたが
最初は根っこの階段状で浅かったり深かったり不規則な足場を急登下り。
途中大木の根がむき出しで道の路肩に被さっていて、
乗れば滑る、跨ぐには大きな株で、慎重に慎重に、、


a0309917_17152722.jpg





a0309917_06340035.jpg






木の根っこが終わると、なんでこんな道にロープが?
ツルツル滑る土になるんですね。
ようやく美しいブナ林になってふかふかの道になって
下山口も近づいたかと思ったら、、
a0309917_06343003.jpg




最後の標高差100mになったくらいから
騙された~(TT)みたいな急坂になって、、
疲れた足膝に一足一足の重さが痛みになってきます。



陽が影ってきて、何時?
もう時計を見るのはやめましょう~
明るいうちにはつけるよね!
そんな励まし方(笑)


そして、やっと、とうとう、
こここそが本当のコンプリートです。
明るいうちに下山、めいっぱい楽しんで歩くこと、ミッション大成功~♪
みかどさん~
くりちゃん~
暑くてきつかったけど、楽しかったです。
ありがとうございました。

a0309917_06344623.jpg




a0309917_06035094.jpg

谷川岳ロープウェイ-----天神峠7:45・・・天神尾根分岐8:00・・・熊穴沢避難小屋8:35・・・
天狗の止り場9:23・・・肩の小屋10:40・・・トマの耳11:05・・・オキの耳11:45・・・
奥の院12:12-13:00(昼食休憩)・・・一ノ倉岳14:05・・・茂倉岳15:00・・・
矢場の頭16:40・・・茂倉岳登山口18:35


全行程距離10.3Km  時間10:50 (ちょっと笑えて、少し反省)

# by a-echi8725 | 2018-08-08 21:02 | 谷川連峰 | Comments(2)

火打山から妙高山縦走


2018年7月28日~29日 
火打山(2,462m)から妙高山(2,454m)縦走

笹ヶ峰キャンプ場の駐車場までバス。広々トイレも完備です。
ここまでにも車窓から広い牧場が見えたりすでに標高が1,320mということもあり
高原の清々しい雰囲気漂うところです。

a0309917_23203042.jpg



道路向き合ってこちらが、登山口の駐車場。
ここも、結構な車の数駐車できます。
立派な門をくぐって登山開始♪

a0309917_23205282.jpg




最初は緩い登り坂はほとんど木の階段で道幅も広く
ブナ林の中を気持ちよく歩いて登ります
凄いブナの大木!友人が撮ってくれた画像が素敵だったので、いただきました。
くりちゃん~、ありがとうございます(*^^*)

a0309917_23213762.jpg





約50分ほど登ったところで黒沢橋(1,575m)
ここで立休憩。今日も暑い日です、水分塩分補給は大事です!

a0309917_23220397.jpg





黒沢橋を過ぎたあたりから階段はなくなり、木の根が張ったデコボコ道になります。
12曲りといってジグザグに12分割の道標がちゃんとついてる(笑)

a0309917_23223534.jpg




ソバナ?

a0309917_23232300.jpg






ヤマブキショウマ

a0309917_23233817.jpg






a0309917_23235818.jpg



12曲りは案外あっという間に過ぎて、
ここからは急登になります。
富士見平分岐(2,064m)
黒姫山の向こうに富士山が見えることもあるそうですが、今日は見えませんでした。
火打山~妙高山は国立公園、その中でも↓図の黄色地区は特別保護地区指定されています。
そのほか村落など住民が澄んでいる地区でも建物の色、素材、の規定や
車の乗り入れができない場所も広くあるのだそうです。

a0309917_23245825.jpg






このあたりにはオオシラビソの木がツンツン立っていて、
今は大きな見事なマツボックリ?がたくさんついていて、写真にも撮ったはずが
ピンボケだったり、遠くてうまく写っていませんでした。
濃い黒曜石のようなとてもイケテル色なんです!
紹介できなくて残念。すみません~

a0309917_23264441.jpg




a0309917_22055269.jpg

笹ヶ峰登山口から山頂まで9Km、1Kmごとに杭が親切です(^m^)
山頂まであと4Km。

a0309917_23272460.jpg







ヤグルマソウ

a0309917_23274217.jpg







岩の奥にヒカリゴケが光っています♪
太陽に光の加減で見えたり見えなかったり、ラッキーでした♪

a0309917_23280807.jpg







クルマユリは小さくてもハッキリした色と形で
今が旬ですね、たくさん咲いていました

a0309917_23284304.jpg








結構な肩くらいまで藪になった道をずんずん登っていくと、
あ~火打山見えた~(^o^)
とその手前に三角屋根の小屋も見えて、
「わ~可愛い小屋!メルヘンみたい~」と歓声があがります(笑)

a0309917_23293085.jpg





a0309917_20242050.jpg





三角屋根が見えたあたりから、みんなのテンションも上がって
重くなった足にも力が蘇ります。
高谷池ヒュッテに到着♪(2,105m)
8:15に登山口を出発して、3時間50分ほどで到着。11:50
バスの中でサンドイッチを食べたのは5:30くらいで
あとは、休憩のときに自分自分のタイミングで行動食を取りました。
途中でアミノバイタルを飲むとか、おにぎりを少しづつかじるとか、
お弁当でもらった巻き寿司を一つ二つづつ口にいれるとかだったので
ここでは、30分ほどのたっぷりの休憩。
残っていた巻き寿司を食べて
冷たくして持ってきたスイカと茄子漬けが美味しかった~(^^)

a0309917_23350727.jpg





たっぷりの休憩のあと、ここから高谷池の周囲の木道を歩き火打山に。
ヒュッテ側から火打山を見て↓
a0309917_20251920.jpg





木道からヒュッテを振り返って。

a0309917_05564463.jpg




しばらく歩くとロックガーデンが現れて、花いっぱいに足が止まるけど、
また同じ道を戻りますと急かされて、、、

a0309917_23363709.jpg






キジムシロ?

a0309917_23373734.jpg








オトギリソウ

a0309917_23380113.jpg







チングルマ

a0309917_00001957.jpg







ハクサンコザクラ
遠くにも近くにも群生していますが、
強い陽射しでコンデジではうまく写すことができませんm(--)m

a0309917_00000125.jpg







イワイチョウがまだ花を咲かせていないものが多かったけれど
葉っぱがびっしり絨毯のようにひしめいています。

a0309917_23394026.jpg






ハクサンコザクラ

a0309917_23401749.jpg





天狗の庭から火打山を見ます~

a0309917_23412145.jpg







池塘にワタスゲがぽわぽわと揺れてその可愛いことは!

a0309917_23420838.jpg






池塘に写る逆さ火打山です

a0309917_23422418.jpg




a0309917_23425794.jpg





天狗の庭を過ぎて山頂まであと標高350m
最後の登りがキツイ。。

a0309917_23434354.jpg







トリカブト

a0309917_23440684.jpg







オオバタケシマランの実

a0309917_23444104.jpg








マルバダケブキ

a0309917_23454751.jpg






a0309917_23470865.jpg





a0309917_23570547.jpg






ヒメシャジン

a0309917_23574507.jpg





ハクサンオミナエシ
a0309917_23582564.jpg




シシウド
a0309917_23474098.jpg





ヤマオダマキ
a0309917_23495191.jpg




ヤマハハコ
a0309917_23505430.jpg




雨上がりの朝とかにはよく見かけるそうですが、
こう毎日日照りでは、、雷鳥さん毎日どんなふうにお過ごしでしょうかね?

a0309917_23531179.jpg






a0309917_23554138.jpg





火打山もやはり火山だったのですね、
噴火口らしいです。
a0309917_06073111.jpg






登頂です♪14:00

a0309917_22172763.jpg






山頂から見える明日登る予定の妙高山
a0309917_06143617.jpg




日本海、わかりにくいけれど、画像中段左上に見えるのが佐渡島

a0309917_06110932.jpg






しばらく山頂でわいわいしてすぐに下山。
同じ道を引き返します。
振り返れば、ど真ん中に先ほどまでいた火打山が、、
行くときにスタスタと進んだロックガーデンに少しのんびりさせてくださいと
ガイドさんにお願いしました。
a0309917_23594114.jpg





そしてもう一度、高谷池に戻って
やっぱりこの景色最高だわ~と和みます。
池塘の黄色に見えるのは(本当はもっと赤い)
モウセンゴケです。
本当はもっと水が多くモウセンゴケは水の中にいるくらいなのに
毎日の日照りで池塘が小さく乾いてきているのだそうです。
a0309917_00015336.jpg






ヒュッテに帰って、寛いで夕食を食べてテレビを見ます。
台風12号の様子が気になります。
が、台風は予想に反してまた西に進路変更というではありませんか、、
夜中のうちに雨を降らせ風も弱くなっているとのこと、
添乗員さんもガイドさんも大丈夫と太鼓判をおして部屋に戻りました。
明日の朝ご飯の赤飯をもらって、リュックの荷物整理をして
「おやすみなさい!」







翌朝4時、ヒュッテの玄関前に集合4:15出発。
まだ暗いし、小雨で煙ったように何も見えない中、
ヘッデンをつけて歩き始めました。
暗いし雨で木道やゴロ石はすべるしで
みんな無口になってヘッデンの灯りを便りに歩きます。
茶臼山(2,171m)4:37
明るくなってヘッデンを消します。
a0309917_05384849.jpg



黒沢池ヒュッテ(2,000m)5:15
ずっと下って歩き始めてちょうど1時間、トイレ、水分補給。
朝ご飯は自分の空腹感と体調と相談してと指示あり。
雨は出たときより強くなっているようです。
a0309917_05390885.jpg


黒沢ヒュッテからはずっと登ってやく40分。
大蔵乗越 (2,146m)5:55休憩
ここは妙高山噴火口の外輪山です。
雨が降って喜んでいるのかサンショウウオが道に出てウロウロしているので
ガイドさん、「踏まないように気をつけてください~!」と注意します。
「国立公園、特別保護地区」ですからね

a0309917_05393064.jpg




長助池がガスの中でぼんやり見えていますが
横に見下ろしてどんどん下ります。
へつり?のような下り坂で足元もゴロ石で、何か所も崩れたような場所もあり
頭上には木の枝やら、、気をつけて歩きます

a0309917_06004501.jpg




長助池分岐(2146m)6:45
外輪山を登って下ったところ、
さらに今度は妙高山の本当の頂上を目指します。

a0309917_06011084.jpg




かなりの急登、何度か立休憩しながら登ります。
雨も降ったりやんだり、気温の高い中雨具の脱着はめんどうがらずに!
a0309917_06013923.jpg




妙高山!登頂~!(2445.8m)8:45

おめでとうございます♪
雨が止みそうですが、風が凄い!!
景色も見えないので集合写真バンザイして写してもらったら
すぐ下山します。

a0309917_23273743.jpg




さっきのは北方でこちらが南峰(2454m)
こっちが高い、本当の頂上はこっち。
妙高大神が祀ってあります。
風、強すぎてゆっくりできない。
先に急ぎます。

a0309917_06032230.jpg




頂上からの下りは岩でした。
天気がよければ登る途中からでも写真が撮れたのだろうけれど
全貌をお届けできないのが残念です。
岩、、でした。
鎖は一か所一人が終わってから次の人が掴む。
ツアーでは何人かがつながっているので、
こういうところで時間がかかります。
単独登山の人には渋滞迷惑をおかけしていますm(--)m


a0309917_06034572.jpg
時間がかかってご迷惑をおかけしますが、
鎖場はちゃんとステップが刻んであったので怖くはありませんでしたよ(^^)





風穴、穴の中から涼しい風が吹き込んでいましたよ!
a0309917_06040768.jpg









天狗堂(1,930m)10:44
だいぶ降りてきました。
a0309917_06051235.jpg






タマガワホトトギス
a0309917_05400606.jpg




山から湧いて流れてくる水は真っ白で硫黄臭が漂っています。
熱いかな?触ってみたら冷たかった(笑)

a0309917_05402721.jpg




北地獄谷麻平分岐
なんか、、怖そうな名前。。。
a0309917_05405553.jpg


名前のとおり、登山道左側はずっと崖に草が生えてるだけ、、と言う。
しかも微妙に左に傾斜しているし(><))
ここで落ちたら、アウト!
慎重に歩きます。

上が「称明滝」下が「光明滝」

木の枝が伸びているせいか?滝壺があるのか?ないのか?
見えなかったのは残念です
が、やはり滝の流れは清涼感を味わせてくれますね
a0309917_05411882.jpg



赤倉温泉の源湯を集めた小屋がありました。
赤倉温泉の湯はすべてここから供給されるようです。
ここから燕温泉登山口までの舗装された道は温泉水の供給パイプが埋めてあって、
そのために整備されたもの、登山道にも利用されているのだそうです。
a0309917_05414042.jpg




途中は見えなかった妙高山が下山近づくとよく見えるようになって
あ~、あんなところまで登ってきたんだな~と感慨一入です(^^)
a0309917_05421464.jpg





a0309917_05423785.jpg




長い、長~い道のりでした!
妙高山、覚悟はしていたけれど、
それ以上に厳しかったかも?
でも、色々なバラエティ豊かな面白い山だったな~という感想です。
a0309917_05431201.jpg






a0309917_05433250.jpg



7/28 笹ヶ峰登山口 8:15・・・黒沢橋 8:50・・・富士見平分岐 9:40・・・高谷池ヒュッテ11:50~12:20
    天狗の庭 12:40・・・雷鳥平 13:23・・・火打山登頂 14:00・・・・高谷池ヒュッテ 15:48 泊

7/29  高谷池ヒュッテ発 4:15・・・黒沢池ヒュッテ 5:15・・・大倉乗越 5:55・・・長助池分岐 6:45・・
    妙高山登頂 8:45・・・天狗堂 10:44・・・北地獄谷麻平分岐 11:55・・・燕温泉下山口 13:03

    前行程距離 24.4Km 16時間21分(休憩含)




a0309917_00055837.jpg



*花の名前等、間違えているものがあったら教えていただけたら幸いです。

# by a-echi8725 | 2018-08-02 00:28 | 妙高山 | Comments(0)


2018年7月14日~7月16日  槍ヶ岳(3,180m)


いつかは、、登ってみたいと憧れの槍ヶ岳。
自分の体力と技術で果たして登りきることができるのか?
まして、先日の巻機山での熱中症のこともありかなり不安の中での出発でした。
でも巻機山で経験したことはむしろ、今回の槍ヶ岳登山の準備をする中で
とても貴重な経験になっていたことだと思いました。
日本熱中列島のさなか、北アルプスの麓も例年にない暑さの中でしたが
晴天の空の下で絶景を思う存分に味わった3日間でした!


ツアーバスで沢渡バスセンターまで。シャトルバスに乗り換えて30分上高地着。

山登りをしない人でも知っていますよね、あまりにも有名な上高地の風景。
清涼な梓川に架かる河童橋とその背景には穂高岳

a0309917_22462397.jpg




蒼く透き通った川の流れ、、夏色の草木、どこまでも青い空

a0309917_22465475.jpg




ここまでは、上高地から歩いてすぐ観光の方もたくさんいらして
賑わっていました

a0309917_22475395.jpg




梓川沿い歩いて5分ほどで「森のリゾート小梨」キャンプ場

a0309917_22484117.jpg





左手には凛々しい明神岳

a0309917_22490620.jpg





河童橋から約1時間ほど歩いて明神館
少し早目だけれど昼食休憩

a0309917_22550334.jpg




歩き始めると、いつも左手に雄大な穂高山脈がついてくる!

a0309917_12075023.jpg





さらに1時間ほどで徳澤園
広いキャンプ場

a0309917_22570561.jpg






徳澤園のロッジ前に噴霧散水してあって涼を醸しています。
ここではソフトクリーム500円が売っていますよー
食べるの夢中で写真撮り忘れ、美味しかったですー♪

a0309917_22575050.jpg





カニコウモリ

a0309917_22583855.jpg






ハクサンオミナエシ

a0309917_22585446.jpg





センジュガンビ

a0309917_22591152.jpg





コイチヤクソウ(小一薬草)7~8センチ

a0309917_17032680.jpg






モミジカラマツ

a0309917_17044044.jpg






トリアシショウマ

a0309917_17004507.jpg





ヤマホタルブクロ

a0309917_17012002.jpg





新村橋

a0309917_23013727.jpg





前穂高、奥穂高に架かる橋~夢のような景色です。
今日は見るだけ、いつか行ってみたいな。。。
と、同行者につぶやいたら
「今が一番若いのよ」と言われました。
その通り、、決心しないとだんだん行けなくなる。

a0309917_11325219.jpg




横尾山荘

a0309917_23021324.jpg




a0309917_23024713.jpg




a0309917_23032258.jpg



a0309917_23042032.jpg






a0309917_23044195.jpg




どこまでも梓川と並行して歩きます。
ザーザー音を立てて勢いよく流れて気持ちいい~

a0309917_23051667.jpg



ニッコウキスゲ

a0309917_23055161.jpg





ミソガワソウ

a0309917_23062925.jpg






サンカヨウ

a0309917_23065154.jpg




道端の花を眺めながら歩きます。

a0309917_23140890.jpg





a0309917_17144231.jpg








横尾山荘から約2時間ほど槍沢ロッジに到着。
今日はここで宿泊です。

a0309917_23142952.jpg



16時過ぎについて部屋に荷物を下し、まだ明るい陽射しの中外のベンチでゆっくり過ごしました。
標高は約1,900mなので寒くない。夜になっても暖かでした、18度くらいだったのかな?

夕食を食べて20時半消灯。
昨晩はいつものように緊張のためか心配のせいか?
起きる時間も3時だったし、出かける前の晩はほとんど眠れていないので
この晩はぐっすり眠ることができました。







明けて、朝は4時起床
朝食を食べて支度を整えてロッジ出発が6:20
ババ平キャンプ場でトイレ休憩。このあとは殺生ヒュッテまでトイレありません。

a0309917_23155895.jpg





a0309917_23163062.jpg



a0309917_23180924.jpg





a0309917_23192091.jpg





a0309917_23195209.jpg




大曲
アイゼンは用意していったけれど雪渓もほとんど融けていて使うこともありませんでした。

a0309917_23210510.jpg



U字谷、やっと槍の頂が見えてきました!

a0309917_23212733.jpg






a0309917_22130931.jpg




手前ハクサンイチゲ
中央チングルマ
a0309917_23215944.jpg




シナノキンバイ

a0309917_23223037.jpg





イワツメクサ

a0309917_23225214.jpg





コメバツガザクラ

a0309917_23231793.jpg






槍が見えてからが長い!

a0309917_22130931.jpg






殺生ヒュッテ  トイレ休憩

a0309917_22152074.jpg







a0309917_23243041.jpg





コメバツガザクラ

a0309917_23250818.jpg






イワツメグサ

a0309917_23270173.jpg





ミヤマダイコンソウ

a0309917_23281130.jpg





ミヤマシオガマ

a0309917_23292951.jpg






同じ風景みたいだけれど1歩づつ近づいています!

a0309917_23315765.jpg








a0309917_23342696.jpg





槍ヶ岳山荘前まで来ました!
ミヤマオダマキ

a0309917_22233542.jpg





振り返って歩いてきたU字谷を見下ろします!
ベンケイソウ

a0309917_22241468.jpg






イワギキョウ

a0309917_22260532.jpg




槍ヶ岳山荘(3,080m)です!!
槍沢ロッジ(1,820m)を出てから約6時間20分(休憩含)
標高差1,260mですからゆっくりです。
強い陽射しと日本熱中列島の最中、このペースだから登ってこれたのだと思います。
やはり暑さのために途中でぐったりした人も3名ほど、
山が高いから涼しいとは限りませんね。
ほんと、熱中症対策を考えて準備したことは正解でした!

a0309917_22213438.jpg




歩いて来た道を見下ろして感激!!

a0309917_13352874.jpg




頂上付近も綺麗なお花畑でした

a0309917_13355891.jpg




ここで、ゆっくり休憩をして昼食はカレー。
さすがに小屋の中は床が冷たくて熱い体を冷ましてくれました。
暖かいカレーと熱いお茶が美味しくて、お茶を3杯お替りいただきました。

a0309917_22223410.jpg





小屋に荷物を置いて、いよいよ槍ヶ岳山頂にトライします!(13:30)

a0309917_11262904.jpg






遠くからでも見えていました。。
3連休でもありますし、最初から覚悟もしていましたが。。
大渋滞です。ご来光と夕焼けのシーンでの混雑をさけて、、とかそんな選べる場合ではないですね(笑)
とにかく列に並ばなければ、先には行けないし!

a0309917_11270391.jpg




登り始めて、1メートル進んでは10分止まる、みたいな。
鎖と梯子は一人終わるまでは次の人は摑まらない。
一つ岩の上は様子が見えないので、いったいどうして進まないのかわからない状態で
20分ほど待つこともありました。

a0309917_11295119.jpg



そんな待ち時間は普通イライラしますか?
でもね~、
考えてみれば、むしろ贅沢な時間だったと私は思えるのでした!
標高3,000m越えからの景色をずっとこんなにゆっくり眺めたことなんかなかったですもの!
晴天の空、南アルプス、北アルプスノの峰々、富士山までよく見えて
特に南に穂高連峰、西に笠が岳が手を伸ばせば届きそうに近い。

a0309917_11302427.jpg




手前黒い山は大喰岳から中岳、南岳。
左から北穂高岳、中央凹んだところが涸沢カール、並んで奥穂高
白い雲がかかっていますが、流れているのでまたすぐに遠くの山並みまで見渡せます。

a0309917_11310671.jpg








中腹上まで登ってくると小槍が見えてきます。
小槍には登山ルートはないのでロッククライミングでないと立つことのできない鋭鋒なのですね。

a0309917_11273841.jpg






なんと!!
そこで、あの(注1)アルプス一万尺を踊っている人を見てしまったのです!!
写真、よく見えないと思いますが、2人の人が向かい合って
あの狭い山頂でまさか本当に踊れなかったようで、手遊びをしているのをはっきり見ました(笑)
しかも、2度も。
動画を取っていたようで、スイッチをオン、オフしている様子もわかるのですよ。
パチパチと拍手して手を振りました~(^^)/


(注1)この歌の「アルプス」とは日本アルプスのことで、
歌詞の「小槍の上で アルペン踊りをさあ踊りましょう」の
「小槍」とは、槍ヶ岳の山頂付近にある岩のことです。
この「小槍」の標高は3,030mで、ちょうど一万尺です。

a0309917_11280313.jpg




途中、時間はたくさんあってもカメラを持つ余裕はないので
はい!
登頂です!!
ああ~よかった~
誰にも迷惑を掛けずに登り切ることができたこと、
本当に嬉しかったです♪
頂上は4畳半くらいの狭さでしょうか、、
途中はゆっくりだったけれど、山頂ではぐる~っり1週見渡して、写真を撮ったら下山です。
みなさん後に大勢待っていますから。

a0309917_12172084.jpg


登りでは2時間かかりましたが、下りは30分。
小屋に戻って、部屋で荷物の整理をしたり休憩をして夕食です。
夕食のあとで、夕焼けを見にいきましたが、
流石に寒くて、やっと3,000m級の山の上にいる気温を感じたのでした(^^)




翌朝4:44
朝はさすがに寒い!!

a0309917_12200284.jpg





槍、狭い山頂にはやはりご来光待ちの人が!
限られたスペース、落ちないでね~

a0309917_12202325.jpg






霞みの奥には富士山も見えました~♪

a0309917_12204785.jpg




小屋から目の前、大喰岳は往復1時間ほど。
中央奥は焼岳とその奥に乗鞍岳

a0309917_12281929.jpg






今日の行程は新穂高温泉まで14.4Km
標高差は約2,000m。なんという急降下でしょうね~
しっかり膝サポーター装着しました。


a0309917_12500484.jpg





飛騨乗越に向かいます。
笠が岳、双六尾根方面を右に見ながら降りていきます。

a0309917_12285042.jpg





シャコタンソウ

a0309917_12335370.jpg





イワウメ

a0309917_12343484.jpg







ミネズオウ

a0309917_12351356.jpg







アオノツガザクラ

a0309917_12354013.jpg






大小の石ごろごろ斜面をすべらないように慎重に足を運びながら降りますが
足元にも斜面にもお花がいっぱい~すごいお花畑が続きます♪

a0309917_12552381.jpg





広い空の雲も色々な表情で見飽きることがありません♪
きれいだな~

a0309917_12582014.jpg




いつの間にか樹林帯に入っていまいた。

コバイケイソウ

a0309917_12594963.jpg




クロユリ

a0309917_13003674.jpg






キヌガサソウ

a0309917_13011251.jpg






オオバタケシマラン

a0309917_13014757.jpg





ヤグルマソウ

a0309917_13024597.jpg






バイケイソウ、コバイケイソウ、は白い花でよく見ていましたが
この緑色の花は
ミヤマバイケイソウです。
一輪が丸くて大きい可愛いお花ですね。

a0309917_13031920.jpg




クガイソウ

a0309917_13085653.jpg






槍平小屋、槍ヶ岳山荘から約3時間、休憩です。
リュックを降ろし、有料トイレを借りて少しのんびり。

a0309917_13093853.jpg







滝谷出会あたり、何度か渡渉個所があります。

a0309917_13131848.jpg




a0309917_13164452.jpg






この沢を渡ったあたりで昼食休憩。
槍ヶ岳山荘で作ってもらった「おこわ」もち米を炊いたもの。
醤油味で美味しかったけど、高山で炊いたものは少し硬かったかな。
たくさん過ぎて残してしまってごめんなさい。

a0309917_13202128.jpg






偶然同じTシャツを買ったメンバーと意気投合(^^)
色々なところでツーショットを撮りあって
苦楽を分かち合い?
お弁当を食べ終わったのが朝出発してから約5時間経っていました。
これから新穂高温泉口までもう3時間の予定。

a0309917_13443739.jpg





槍平小屋

a0309917_13485158.jpg





白出沢出合
ここからは林道になりますが、、

a0309917_13493929.jpg





林道をさらに約1時間ほど歩いて
最終下山口は新穂高温泉口に到着です~!♪

a0309917_13520307.jpg




考えてみれば、2泊3日の登山は今まで富士山しかありませんでした。
まず、荷物が重かった。熱中症対策に大量の塩分水分を用意しました。
あと、3日分のオヤツね(^^;;
ガイドさんは着替えはいらないとおっしゃいますが、
大量に汗をかくのでやはりないわけにはと用意していきました、、
しかし、槍ヶ岳山荘では更衣室も乾燥室もあったので
就寝用の着替えを持っていけば、山服は乾かして着ることもできたようでした。
その点は、これから山小屋に泊まるときの下調べが必要だと経験です。

今回、無理かもしれないと踏み切れなかった槍ヶ岳でしたが、
2泊3日ののんびり行程のおかげで完登することができました。
ツアー遂行、大変ありがとうございました!


7月14日  上高地10:12・・・明神館11:33・・・徳澤園12:57・・・横尾山荘14:15・・・槍見河原15:20
      一の俣15:38・・・二の俣15:45・・・槍沢ロッジ

7月15日  朝食5:30-ロッジ発6:20・・・ババ平7:00・・・大曲7:45・・・殺生ヒュッテ11:03・・・
      槍ヶ岳山荘12:10(昼食)休憩・・・・槍ヶ岳山頂(大渋滞のため登り2時間、下り30分)

7月16日  朝食5:00-山荘出発6:00・・・千丈乗越7:30・・・槍平小屋9:05・・・河原で弁当休憩10:30
      白出沢出合12:20~林道・・・穂高平小屋13:15・・・新穂高温泉下山14:12

      


# by a-echi8725 | 2018-07-22 15:40 | 槍ヶ岳 | Comments(2)



2018年 うちょうらん開花


今年もアワチドリ、サツマチドリ可愛く咲いてくれました♪
例年から比べると少し身長が短い感じがするのですが、
花の数が少ないからかな~?
遮光きつめで灌水辛めだったかもしれませんが、、
これから天辺まで咲いてくれると見た感じが変わってくるかもしれませんね(^^;;


空梅雨のようでカラカラピーカンの毎日でしたが、
昨日あたりから雨が降っています。
1週間くらいは降りそうな天気予報。
こんな可愛い花が咲いてくると
ザーザーの雨にあてるのもかわいそうで
やっぱり部屋の中に取りこんで
寝るまでにっこり眺めているのです~(*^^*)


a0309917_16585494.jpg
あともう5鉢くらい蕾なのはまだお外です
花期が長くて一ヶ月くらいは咲いていてくれるかな(家の中のほうが涼しい)






a0309917_21182268.jpg



a0309917_21184004.jpg



a0309917_21185504.jpg



a0309917_21191279.jpg



a0309917_21193172.jpg



a0309917_21194519.jpg



a0309917_21195908.jpg



a0309917_21202201.jpg



a0309917_21203386.jpg




a0309917_21154054.jpg


a0309917_21155676.jpg


a0309917_21161295.jpg


a0309917_21162483.jpg


a0309917_21163880.jpg


a0309917_21165022.jpg


a0309917_21170624.jpg


a0309917_21171945.jpg


a0309917_21173950.jpg


a0309917_21175228.jpg



a0309917_21133917.jpg

a0309917_21135004.jpg

a0309917_21140777.jpg

a0309917_21141500.jpg

a0309917_21142816.jpg


a0309917_21144890.jpg


a0309917_21150558.jpg


a0309917_21151935.jpg


a0309917_21204604.jpg



a0309917_21205600.jpg




a0309917_21210808.jpg



a0309917_21212111.jpg




a0309917_21214111.jpg




a0309917_21215114.jpg




a0309917_21220666.jpg







凄いです!!
この鉢は岩石を掘った鉢ですがずっとここに球根を植えっぱなしで
冬も外に出しっぱなし。
雪の下になっていましたが
他の球根たちの堀起こし→冷蔵庫→植え込み→灌水→
同じように揃って開花しました♪

a0309917_21225183.jpg



ついでに、、すぐ近くで咲いていたネジバナも載せておきます(^^)
a0309917_21232076.jpg





# by a-echi8725 | 2018-07-05 17:08 | *********庭の花******** | Comments(6)